<   2012年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

vacanze romane5

vacanza romane4からの続きです。

5/19(土)
この日も10時にお掃除の女の子が来る予定だったので、いれ違いに外出。この日絶対行こうと決めていたズンバは2時半からでまだ時間があったので、サン・ジョバンニのメルカートへ。1時間以上うろうろして、サングラスと帽子を購入。その後ポポロ広場のbarでサンドイッチを食べダンススタジオIALSへ。

このIALSは、ダンスレッスン専門のスタジオなのですが、私が先週刑務所のある地域の開業前のジムに行った話をルカにしたところ、なんとも私を憐れむような顔になったかと思うと、すかさずIALSの住所と電話番号を書き「ズンバもサルサもあるからね。絶対ここに行くんだよ」と。後々に行ってわかったのですが、ここはルカとロベルトがクラシックバレエのレッスンに通っているスタジオだったのです。10年前に一度ロベルトをこのスタジオの入り口まで送ったことがあったことを思い出しました。

スタジオはデカダンスの雰囲気漂うとっても素敵なところでした。入口の螺旋階段も素敵だし、どこからともなく聞こえてくる音楽も素敵。大小12はあるスタジオでは、フラメンコ、モダンバレエ、クラシックから演劇まで様々なレッスンが行われ、生徒もかなりプロフェッショナルな雰囲気。youtubeにもialsのレッスンがけっこうアップされていることを思うと、有名なスタジオなのかなと思います。

例えばこれ↓

これも↓


どっちもとっても素敵~。

で、こんな中でのズンバはねぇ・・・・やっぱ異色なんですよ。つまりダンスとフィットネスの違いってことなんですけど。それでもって、ダンスに特化したスタジオだからズンバの参加者も少ないわけで、なんと私を含めて4人。ま、それでよかったんですけどね。だって、スタジオ、先生入れて5人踊るとそれだけでもういっぱいいっぱいなほど狭いの。ジャズダンスは上記の動画にもなった一番大きいスタジオ1でやるのに。

先生はそれなりに上手だっただけど、でもズンバよりもスタジオ1でやってたジャズダンスが気になって気になって・・・

それでもIALSに行けただけでも大満足。結局はこの時1度だけになってしまったのですが、次回ローマに行ったらまた行きたいなぁと思います。

で、ズンバレッスン後一度家に帰りシャワーを浴びて、閑静な住宅地モンテヴェルデ・ヴェッキオにあるスペイン人の知り合いホアン宅へ。パエリャをご馳走してくれる約束になっていたのです。ロベルト・ルカと待ち合わせ行くとホアンは料理の準備中。間もなくマリーナが来て、その後初対面のトニーノとピーノの男性カップル登場。で、なんとこの日、今回のローマ滞在で最初で最後のプンタレッレを食べました053.gif あ~、食べれてよかった~016.gif

ハムとチーズでワインを飲んで、プンタレッレ食べて、パエリャをたらふく食べて、ドルチェを食べて、ルカとロベルトが送ってくれる途中後部座席でついつい寝てしまいました。

ともあれたくさん動いて食べて、充実の1日でした。
[PR]
by puntarellina | 2012-05-31 02:48 | イタリアあれこれ

vacanze romane4

vacanze romane3からの続きです。

5/16(水)
この日はなんの予定もなかったのと、毎日暑い日が続いて疲れ気味だったので、日中の熱い時間は家でだらだらしていたのですが、急に「せっかくイタリアにきているのだからなにかしないと!」という気分になり、あまり遠くない映画館でイタリア映画上映してないかしら・・・と新聞をチェックしたところ、地下鉄ですぐの映画館でDiazを上映していたので行くことにしました。

この映画は2001年ジェノバサミットで起きた暴動事件を題材にしたものです。私が以前イタリアに長期滞在中だった頃起きた事件なので、よく覚えていたこともありこの映画に興味をもったのですが、上映中に隣の男性がスクリーンに向かって警察官が登場するたび「vaffanculo!!」(意味はちょっと書きにくいのでご興味のある方はこちらへ)と大声で叫ぶので、映画よりそっちの方が怖かったのです。周りの人がいくら「映画なんだから上映中は静かに」っていっても、「こいつらが(罪のない一般市民を)殺したんだぞ!」と怒鳴り返して、すぐにまたスクリーンに向かって叫ぶのですよ。日本だったらあり得ないことだけど、ここイタリアではこういうことあるんですよね~015.gif

