Swallows and Amazons

英語で読書シリーズ(え、そんなシリーズあったの?)3冊目は、アーサー・ランサムの「ツバメ号とアマゾン号」。

f0154218_18425854.jpg

                    (英語版の表紙です)

「ツバメ号~」は「ナルニア国物語」と共に私の幼少時代の愛読書でした。ナルニアは大人になってからも読んでいますが、「ツバメ号~」は子供の頃に読んだきりなので、なんとなく内容は覚えてるけどディテールまでは覚えていないという、英語の多読には最適な本かなと思いまして取り寄せていたのです。そして実家に帰る際、車中で読もうと持参したのですが、電子辞書を忘れたことに気付き唖然(辞書なしでは私には難しいのです007.gif)。
諦めようかと思ったのですが、他に読むものがなかったので開き直って強引に辞書なしで、こんなイラスト↓を頼りに読み進めました037.gif
                 
f0154218_18584920.jpg


そして、ほんとーーーーに強引に100ページ読んだのですが(読む速度が速いのではなく、実家が遠いだけなんですけどね・・)、その無理がたたり、その後一ヶ月は全く手をつける気になりませんでした・・・

でも、一ヵ月も経ってるしそろそろどうにかしなくては、と漸く重い腰をあげ、その辺にどさーっと一塊になってた本や新聞や雑誌の山の奥底から引っ張り出し、再び読み始めることにしたんです。

最初から読み始めようか、続きからにしようかとかなり悩みましたが、400ページあるので初めから読んだらちょっとめげそう・・・と思い、一ヵ月前に読んだ(というか、英文の上に目を滑らせた)続きからにしたのですけど、いきなり面白い場面だったので、一ヵ月振りとは思えないほどすぐにストーリーにのめりこむことができました。

子供の頃もこういうシーンにわくわくしながら読んでいたのを懐かしく想い出します。このシリーズを読むたびに、舞台になった湖水地方ってどんなところだろう、いつか行きたいなって思ってたんですよね(まだ行ってないけど・・・)。

頑張って最後まで投げ出さずに読めますように。
[PR]
by puntarellina | 2008-05-26 18:57 | 英語

え?私のこと?

今日久しぶりにNHKの実践ビジネス英語を聴いていたら(1週間遅れだけどネットで聴けるんですよね。CDのように編集されていないし、ラジオよりクリアなので聴きやすいです。→こちら)、次のフレーズを聞いてギョッとしてしまいました。ベンジャミンさんは私の普段の行いを見ていたのだろうか?(ー.ー;

He that is good for making excuses, is seldom good for anything else.
意味:言い訳の上手い人で他のこともうまい人は滅多にいない。
(米国の政治家・発明家ベンジャミン・フランクリンの言葉)

はあ~、耳が痛いですね。


さて、イタリア映画祭でどっぷりイタリア語に浸りまくった後遺症があるのか、その後なかなか英語にシフトできずにいましたが、学習リズムを取り戻すべく久しぶりに頑張って勉強していたら、トゥルルルルっと電話が。

なんとジョバンナでした。

電話は嬉しかったけど、せっかく頭が英語になりつつあったのに、めちゃくちゃなイタリア語で喋りに喋り捲った2時間。

その後はもちろんすっかりイタリア語モードに戻ってしまいました。

え?英語?そんな言語もありましたね~って感じですよ(T_T)。

やっぱり英語はいまいち好きになれないのかな~。
ともあれ、頑張ろう・・・
[PR]
by puntarellina | 2008-05-24 00:12 | 英語

Essential Grammar in Use

10月に入ってから英語の勉強を始めました。

どこかに習いに行くことも検討中なのですが、とりあえず今一人でできることをしようと考え、Essential Grammar in Useという初級者用のテキストを使って文法のおさらいをすることを10月初旬に決めたわけです。

さらに、あまり時間をかけたくなかったので、今月中に終わらせるということを目標にやってきました。

そしてめでたく本日予定通りに終わらせることができました~。

10月11日から始めたのですが、ユニット114まであるので、週末を抜くと今月いっぱいで終わらせるには一日8ユニットをこなさなければならないことになり、出かける予定があって勉強できない日は、週末の時間のあるときや他の日に頑張って遅れを取り戻しました。

次は中級者用のEnglish Grammar in Useをこなそうと、もう既にアマゾンで取り寄せてるんですけど、今日ぱらぱら見たら、けっこう初級者用のダブってるんですよね。一瞬返品しようかどうしようか迷ったのですが、よくみるとEssential~で学んだことを復習しながらさらに一歩踏み込んだ内容になってるみたいです。

以下、今日終えたばかりのテキストで学習中に感じた戸惑い、素朴な疑問、新たな発見。

1.不定冠詞のaをみると、イタリア語の前置詞のaだと思ってしまう。

2.定冠詞theが単数名詞にも複数名詞にもつくのに違和感を覚えてしまう(イタリア語の定冠詞は男性単数/複数、女性単数/複数と4種類ある)。

3.時制がイタリア語と違う。英語を含むヨーロッパの言語の時制はほとんど一緒かと思っていました。

例) After he broke his leg, he never played football again.
この場合イタリア語では、Afterのあとが大過去となって、playedよりさらに過去であることを表現しないといけないので、これに関しては英語の方が楽だなって思いました。

追記(10/31):
3に関して、夕べ偶然イタリア語も英語同様”after+過去形(大過去ではない),過去形”を用いることを発見。私の思い違いだったのか、状況によって使い分けるのか・・・・・只今確認中。

追記(11/1):
イタリア人に確認したところ、大過去、近過去どちらでもよいが、大過去を使う場合は、その事柄が何年も前に起きた時など、時間の開きがかなりある場合に使うそうです。
私はいつも大過去使ってたけど誰にも直されなかったなあ~。他にもっとすごい間違いをいっぱいしているから、わざわざ直してあげようとまでは思わなかったのかしら・・・。

4.熟語が大変そう。例えば英語で「振り向く」だとturn (a)round, lool (a)roundとあるけれど、イタリア語ではvoltarsiと単独の動詞がある。英語にはないのかしら?

今日までのテキストはかなり駆け足で終えたのでもう一度見直したいところですが、中級用を一通りやってみようと思います。

でも11月、12月は忙しくなるので、今年中に終わらせるのは無理かなあ。
[PR]
by puntarellina | 2007-10-30 22:17 | 英語