<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

旅立ちの日

10年前の今日、当時住んでいた名古屋の空港からローマに出発しました。半年間の語学留学が目的でした。

夫が空港まで送ってくれて、最後にじゃあねって言って、背を向けて去っていくのをじっと見つめていたのを覚えています。絶対振り向く人じゃないってわかっててもなお、姿が見えなくなるまでずっと目で追っていたのです。

留学を決めてからは、仕事のない日は7,8時間は勉強して、その合間に家事と留学準備をして・・・

いくら夫が賛成してくれたとはいえ、目の前で留学準備をするのは気がひけたので、夫がいない間にこそこそとしていました。

そして当時は2人のイタリア語の先生に絞られてたし、実質どっちもプライベートだったから(1つはクラスレッスンだったんだけど他に生徒さんがいなくて私1人だったの)、勉強すればするほど進行が速くなり、で、ますます勉強しないといけないはめに・・・
まるで加速度が増し続ける回し車に乗って降りられなくなったハムスターみたいって思いながら勉強していました。

それでも、留学を最大限に効果的なものにするためにはイタリア語力はあるにこしたことはないと、必死でした。

私がもし受験生で、親に勉強しないとダメって言われて部屋に閉じ込められるなら、私大喜びで閉じ込められるんだけどな~って本気で考えていました。
受験生って家事とか仕事とかしなくていいじゃないですか。勉強だけすればいいなんて、どれだけ楽だろうって思ってたんです。

そんな留学準備期間の一年を過ごし、念願がかなって漸くイタリアに行ける旅立ちの日、喜んでもいいはずだったのに、何故か悲しくて悲しくて、次から次へと涙がこぼれおちてきて、気持ちが落ち着くまでパスポートコントロールに行けなかったことを覚えています。

昨日、そういえばそろそろ10年になるはずと思い、当時の日記を探して読んでみたら、出発の日の想いが切々と書かれてあって、読んでいるうちに辛くなって途中で日記を閉じてしまいました。

でも、夢にまでみたイタリア留学だったんです。

そんな泣きながら出発した私でしたが、夫がローマに来る半年後には、8キロも太って身も心も図太くなっていました037.gif

実際、夫がローマに到着して空港から電車でローマ市内に向かった後、2人で乗ったタクシーの運ちゃんに「そこじゃなくて、もうちょっと先まで行ってくれない?重い荷物もあるんだから!」とイタリア語で指図してる私に夫は本当に驚いたのでした。

当初の予定だった半年の留学は、夫の勧めもあって1年になり、さらに一度帰国後、再び渡伊したので、トータルすると1年半以上の留学(遊学)期間となってしまいました。

夫は、私のイタリア語がそれほど上達しなくてもよかったんです。旅行ができる程度のイタリア語と、おいしいレストランを2,3軒覚えてきてくれればいいなくらいだったのだと思います。

留学をさせてあげる代わりに検定に受かれ、な~んて条件を出すような人ではないの。

でも、私としては、せめてイタ検はクリアしなくてはと思っていました。その道のりはとても長かったけれど、夫への感謝の気持ちはこういう形でしか示せないと思っていたし、またその一方で自分自身を正当化できる唯一の方法でもあったのだと思います。

あの日からもう10年が経ったのかと時の流れの速さに驚いてもいますが、その一方で、この10年の間には、スランプに陥ったり、イタリア語が嫌いになりかけたり、同じ志をもつ仲間ができたり、親友と呼べるイタリア人の友人ができたりと、数え切れないほどの出来事があったことを思うと、やはり10年という月日にはそれなりの重みを感じます。第一、10年前の私には、自分がここまで深くイタリア語と関わることになるなんて想像することさえできていなかったのですから。

イタリア語はもはや私にとってはライフワークですが、さて、これからの10年、イタリア語とどのように付き合っていくことになるのでしょう。

「ひたむきに頑張っていれば自ずと結果はついてくるはず」とは、名古屋で私が通っていたイタリア語学校の先生が、留学を目前にした私にかけてくれた言葉ですが、これからの10年もこの言葉を励みに頑張っていけたらなあと思います。

.:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜

↓の画像は、フィレンツェのメルカートで撮ったもの。
私、Mozzarellaチーズ毎日食べてたら1ヶ月で8キロ太ったの005.gif
だって、当時日本円で7,80円で買えて(水牛のではないけど充分においしいの)、時にはお醤油をかけてお豆腐みたいな感覚でも食べてたんです。