5/17(木)
この日はバチカン近くにある某旅行社とアポイントメントがあったので、授業終了後、まずはバチカンへ。時間まで少し余裕があったので、この機会にバチカンを見学することにしたのです。最初に郵便局に行き、母、姉、夫に葉書を書きました。その後バチカンの中へ入ろうとしたのですけど、なんと左側から行ったら、そっちは出口なんですって。そう言われてみれば前からそうだったかなあ・・・仕方がないので、大回りして(そうしないと入口に行けない)右側の入口へ。荷物チェックを受けて、漸くピエタに会えました。

その後、旅行社へ。この旅行社は日本への旅行に力を入れていて、日本人の社員さんが2名いるのです。今日はその方達へのご挨拶がてらの売り込み。最初にコンタクトを取った女性の方とはお隣のbarで30分ほどお話しながら色々貴重なアドバイスも頂きました。去年はほとんどいなかった日本への旅行希望者も、今年は新婚旅行含めぼちぼち問い合わせがきているとのこと。一昨年まではガイドが足りないこともあったとのことで、忙しくなったら是非お願いしますと言ってもらいなかなか良い感触。知り合いの英語ガイドさんからの紹介だったのですが、予想外に大きな収穫でした。

夜は9時にブルーノとサン・ジョバンニで待ち合わせし、トラットリアで夕食を食べた後zanussiへ。zanussiは毎週木曜日がサルサの日なのです。お店はとっても広くてちゃんとソファにも座れるしゆったり休めて、フロアも広くて快適だったのですが・・・曲がいまいち。それに、ブルーノってさあ、僕はistinto(本能)で踊るんだよって言ってて、どういう意味なんだろうって思ってたけど、一緒に踊って納得。

本能で踊るって言うか、本能でしか踊れないじゃん。ステップもぐちゃぐちゃだし、ほんと、テキトー。最初はそれが可笑しくって笑ってたのだけど、彼は私が楽いから笑ってると勘違いして(このへんの呆れるほど超ポジティブな感じもロマーノそのもの037.gif)、ますますノッて踊るわけ。なんというか、ある意味天才。日本人だったらステップを覚えて、これがクロスボディリードでこれがライトターンでって習わないと踊れない感じなんだけど、ブルーノはなにも知らないくせに曲のリズムに合わせて女性をくるくる回して楽しく踊るのですよ。

最初はブルーノを呆れてみていた私も、これもサルサだなあと、途中からステップなんてもうどうでもよくなってしまい楽しむことに徹しました。彼は生粋のラティーノですね。こういう音楽を感じたままに楽しむ気持ちのゆとりや自由に解き放たれる感覚、日本人にももう少しあってよいかも・・・と彼をみて思いました。
帰宅は2時。初めて宿題をさぼりました015.gif

5/18(金)
ピラミデのガルヴァーニ通りにあるDa oio a casa miaでジョバンナとpranzo(昼食)。私はプンタレッレを食べに行ったのですが、なんと、もうシーズンが終わってしまったと・・・ショック~。ここのプンタレッレ最高においしいのにぃ。仕方がないので、カルチョーフィ・アッラ・ジュデア(ユダヤ風アーティチョーク)と、ポルペッテ(ミートボールのトマト煮)。その後、近くにある彼女の勤務先の美術学校を見学し家へ。夜はルカ達との待ち合わせがあるのです。

7時半にルカのお店の前で待ち合わせ。その後トラステベレのトラットリアへ。ルカ、ロベルトにスペイン人のホセ、スザンナと私で5人。食後にマリーナがきて、食後酒だけ飲み、スザンナとマリーナはミロンガへ行きました。2人は只今タンゴに夢中なのですよ。

