<   2010年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

脱ペーパードライバー

名古屋で私が初心者マークを付けてマニュアル車を運転していた頃の話。

その交差点は家に帰るために避けては通れない道。信号が青で対向車がいなければスムーズなんだけど、赤で停止するはめになるとマニュアル車にはきついの。

青に変わった瞬間に交差点の中まで一速で進行し、対向車を見送り右折するんだけど、その後上り坂になっているから、右折と同時にギアチェンジをしなきゃいけない難所(私には)。

で、ある時、右折しつつギアチェンジしたつもりが、ニュートラルになってたままだったことがあって・・・。

アクセルを踏んでもずるずる後ろに下がるわ、後ろの車はクラクションを必死で鳴らすわ、助手席の夫は叫ぶは、いったい何が起きてるのか自分でもわからなかったんだけど・・・

結局、ぎりぎりのところでギアが入ってないことに気付き、一速に入れてなんとか持ちなおしたのですよ。

今考えても冷や汗が出る~ふうう。

って、そんなエピソードを 今日4年振りに会った友人に話したのです。

というのも、彼女はもともとF3000に出たいと思ってたことがあったほどの車好きで、大型二種の免許(バスの運転ができるの!!)まで持っているほど運転が上手いわけ。

でも、その彼女が、私をすごいって褒めるのよね。

なぜすごいか。

右折→坂道で、ギアをニュートラルにしたまま後ろに下がり続け、今にも後続車にぶつかるっていう危機的状況で、パニックにならず(なってたけど^^;)咄嗟に正しい措置をとって事故を免れたのが偉い!って言うの。

私、30代後半で車の免許をとったわけなんです。マニュアル車で♪

マニュアル車にこだわったのは、イタリアで運転しようと思ってたから006.gif

でも何人もの教官に、何度も何度も「悪いこといわないから、オートマのコースに変更しなさい」って説得され続けたんですよ~。

その教習所では若い女の子でもオートマ限定だったりするわけ。

だから、何故こんな30後半の女がよりによってマニュアルなのかって疑問だったらしいのです。そういえば理由まで聞いてくる教官もいたなあ。まさかイタリアで運転したいからなんて言えないから、ええ、まあ、とかでごまかしてたんだけど^^;(結局イタリアでは一度も運転してないんですけどね)

でも、私、そう言われ続けてた割には、仮免も学科も本試験も一発合格だったのよね。
ま、自慢するほどのことでもないけど・・

ともあれ、そんなわけで、日本での運転はすべてイタリアでの運転デビューのため。

だから名古屋で夫が私に車を買ってくれた時も、私のたっての希望でマニュアル車だったわけ。しかも小さい車だけどオープンカーだったのよね。なのにオープンになんてできるわけないじゃない。後ろの視線が突き刺さるんだもの・・・^^;

その車に乗っている間はまさに修行。音楽なし、おしゃべり厳禁028.gif。気が散るものは全部排除。

でも一応ドライブにも何度か行ったんですよ。運転上手な友達を誘って、友達に運転させて、自分が助手席に乗ってのドライブに^^; 

結局、その車はほとんど新車の状態で私がイタリアに住む前に売り払いました。
そして売り払う時、きっと私は今後運転することないなって思ったんですよね。

でも最近、遠くのお店に買い物に行きたい時、夫を頼らざるを得ないのもちょっと不便だし、将来的にも私が運転できるようになってた方がいいんじゃないかしらって気持ちになって。

そんな時に運転のプロである友人に褒められて背中を押されると、本当にその気になってしまいます。ほら、私、褒められるとどこまでもつけあがるタイプだから^^

来年中には、ペーパードライバー返上して、車も自分専用のを買って、駐車場も外に借りて、頑張って運転再開しようかな・・・もちろん今度はオートマで037.gif

と有言実行にすべく、ブログにも書いてみました。乞うご期待053.gif
[PR]
by puntarellina | 2010-09-27 23:34 | 日々の出来事

☆東京国際映画祭☆

TIFFのラインナップ発表になりましたよ!