でも、よかったこともあって、それは貧血が解消されたこと。一時帰国の際の人間ドックで、あまりの改善ぶりに医者に驚かれ「本当によく頑張りましたね~。どのような努力をされたんですか???」って聞かれたんだけど、「え~っと、う~っんと、強いてあげればチーズを山ほど食べて、あとは生ハムとか、いっぱいいっぱい食べて・・・」みたいな、わけのわからない回答しかできなかったのでした012.gif
f0154218_11262428.jpg

[PR]
by puntarellina | 2011-01-23 12:00 | イタリアあれこれ

進捗☆

今朝から片づけて漸くこんなかんじ012.gif

f0154218_1257134.jpg


前に一度載せたけど、以前はこんな感じ

②↓これが昨日までの状態
f0154218_12541512.jpg


③↓これが最初に不用品を集めた時の状態
f0154218_12535324.jpg


減ったでしょ???

・・・とはいえ、これちょっとズルしてます。というのも②の写真に写っていて、①には写っていないものでも、全部処分したというわけではないの。たとえば姪が来た時に見せて欲しがったらあげようとか、実家に送ってバザーに出してもらおう等々、行き先がほぼ決まっているものに関しては、まだ家にあるとはいえ断捨離済みということにしているからなんです。

実は、最近サルサだとかフィットネスだとか外出ばかりしていて、断捨離も中断していたのよね。で、このお部屋開けるのが嫌だったんだけど、今朝漸くやる気になったの^^;

夕べは行こうと思ってたサルサレッスンも、なんだか仕事したら疲れてしまってキャンセルしてしまったので、それならせめて断捨離でも・・・って思ったこともあるのよね066.gif

夫が数日間の出張から今夜帰ってくるからそれまでには家も綺麗にしておかないと。

・・・というわけで、今日はフィットネスもお休みして、午後も断捨離続行の予定。

そういえば近くに古本屋さんがオープンしたので、本の処理もとっても楽になりました。今まで2度持って行って30冊くらい処分したの。一番上の今日の写真も、ほとんどが本とCDなので、これは順次古本屋に。カンヌで賞まで取ったイタリア映画の元になった「○モラ」の単行本は処分したい本の筆頭。あの死ぬほど読みにくい邦訳どうにかしてほしいわ。いつか原書で読めたらいいなと思います。
[PR]
by puntarellina | 2011-01-22 13:15 | 断捨離

スーツケースは旅の記憶

ところで、私のファーのジャケット&コート3着を入れていたスーツケースは、夫がむか~しNYで購入したゼロ。と~っても重いんですよ。

夫は独身時代はいつもこれで旅行していて、旅先のシールを購入して貼ってたのですけど、結婚してからも数回はこれを使ってたんです。

でも程なくしてあまりの重さに旅先に持ち運ぶことはなくなり、帰国後に旅先のシールだけをべたべた貼っていました。

で、気がついたらこんな感じに037.gif

これで旅行することはもうないと思うけど、唯一無二のスーツケースだからとっても愛着があります053.gif

f0154218_115737.jpg

そもそも夫がバハマに行った帰りにNYに立ちよってこれを購入したらしいのです。なので、バハマのシールがとりわけ大きいの。

f0154218_115219.jpg

[PR]
by puntarellina | 2011-01-20 08:13 | 断捨離

似たモノ同士

スーツケースの中に季節はずれのものを収納しておけば、スペースが無駄にならない。

・・・・・と、とある片づけ本で読み、

「!!!072.gif

と閃いて有効活用していたはずなんですけど・・・・・

ファーのコート類3着、しかも何年も着ていなくて、でも好きだから処分できず、じゃあ、いつ着るの??って聞かれると、その予定もなく・・・・というのが出てきました。

これってスペースの有効活用じゃないじゃん。


↓の画像はスーツケースから出てきた1着目。
むか~しのメルローズのフェイクファー。そもそも会社のクリスマスパーティ用のドレスの上にはおるために購入し、その後は普段着でジーンズと合わせてよく着ていましたが、それっていったい何年前?
f0154218_10193875.jpg


↓は2着目
すっごく前にイタリアのMax&Co.で購入したフェイク・ファー。当時は超お気に入りで、軽くて暖かくて、空港での仮眠(?)も毛布代わりのこれがあれば大丈夫。これを着て椅子をいくつも占領して横になっていた私の姿をみて、夫は「クマの冬眠」と命名。
いまだに好きなコートなのですが、はおった姿を夫にみせて「ねえ、どお?」と聞いたら
「う~ん、マダム・グランデ(でかい女)って感じ」と言われ、処分することに。ラインが今のように絞られてないので、古さを感じるのです。
f0154218_10195070.jpg