この日の夕食は、当初テルミニ近くの韓国料理のお店に行く予定だったのに、その後トラステベレの韓国料理になり、結局最後にイタリア料理になり、しかも、もともとはホセのためにテルミニじゃなくトラステベレに変えたのに、最後まで来るか来ないかわからない・・・という状態で、ロベルトはそんなことなら3人でどこかに行けたのにっていうし、ルカはでもせっかくなんだからみんなでっていうし、待ち合わせにも一苦労。イタリアってこうなんだよなあ・・・と改めてイタリアにいることを実感した一夜でした。
[PR]
by puntarellina | 2012-05-30 08:33 | イタリアあれこれ

vacanze romane3

前回のvacanze romane2で、11日金曜日の出来事まで書いたので、その後の生活を簡単に書きます。写真も一緒に載せたかったのですが、そうすると更新が遅くなるので、写真は後ほど。ホットなうちに記事だけでも書いておかないと、忘れちゃいそうですし。

5/12(土)この日は待ち合わせもなかったので、ずっと1人で過ごしました。毎週土曜日の10時にお掃除に来てくれる女性がいるとのことだったので、いれ違いに外出。地下鉄に乗りバルベリーニで下車。向かう先はトレビの泉。以前は毎年ローマに来ることが当然だったので、もう一度ローマに帰ってこれるようにとコインを投げることなんて、留学前に旅行で来て以来10年以上もしていませんでしたが、今回は来年も帰って来れますようにと祈りつつコインを泉の中へ。

夜は映画鑑賞。Ciliegineを観ました。。。といいたいとこだけど、上映開始5分後に早くも爆睡012.gif 
上映終了後は寝てしまった自己嫌悪でとぼとぼ帰りました。
その後は家でのんびりし翌日の早起きに備えていたのですが、レッジョ・カラブリアに出張中のロベルトからメールが入りなにやら話がしたそうだったので、電話をしたところ、ひょんなことから彼が打ち明け話をしだすので、それから結局1時間半電話でお喋りし、終わったのが1時近く。あ~あ、明日は10時に待ち合わせがあるんだけどな・・・しかも打ち明け話が衝撃的だったのでよく眠れず、翌日は案の定辛い早起きでした。

5/13(日)
この日はジョバンナからお誘いを受け、彼女の家族と一緒にRocca Prioraで行われる親せきの子のcomunione(聖体拝領式-キリスト教徒の子供が7歳頃に行なう正式なキリスト教徒になるための儀式)に参加。

とはいえ、私とジョバンナは教会でのセレモニーはパスし、町を散策。親せき宅でのpranzo(昼食)のみしっかり参加しました。comunioneって知らなかったんですけど、5時間くらいかけて死ぬほど食べるんですよね。なんだか胃もたれ。やっぱりイタリアにくると食べ過ぎになってしまいます。

家に帰ったのは7時。その後近くの映画館でJ・デップのダーク・シャドウ観たんですけど、なんだか怖くて・・・というか、その後あのアンティーク家具に囲まれて、全部がほんわりオレンジ色の間接照明だから部屋に必ず影の部分があって、幽霊が出るのにこれ以上理想的な場所はないといわんばかりのあの家に1人で帰るのかと思ったら怖くて、ついつい途中で目をつぶったら、うとうと・・・・あれ?これもまた寝てしまいました。時差ボケが直らないうちに、学校に通い始め夜も遅い日が続いたので、どうも疲れがとれません。でもって、明日からまた学校が始まるし・・・なかなかハードです。

5/14(月)
学校後、ガイド仲間とのある約束を果たすため日本文化会館へ。無事ミッション終了し、一度帰宅してからブルーノとアペリティーボ。なんと9年ぶりの再会です。数日前チェントロにある彼のお店の前を通ったらお店がなくなっていたのです。ショックでメールしたところ、いろいろな事情でお店は閉めたけど元気に過ごしてるし、時間があるから一度会おうよということになった次第。サルサやタンゴの話で盛り上がり、木曜日は一緒にサルサを踊りに行くことを約束して別れました。久しぶりの彼は、ちょっとやせていたけど、超テキトーなところは全く変わっていませんでした037.gif

5/15(火)
この日はレッスン終了後、日本人のお友達とランチ。久しぶりにのんびりお喋りができました。彼女は只今子育て奮闘中。一時帰国の際もここ数年はゆっくりあえなかったので、積もる話も色々。まだまだ話たいことは山ほどあったけど、帰る前にもう一度会うことを約束して、この日は3時に別れました。その後はルカと待ち合わせして映画館EDENにてRomanzo di una strage を鑑賞。3本目にして漸く眠れずにストーリーに入り込めました。


