旅の目的は

貯まったマイレージの期限が切れちゃうから、ローマ行ってくる?

昨日の朝、唐突に夫から言われ、

「今年は行くつもりなかったけど、航空券あるなら行ってもいいかも・・・」

と、いまいちノリ気になってない私。

只今無気力紀(「紀」は聖☆おにいさん風)にどっぷり浸ってる私なので、ローマに行けって言われても、荷物の準備とかお土産の準備や、学校や宿泊先の手配までやる気力ないしなあ・・・・と思っていたのだけれど、行ける時に行っておいた方がいいとアドヴァイスしてくれる方もいて、まあ、それもそうね~と、なんとか気持ちを盛り上げています。

もちろんローマに行きたいって気持ちは常にあるのだけど、夫と観光に行くならともかく、一人で行くならそれなりの目標を決めて行かないと・・・・と思うんですよね。でも無気力紀の今はなんにも考えられないんだなぁ。

・・・・・どうしよう。

やっぱり2週間語学学校に通って、イタリア語のブラッシュアップと、去年営業で回ったところを再度行って顔を売ってくる・・・・・しかないですよね。

そんなことを考えつつ12年前も去年も通った語学学校のHPをのぞいてみると、動画を発見


先生の質が全体的に高いし、環境もとてもよい学校です。建物も素敵なんですよね。動画には友人のロベルトもしっかり映っています。2:00から教室で教えている赤いポロシャツの先生が彼。あ~、この話し方、立ち姿、懐かしい。istrionico(役者らしい)なんですよね。芝居がかっているというか でもたとえばラブストーリーの映画や小説等を題材にしたレッスンはとっても上手なんですよ

・・・とまあ、そんなわけで、あれこれイタリアの情報もあつめつつ、行こうかどうしようかもう少し迷ってみます。

それにしても最近(に限ったことじゃないけど)の私の悩みって、サルサをどうしようかとか、ローマに行くかどうするか・・・・みたいなものばかり・・・・

だから友達に「p~って洗濯するの?」とか、「ご飯も、あ、今日は気分がいいから作ってみようかな、みたいな時しか作ってなさそう」とか言われるのでしょうね~
一応、洗濯もするしご飯も作ってますから
クオリティはともかくとして・・・
[PR]
# by puntarellina | 2013-03-08 13:38 | 日々の出来事

Tradurre è un po’ tradire?

「イタリア語の手紙・Eメールの書き方」を読んでいて見つけたお気に入りの訳語があります。

Penso che l'atmofera suggestiva e il fascino di questa festa le piacerebbero sicuramente molto.

ねぶた祭りについての説明の後に続いている文章です。

本の邦訳は「(このお祭りには)幽玄な趣があり、きっと貴女の気に入ることと思います。」
これを読み、訳語の選び方が上手いなあと思ったわけです。

因みにsuggestiva/oは、辞書で調べると「魅惑的な、心を動かす」とあります(「暗示的な、示唆的な」いう意味もあります)。

一方「幽玄な」を和伊辞典で調べると、「misterioso e profondo」となっています。こちらの方がおそらく本来の意味に近い直訳になると思います。

上の文章で「幽玄な」と訳せるのは、それが「ねぶた祭り」を指しているからであり、他のものであったら別の訳語になっているのでしょう。

因みに、広辞苑で「幽玄」を調べると、「奥深く微妙で、容易にはかり知ることのできないこと。また、あじわいの深いこと。情緒に富むこと」とあります。

こういうニュアンスを他の言語で表現するのは難しいです。
翻訳という作業は、イタリア語力もそうですけれど、それ以前に日本語の能力が問われるのだということを再認識しました。

「Tradurre è un po’ tradire.」(翻訳することは、ちょっと裏切ること)と言われていますが、違う2つの言語間で、言葉のもつ背景やニュアンスを含め100%言いかえることなんて不可能なんですよね。そこが面白いところでもあり、もどかしいところでもあり、ということなのでしょうね。
[PR]
# by puntarellina | 2013-03-06 10:43 | イタリア語

L'ho trovato.

どうしてもみたい勘三郎さんの演目がありずっと探していたのですが、漸く見つかりました。

以前はちゃんとした形での動画もアップされていたのですが、全部消されてなくなっていたんです。

今回のこの動画は、演目のタイトル記載がなかったので探すのに苦労しました。TVの画像を撮ったもののようですが、それでもこうしてさわりだけでも見られるのはとても嬉しいことです。

リズム感といい、間のとり方といい、おとぼけな表情といい・・・・・もう舞台では見られないと思うと、とても残念ですが、次の世代に受け継がれていくことを願い、改めてご冥福をお祈りいたします。


[PR]
# by puntarellina | 2013-03-04 09:36 | 好きなこといろいろ

日課

今年に入ってから、日課にしていることがいくつかあります。

まずは写経。

写真は5枚目からのもの。只今8枚目を作成中。
f0154218_22271139.jpg


こちらは練習用で、清書するまえに必ず1行書いてみるためのもの。墨の濃さのチェックもこの時に。現在2枚目の6行目・・・・ということは、今年に入ってから26日書いてるってことなので、日課とは言えないかもしれませんが、なかなか頑張ってると思います。。。。と自画自賛
f0154218_22282441.jpg