↓は3着目
ラビット?? 数年前に本物のファーが流行った時に、夫の会社のサンプルバーゲンで買った(もらった??)もの。肩のラインはパットが入ってるかのようにちょっと高くなっていて、そこが気に入らないため数回着用しただけ。だけど、柔らかくて気持ちいいのよね~。ど~しよ。
f0154218_1020222.jpg


尚、この冬もレオパード柄のフェイク・ファーのコート着てます。夫のところのだけど。。。
ファーとかひょう柄系に目がないのですよ。こういう趣味って一生変わらないかもしれませんね~。
[PR]
by puntarellina | 2011-01-19 23:30 | 断捨離

Festa alla siciliana

イタリア~ン・・・というよりシチリア~ンなホームパーティに行ってまいりました。

バイト先で一緒に働いてるイタリア人宅でのフェスタ(パーティ)だったのですけど、まるでイタリア・・・というかシチリアにいるかのような錯覚を起こしてしまいました。

どうしてかっていうと・・・・・

8時からと言われたので、8時20分頃に行ったら、まだ二組しか来ていなかった。
食事の準備ができたのは、さらにその一時間くらいあとだった(ラザーニャ♪)
ブイヤベースができたのは、さらに遅かった(10時半くらい?)
だからデザートは11時過ぎだった。
11時半に私が帰るときに(私が誰よりも先に帰ったの)到着した友人が数名いた。。。等々


037.gif


でも、久々のフェスタで楽しかったです024.gif

知る限りではイタリア人、アルゼンチン人、スペイン人、チリ人と日本人の集まりで、日本語、スペイン語、英語、イタリア語が飛び交っていました。

日本人もほとんどが海外で生活したことのある方たちなのか、フランスのお酒(焼酎のような)の話や、野外で上映される映画の話、南米を放浪した人の話や、スペイン人と日本人の御両親を持つ女性の世界放浪(御両親のお仕事の関係でいろんなところに数年ずつ住んでいたんですって)のお話など様々で、とっても刺激的でした016.gif

お待ちかねのラザーニャ060.gif
f0154218_11423457.jpg


デザート067.gif
f0154218_11424992.jpg


おそらく20人以上いたと思います。座る場所もない感じ。

イタリアにいる時は、大人数のフェスタや、また少人数でのCena(夕食)に招待されることも頻繁にあったけど、それだけみんなの生活(特に時間的に)にゆとりがあるということなんですよね。でもこうして日本でも気楽なフェスタはできるんですね、ってきっと若い子たちは頻繁にしてるのかな。私は日本では夜ほとんど外出しないので、ほんとに久しぶり。

でも食事待つ間にビールとワインを飲み過ぎて(みんなの差し入れでお酒は山ほどあったの)、二日酔いなのよ~068.gif
[PR]
by puntarellina | 2011-01-16 11:55 | イタリアあれこれ

仕事始め

遅ればせながら私は今日が仕事始め。

年末は一足先に冬休みに入ってしまったので、ほぼ一ヶ月振りの仕事だったのです。

友人に「それってイタリアっぽい」って言われて、よく考えてみたら(よく考えなくても)そうかも・・・・と思いました。

で、実際に今日仕事行って、数週間のヴァカンス後のイタリア人の気持ちが手に取るようにわかりました。

去年までなにやってたか思い出せない、気持ちがのれない、PC立ち上げ時のパスワードわかんない、溜りに溜まったメール読みたくない、身体だるい、目が疲れる、肩が凝る・・・・・

で、当然仕事がはかどらないのですよ007.gif

徐々に社会復帰していかないとね・・・015.gif
[PR]
by puntarellina | 2011-01-14 23:24 | 日々の出来事

減った!