続きはまた次回
[PR]
by puntarellina | 2012-05-29 11:55 | イタリアあれこれ

帰国しました

今朝帰国しました。

当初2週間の予定だった語学学校には結局3週間通いました。ブラッシュアップできたかどうかはわからないけれど、映画や本、歌などの教材も興味深かったし、色々な国の人達と共に勉強できたことは良い刺激になりました。

3週間のイタリア語学習は計157時間。

カウントは学校でのレッスンが3時間で、それ以外には映画鑑賞、イタリア語ガイド付きのツアーへの参加、家での宿題、友人たちとの食事などでの会話も大雑把にカウントにいれました。

家ではラジオをほとんどつけっぱなしにしていましたが、それはカウントからはずしました。

日本に帰ってきてまっさきに気づいたことは、イタリアにいる間はイタリア語で考えることも多いけれど、帰国した途端思考が全部日本語になるということ。というのも、イタリアでは一人でいても、あ、今度ロベルトに会ったらあれを言おうとか、今度ジョバンナに会ったら○○を教えてもらおう、とか考えていることが多いので、その際頭のなかでイタリア語でシュミレーションしているみたいなんです。

こういうのも語学的観点からみればトレーニングになると思うのだけど、なかなか意識してできないですよね。それを思うと環境って大切だなあって思います。日本にいても、よりイタリア語に触れられ、イタリア語で考えられるような環境づくりができたらいいなあと思います。

さて、あちらでの生活ですが、最後の数日は予定がぎっしりで、その上買い残していたおみやげもあったりで、特に最終日は睡眠時間2時間でした。お陰さまで滅多にないことですが帰りの飛行機ではずっと寝ていて目が覚めたらもう日本。というわけで結果オーライでしたけど、それはそれはハードでした042.gif 

これから暫くは、備忘録程度に、あちらでの出来事を書きますね。

ところで下の写真は今回購入した本とDVD。これだけ読む暇、観る暇あるかしら~。まあ、楽しみつつ頑張ります072.gif この中で最も楽しみなのはTV版「Romanzo criminale」。「Tutti erano pazzi per questa serie」ってジョバも言ってたし、ルカにも買えって勧められたんです。DVD1,2の中にそれぞれ4枚のDVDが入っているみたいです。ボリューム満点でお得感たっぷり016.gif 観るのが楽しみです053.gif
f0154218_1643833.jpg


そして下は、ローマ滞在最終日だった土曜日の夕食。

ロベルト、ルカ、彼らの友人のオーストラリア人2人の計5人だったのですけど、ルカとロベルトがとびきり素敵なレストランを予約してくれていました。

英語とイタリア語と少しの日本語とでとっても楽しいひと時を過ごしました。言葉が理解できるって大切だけど、でもそれ以上に大切なのはお互いを理解しようとする気持ちだなあと再認識。
写真を見ていると、なんだかずっと昔の思い出みたいに思えるけど、一昨日のことなんですよね。

写真を見るたび、ノスタルジーに浸っています。

f0154218_1612258.jpg

[PR]
by puntarellina | 2012-05-28 16:51 | イタリアあれこれ

vacanze romane2

ローマでの生活も2週間目に突入。

学校は宿題もしっかりでてなかなか大変ですが、楽しく過ごしています。

クラスの先生は、以前から知っているローリー。

11年前にこの学校に初めて来たとき、最初のクラスの先生がローリーだったのです。

というわけで、まさか彼女が出してくれた宿題をサボるというわけにもいかず、外出して夜勉強できないときは、翌朝6時に起きて宿題を済ませるようにしています。けっこう真面目だなあ・・・と自画自賛してるんですけどね037.gif

でも、実は遅刻は常習犯。イタリア来る前は遅刻は絶対しないように頑張ろうと思ってたのだけど、こちらは15分くらいは遅刻のうちにはいらない感じ。だから毎朝出かける準備をするときも、それほど時計を見ないんですよね。準備できたときが出かける時間・・・みたいな012.gif 
といっても、ちゃんと時間通りに来ている人もいるんですよ。つか、私が一番遅いかも。。。ダメじゃん015.gif