イタリア語に関しては、最近久しぶりにi-knowを使いつつ語彙強化に努めています。いまいちモチベーションはあがっていませんが、先日ご紹介した「イタリア語の手紙・Eメールの書き方」と、オーディオマガジンを用いた学習も継続中。

そして「今日のストレッチ」と壁開脚。「今日のストレッチ」は56日目を終えました。77日に到達するのが楽しみ 壁開脚も日課にしてますけど、ある一定のところで開脚止まってます なかなか難しいなあ。

f0154218_22325519.jpg


それから、サルサシャインの練習。これは壁開脚する前に身体を暖めるという目的も兼ねています。

このシャインは、木曜日のスタジオレッスンでの課題なのです。いくつかのステップが含まれた振付の課題が毎週付け足されていくので、だんだん長くなっていくのです。今回で8週目だから、なかなかの長さになってきましたが、去年の今頃に比べ、覚えるのがとても楽になっています。今回が特別簡単というわけではないと思うのですが、去年半年間スタジオに通ったことと、その後の半年も別のスタジオでシャインを引き続き習ったことで、覚えるコツが多少身についているのかもしません。継続は大切ですね。


そして日課にはできないかもしれないけれど、もしチャンスがあったらしたいなあと思っているのは、ペアサルサのリード練習。今は週1度レッスン時にリード役をしているのですが、フリータイムで踊れるほど習得できていないので自主練習がしたいのです。男でも女でもだれでもいいから手を貸してほしいんですよね。

月曜日のクラブレッスンで練習できそうなものですが、なかなか手が回らないのです。もともとはフォロワーですし、私はやっぱりフォローが好きなので、そちらが優先になってしまいます。

きっと誰をリードしたいのかイメージできれば、もう少し練習に身がはいるんじゃないかと思うのですが・・・

でも、ともかく、あれですよ。手さえ貸してくれればとりあえず誰でもいいんですよね。姪でも呼んでご飯ごちそうする代わりに、練習に付き合ってもらおうかしら 

あ、忘れてはならない日課がもうひとつ。

これ↓

カフェはやっぱりマッキネッタで入れるのが好きです。できあがるまで、サルサのステップを踏んだり、ムーヴメントをしてみたり、もしくはぼんやり考え事をしてみたり。

その時間を含めてのコーヒータイムが好きなのです。

f0154218_0163669.jpg

[PR]
# by puntarellina | 2013-03-01 23:13 | 写経

記念写真^^♪

1週間前にMRI検査を受けたのですが、昨日は結果を聞きにクリニックへ。

結果オーライでした

この2週間、お酒もフィットネスも控えるようにと言われて我慢していたのですけど、晴れて解禁

先日気になることがありクリニックに行った際、この機会に一度MRI検査してみましょうとのことで初体験となったわけです。

で、昨日、記念に・・・・というわけではありませんが、先生がお土産にMRIの写真をCDに焼いてくれたんです

f0154218_107331.jpg


他の病院に行く際等の資料ということだそうですけど、頭の中の写真って自分じゃ撮れないから、貴重な記念写真なんですよね

何事もなくてほっとしてますけど、これからは健康維持のため、血液がさらさらになる食生活をするよう注意していきたいです。

さて、去年の秋から年末までの忙しさで疲れきってしてしまったことと、去年の秋に受けた人間ドックでいくつか再検査になってしまったこともあり、お正月明けから心身のメンテナンスも兼ねて(単にぐうたらとも言う・・・)敢えてのんびりした生活をしていたのですけど、ここ数日、私はやっぱり適度に外に出てた方が、勉強にも他の趣味にも集中して取り組めるのではと思い始めました。

いつでも、どれだけでもできるという状態では、どうも私、集中力が散漫になるんですよね。

とはいっても、数年前のTOEIC初受験の準備期間中は、引っ越したことで仕事もやめ期間限定の専業主婦だったのですが、今考えると、どこから出たんだろうというほどのパワーと集中力で、目標550点だったのに対して810点ゲットできたわけだから、気持ちの持ちようで変わるのでしょうけれどね。
でもあのときは意識していなかったけど、今から思うとよほど精神的に追い詰められていたってことなのでしょう。

今もその時の10分の1でいいから「追いつめられた感」があるといいんですけれど・・・

私の場合は、ガイドの仕事をゲットすることで、その内容に合わせた準備というのが、最も具体的で実践的な学習目標になると思うのですが、このままの生活では、ずるずるとなんのメリハリもないまま年末まで過ごしてしまいそう。

いまだに作っていない写真付き名刺・・・・とりあえずここから準備をし始めて、営業にも精を出さないと、ね。

ところで、今年のサンレモ音楽祭で新人賞を取ったAntonio MaggioのMi servirebbe sapere、最近気に入って聴いています メロディー、リズム、歌詞のバランスが取れてて好きなのよね


[PR]
# by puntarellina | 2013-02-27 09:37 | 日々の出来事