今日の断捨離進捗状況072.gif

下の2枚の写真見て下さい!! ガラクタ減りましたよね???


f0154218_13574561.jpg


f0154218_1358288.jpg



先週、不用品を一か所に集めてみたんです。で、1枚目はその時の状態で2枚目が今日。
因みに一緒に写ってる椅子と絵、浮世絵はもともとそこにあったもので、断捨離対象ではないのですよ。浮世絵は壁にかけるとか、椅子は別室に持ってくとかしないといけないんだけど。。。。^^;

で、実はこのガラクタ以外に、夫と私のいらなくなった洋服が段ボール3箱分くらいあるんだけど、ちょっとよさげなものは姪に欲しいかどうか聞いて、あとは実家行き。洋服に関しては、バザーに出すからいらない洋服あったらいつでも送ってねって母から言われているので、その点では楽なの。

今週の月曜日に丸一日ジムで過ごして以降、断捨離への情熱がなくなってきて、夫に「このまま(1枚目の写真の状態)だったらどーしよーーー007.gif」って言ったら、「アナタに限ってはそんなことありえない」って言われたので(←私に限っては1の状態のまま1ヶ月・・・なんてことも多いにあることを知ってる夫が、なんとかやる気を出させるために言ったセリフ)、仕方なくやってます015.gif

でも、こうして写真で比べてみたら、けっこう頑張ったじゃない!!って思えてきました。
ちょっとやる気出てきたかも♪

それに断捨離始めてから、もう既にごみ袋で20個くらいは捨てたような。これを全部整理してもまだまだなんだけど、それでもかなりの進歩よね。

引き続き頑張りま~す072.gif
[PR]
by puntarellina | 2011-01-13 14:10 | 断捨離

バブルの残骸

断捨離しなかったら、こんな風に1つ1つ出して手にとって見ることもなかったんだろうな~。

シャネルのブローチとチェーンベルト037.gif

f0154218_2365074.jpg


私が独身時代働いていた会社はアパレル業界の中でも当時は飛ぶ鳥を落とす勢いのとこだったんです。で、ボーナスは3回あって、最盛期の社員旅行はハワイ。4週に分かれて全社員が交替でいくのだけど、なにせバブリーだったからみんなブランドショップで買い物しまくり。ワイキキのシャネルのお店は社員旅行の4週目になると品薄になるっていう噂が飛び交ったくらいなの(実際本当に品薄だったと思う)。よくもまあジャラジャラとつけていたものだわ。これって実は残骸の一部なのよね。シャネルのウエストポーチやプラダのリュックなんてものまで見つけてしまって、どう処理していいものやら。。。。

さて、今日もズンバ行って(代行の方だったから行ってみたの060.gif)、その後フィットネスウエアを買いに都心まで出かけちゃったから、断捨離タイムはゼロでした015.gif 

明日は頑張ります058.gif
[PR]
by puntarellina | 2011-01-12 23:13 | 断捨離

高さ50cm分の断捨離

恥をしのんで我が家(っつか私の。。。夫は私と違って整理整頓が得意なの^^;)の断捨離進捗状況・・・・・・

高さ35cm分のイタリアの雑誌
f0154218_21342941.jpg


高さ15cm分の使用済みノートとイタリア語関係のコピー
f0154218_21344095.jpg


50cm分の雑誌とノート達のお蔭で楽しく有意義なお勉強ができました。
今までありがと、そしてサヨナラ001.gif


Vanity Fairは一冊だけ保存版にしました♪ それはこちら↓

053.gifステファノ・アッコルシ053.gif053.gifクラウディオ・サンタマリア053.gif053.gifキム・ロッシ・スチュアート053.gifが表紙のVanity Fairなの。

ウフフ
012.gif
f0154218_21384781.jpg


Romanzo Criminale(野良犬たちの掟)公開時の発売だったのでしょう。中には3人の記事(多分インタビュー)も016.gif
f0154218_21522589.jpg


私の部屋に入ってくるたび夫は、
「すごいね~、まるで(整理整頓が致命的にヘタな)大学教授の部屋みたいだね~」
って言ってたのだけど、もうそんなこと言わせない017.gif

私の断捨離、これは序の口ですから037.gif
[PR]
by puntarellina | 2011-01-09 23:26 | 断捨離

捨てるコツ

モノ選びのコツ。
「使用可能」ではなく
「私が使う」か否かを肝に銘じる
-以上「新・片づけ術 断捨離」 やました ひでこ著より抜粋-


ダンシャリアン(絶捨離する人)目指して爆走中。

本もさっそく購入して読んでみました。

f0154218_8292722.jpg


これは今の私にとって必要か否か、を考えつつ片づけをすることは、過去への執着や、未来への無意味な不安を断ち切ることにもつながるのですね。

Carpe diem(今を生きる)は私の信条でもあることですし、余計な執着や不安は断ち切って、今の自分がより快適に生きられるすっきりとした生活空間を作る・・・・・のが理想058.gif
[PR]
by puntarellina | 2011-01-06 23:46 | 断捨離