さて、クラスのメンバーは、ドイツ人、フィンランド人、スペイン人、ブラジル人、アメリカ人と日本人。 毎日先生が用意してきた新聞記事などをテーマにして、ディスカッションをしたり、関連する映画を見たり・・・パウザ(休憩)の後は、カフェを飲んだはずなのになぜか眠くなり集中力も切れてしまうけど、でも、いろんな国籍の人たち、年齢もバックボーンもまったく違う人たちの意見を聞くのはとても興味深いです。

学校以外でしたことといえば・・・

先週の火曜日は、アレッサンドラの誕生日で自宅へ招かれ、たらふく食べました。アレッサンドラというのは、私の仲のよい友達ロベルトのお姉さんなので、彼らの両親といとこ、そしてルカもいて、全員で7人。

でも、7人いても食べきれないほどの料理がやまほどあって、私はおなかがはちきれそうなほど食べ(させられ)、あ~イタリアに来たなあ・・・と実感した1日でした。

水曜日は日本人の友達をアペリティーボを、ナヴォーナ広場の近くにある「カッフェ デッラ パーチェ」で。このカフェは、確か塩野七生さんのお気に入りでもあったような。広場からちょっと奥に入ったところなので、静かなのです。

木曜日はルカとスパーニャ広場の近くでアペリティーボ。日中はとても暑かったのですが、7時を過ぎた頃から涼しくなり、外の席でのアペリティーボはとても心地よいのです。この日はサルサクラブにも行きたいと思ってたのですが、カクテルと白ワインを飲んだら酔っ払ってしまい、サルサクラブは断念・・・・
まあ、酔ってたってことより、10時半開店というのが私にはちょっと遅すぎるのと、そんな場所に一人で行ってもいいものかどうかもわからなかったので、行きたい気分になれなかったというのが本音でしょうか。

前にも書きましたが、イタリアに来ると、しかもバカンスの場合は特に、「何々をしなければ」という義務感はなくなり、「したいかしなくないか」が判断基準になるのです。私の場合はですけれど。なので、無理してまで絶対行かなきゃ・・・なんて気持ちはなくなってしまうんですよね。

それをイタリア人の友人に話したら、「つまり君はイタリアに来て、使う動詞がdovere(イタリア語で「~しなければならない」の意味)からvolere(イタリア語で「~したい」の意味)に変わったってことだね」と言われて、日本でも私はそういう生き方をしているけど、イタリアでますます拍車がかかってしまったなあと自覚したのです。

さて、金曜日は、スペイン人、イタリア人、スイス人総勢9人でトラステヴェレに行き夕食。
夕食前にアペリティーボを飲み、夕食後もパブに行き一杯飲み・・・家に着いたのは2時半。みんなとってもエネルギッシュなんです。私は、最後のほうは立ったままの状態でほとんど寝ていました042.gif 

。。。と先週はこんな感じの1週間でした。

観光地を巡るわけでもなく、毎日学校とあとはひたすら食べまくっています。日本に帰る頃には5キロくらい太っていそう015.gif あ~あ、2年かけてようやく3キロ痩せたのになあ・・・・

でも、せっかくイタリアにいるのだから、ダイエットなんてこと考えず、おいしいものをたらふく食べて帰ろうと思います006.gif
[PR]
by puntarellina | 2012-05-16 20:41 | イタリアあれこれ

vacanze romane1

ローマに来て早くも1週間。

毎日楽しく過ごしています。

ヴァカンスだからなのか、思うようにことが運ばなくても、「ま、いっか」で済んでしまうんですよね。

近況を報告すると、月曜日はフィットネスクラブにズンバとサルサのレッスンを受けに行ったんですけど、これがまた、いろいろとまあ大変でして、つまりは、まだオープンしていないフィットネスクラブが宣伝のために無料のレッスンを提供したわけで、スタジオもまだ開放されてなかったんです。

なので、外のコンクリートの上で踊るはめになったわけ。私、その日ブーツを履いていて、持参したのはジャズシューズ。インストラクターに「ねえ、私、この靴しか持ってないんだけど、どうしよう」って言ったら、ブーツで踊れっていうの。

フィットネスウエア(更衣室もまだ開放されてなかったためトイレで着替えさせられたんです015.gif)にブーツ。どう思います?

しかもしかも、その後は同じ先生のサルサレッスンだったんです。南米の人だったので、きっとキューバンスタイルかなあと思いどのスタイルか聞いてみたところ、一瞬の沈黙があって

「サ~ルサッ!」

って言うわけ。ま、スタイルなんて細かいこと気にするなってことなんだけど、楽しいから絶対参加しろって言われて、おつきあいで参加したんですけど、これがまた超いい加減で・・・・・

退屈だったから1時間のレッスンはとっても長かったんですけどね、でもこれも「ま、いっか」になっちゃうんですよね。ローマにいると037.gif

で、さらにいうと、実はこのフィットネスクラブのある地域って刑務所のある場所なんです。

ロベルトに話したら、「刑務所で踊ってきたのか」って笑われるし、翌日クラスで話したら、先生に「そんな危ない地域の、しかもオープン前のフィットネスクラブで、洋服まで脱いで(着替えただけなんだけど・・・)、まったくもう、あなたは何するかわかんないわね。 これからはどこかに行くときは私にちゃんと報告するのよ。」と012.gif


時間があったらもう少しまともなフィットネスクラブに行って、名誉挽回しないとね006.gif

あら、結局フィットネスクラブのことだけ書いちゃった。

また次回、近況報告しますね。
[PR]
by puntarellina | 2012-05-11 20:37 | イタリアあれこれ

ローマ便り

無事ローマに着きました。

出発直前、なんと膀胱炎なるものになってしまい、おまけに喉も痛くて、平日だった2日の日は病院めぐりで一日が終わりました。抗生物質を4日分だしてもらったのですが、飛行機に乗るのがちょうど薬の切れるころだったので、もっとくれとお願いしたら、「だってそんなに出せないもん」と即却下。痛みが出たらどうしようとどきどきしていたのですが、それをメールで姉に訴えたら、「ローマにいけばきっと納まると思うな、だって旅行の準備って大変だもん」とメールで伝えてくれたのです。そっか、私、姉がいうように相当まいってたんだって気づいたのは、ローマに着いてから。

姉の言うとおり、体調が本当によくなったのです。出発の2週間前には、義母が亡くなり4日間で大阪と横浜を2往復。心身ともに疲れていたのだと思います。

そんなときにも快く私を送り出してくれた夫には本当に感謝です。

さて、ローマ空港には友人のジョバンナが迎えに来てくれていました。その日は彼女の家に一泊。とても心地よい家で、リラックスできました。

翌日は、こちらに住んでる日本人の友人家族とも会い、その後2週間滞在する家へ。

この家がまたとっても素敵なんです。おまけに、そのスィニョーラ、今日から友人と一緒に旅行に行くんですって。ということで、今後2週間私は一人暮らし。こんなにうまい話があってよいものでしょうか037.gif

夕べはその一緒に旅行に行くというフランス人の友人がきて一泊するというので、スィニョーラは腕によりをかけてご馳走を作っていたのですが、私もお呼ばれされたので、3人で夕食をとりました。フランス人のお友達とスィニョーラはフランスの大統領選挙でオランドがサルコジに勝利したということで上機嫌。今日はそのためにも乾杯しないとね♪ と、2度乾杯しました037.gif

そして今日は学校初日で午前中試験だったのですが、テストもそれほど難しくなく、口頭試験も普通におしゃべりしてたら、コミュニケーション能力もいいわねえと言ってくれて、一番上のスーペリオーレのクラスへ。ま、こんだけ勉強してるんだから、それは当然でしょと思ってはいたものの、文法は本当にすぐ忘れてしまうので、単純なミスがぼろぼろあるんじゃないかと少々ハラハラしていたのです。

ロベルトも試験中に挨拶に来てくれたし、その後お茶も飲みに行ったし、おまけにマリカも、ローリーもヌッチャも、モニカも・・・つまり10年前にいた先生や事務局の人たち、みんないるんですよ。とても10年が過ぎたとは思えないほど、みんなあのころと変わっていなくてびっくり。

これから2週間、「よく学びよく遊べ」をモットーにヴァカンスを楽しみたいと思います♪
[PR]
by puntarellina | 2012-05-07 20:01 | イタリアあれこれ

準備中

イタリア行きの準備中。

体調がいまいちだけど、頑張って行ってきます060.gif

今日は、シーツも全部取り換えてお洗濯を3回して、お掃除もして、ベランダもちょっと片づけて、パッキングをして・・・

とあれこれしていたら、イタリアのラジオをクローゼットの奥から発見005.gif

これは最初に買ったラジオで、イタリアから引き上げる際に誰かにあげてもよかったんだけど、もしかしたら今後また使うこともあるかもしれないと持ち帰ることにしたのでした。その後は友人宅にお世話になることが多かったから、わざわざ日本から持参しなくても間に合っていたんだけど、今回は学校紹介のステイ先なので、おそらく個室にラジオは置いてないのではないかと、持参することにしました。ちゃんと聴けるといいな056.gif

f0154218_14561540.jpg

[PR]
by puntarellina | 2012-05-04 14:59 | 日々の出来事

イタリアですること

2週間の語学学校に遅刻をしないで通う(もちろん丸ごと一日のオサボリもなしね006.gif
映画10本以上観賞する

営業活動をしてくる

プンタレッレを死ぬほど食べる
カルチョーフィを山ほど食べる
フィオリ・ディ・ズッカをたくさん食べる
ジョリッティのジェラートをいっぱい食べる
チーズとプロシュートで貧血を治す

サルサクラブに行く
フィットネスクラブでズンバをしてくる
筋トレとサルサのトレーニングを続ける

なるべくたくさんのお友達との再会を果たす

そして

新しいお友達を作る053.gif
[PR]
by puntarellina | 2012-05-03 10:32 | イタリアあれこれ

ローマで観たい映画

体調があまり良くないので、明日朝一番で行こうと思っていた映画祭はやめることにしました。上映が朝10時20分で、その後美容院に行って、夜はサルサレッスン。旅行前じゃなかったら行ってしまうのでしょうけれど。チケット買ってたのに残念。今からじゃあ友達にもあげられないしね。

まあ、せめてイタリアで映画をたくさん観てこようと思い、色々ググってみました。

私にはお気に入りの映画館がローマにもいくつかあります。ハリウッド物ではなく、イタリア映画をよく上映してくれるところなのですけど、一番よく行ってたのが、Quattro fontane
立地が抜群なのです。三越の近く・・・つまり中心地にあるので、一人で夜行っても帰りの心配もないですし。

あとは、以前住んでいたところの比較的近くだったMadisonやルカの家から歩いて行けたEdenかな。

あ、そうだ、忘れてはいけないのがTibur。ローマ大学のあるサン・ロレンツォ地区に位置する小さな映画館。新しいのも上映するけれど、時々ちょっと前の映画も上映してくれて、その時は入場料もとっても安いのです。テルミニ駅からてくてく歩いてよく通っていました。

・・・と、上記の映画館をチェックしてみたところ、今は以下のイタリア映画を上映しているみたいです。
「あしたのパスタはアルデンテ」のオズペテク監督、「輝ける青春」のマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督の作品、「家の鍵」のジャンニ・アメリオ監督の作品が上映されています。
役者さんでは、エリオ・ジェルマーノ、マルゲリータ・ブイ、クラウディオ・サンタマリア、ヴァレリオ・マスタンドレア、フランチェスコ・ファヴィーノ等々、映画祭でもおなじみの方もいっぱい。

3週間で何本観られるかな。楽しみです。

Magnifica Presenza
監督:Ferzan Ozpetek
出演者: Elio Germano, Paola Minaccioni, Beppe Fiorello, Margherita Buy, Vittoria Puccini.


Diaz - Non pulire questo sangue
監督: Daniele Vicari.
出演者:Claudio Santamaria, Jennifer Ulrich, Elio Germano, Davide Iacopini, Ralph Amoussou.


Romanzo di una strage
監督:Marco Tullio Giordana
出演者:Valerio Mastandrea, Pierfrancesco Favino, Michela Cescon, Laura Chiatti, Fabrizio Gifuni, Luigi Lo Cascio


Maternity Blues - Il bene dal male
監督:Fabrizio Cattani.
出演者:Andrea Osvart, Monica Barladeanu, Chiara Martegiani, Marina Pennafina, Daniele Pecci.


Ciliegine
監督:Laura Morante
出演者:Laura Morante, Pascal Elbé, Isabelle Carré, Samir Guesmi, Patrice Thibaud.


Il primo uomo
監督:Gianni Amelio.
出演者:Jacques Gamblin, Catherine Sola, Maya Sansa, Denis Podalydès, Ulla Baugué.

[PR]
by puntarellina | 2012-05-02 23:45