イタリア映画は「素数たちの孤独」 (ワールドシネマ)と
f0154218_1443390.jpg


「そして、地に平和を」(コンペティション)の2本!
f0154218_14423432.jpg


「素数たちの孤独」(こちら過去記事。trailer貼り付けてます)は、早くて来年の映画祭かと思ってたけど、10月に観られるなんて♪

・・・って、私、確か去年もここで「バーリア」紹介しておいて、チケット買うの出遅れて観られなかったのですよ~^^; 今年はプレリザーブしよう! 
[PR]
by puntarellina | 2010-09-23 14:56 | イタリアあれこれ

今日は久しぶりに文科系女子的一日を満喫しました~。

まずは今日が最終日の仏像展へ。招待券を頂いていたのですよ。なのでこれは逃すわけにはいかなかったのです。しかも、HPを見て釘づけになってしまった仏像がいたの。絶対会いた~いって思うような仏像。

ほら、これ↓

f0154218_2242688.jpg

(東大寺 / 五劫思惟阿弥陀如来坐像)

このパンチパーマ、すごくない?037.gif

実はこの仏像展の招待券をくれたのは、現在大学院で仏像を研究している、友人の息子さんなんですけど、パンチパーマが気になる~と言ったら、次のような説明をしてくれました。

「パンチパーマの仏像は五劫思惟阿弥陀如来坐像と言い、床屋に行く間もおしんで考え続けたからこんな髪型になってしまいました。」

これ、招待券に添えてあった彼の手紙に書かれてあったのですが、大ウケ。
ゲラゲラ笑いました003.gif

因みに会場になっていた三井記念美術館は、趣のあるとても素敵な空間でした。

通訳案内士試験勉強で日本史、とりわけ美術史を勉強したことで、いままで関心のなかった仏像展などもそれなりに楽しめるようになったのが嬉しいです。

仏像展のあとはラテンビート映画祭へ。試験後3週間経って、漸く字幕付きの映画を観る気になりました。とはいえ前売りを購入するだけのエネルギーはなく、今日当日券が買えればと、成り行き任せだったのですが観て良かったです!

「命の相続人」
f0154218_23274991.jpg


いつものことながらアレハンドロ・アメナバール(今回は製作)の術中にみごとにハマってしまって最後はうるうるでした012.gif
[PR]
by puntarellina | 2010-09-20 23:42 | 好きなこといろいろ

テルマエ・ロマエ

f0154218_23205124.jpg
はまってしまいました。

以前お友達がブログで紹介していて、へえ~、こういう漫画もあるんだ~って思ったまま、漫画を読む習慣がない私はそのまま忘れかけていたのですが、先日書店に立ち寄った際ふと思い出し、無性に読みたくなり購入。

自宅で半身浴しながら読みました。

お風呂の話をお風呂で読むのいいですよ^^

因みに私が行ったことのある温泉で最も印象に残っているのは、ブダペストにあるゲッレールト温泉。お湯はそれほど綺麗じゃないし温いんだけど、雰囲気あって素敵でした。でも水着着用の人と裸の人がいて、ちょっと戸惑いました。ヨーロッパの温泉ってどこでもこうなんでしょうか。私は最初、温水プールなのかお風呂なのかはっきりしてくれ~って思いましたけど、そのうち、ま、どっちでもいいかって思うようになりました。

機会があったらもう一度行ってみたいです。

f0154218_2320299.jpg

[PR]
by puntarellina | 2010-09-15 23:57 | 好きなこといろいろ

読書のことなど

図書館から、予約した本の貸し出しが可能になりましたとのお知らせメールが届きました。なんか私予約したんだっけ???と思ったら、随分前にしてたみたい。

これ↓
坂東玉三郎―歌舞伎座立女形(たておやま)への道 (幻冬舎新書:中川 右介著)

で、久しぶりに図書館に行ってきました。

私にとって寝る前の読書はかかせないので、いつもなにかしら読んでいたけど、でもまともな読書ってこのところしていませんでした。今もまだあんまり読めないけれど、それでも本を借りようって気持ちになるだけ試験直後に比べてましになったと思います。

実は、欲を出して久しぶりにしっかしりた小説にも挑戦しようかな~と何冊かは手に取ったのだけど、すぐに棚に戻しました。試験後の虚脱感・虚無感からくる自閉症的生活(!?)から漸く抜けだせるかなって時に、精神的に疲れたくないって思ってしまったのです。

f0154218_9265191.jpg


玉三郎さんの本と一緒に借りたのは、フジコ・ヘミングさんと群ようこさんのエッセイ。これらも実際のところ読む気になれるかどうかわからないけど、どちらも好きな方だから大丈夫だと思って。

一番左の「チャイコフスキーコンクール」は、図書館で借りたものではなく私の蔵書。試験前後の数週間、他の本はほとんど受け付けなかったのにこの本は手に取れていたのです。文章がウィットに富んでいながらも全く嫌味がないから、気持ちが浮上していない時でも安心して読めていたのかなと思います。

ところで玉三郎さんの「牡丹亭」の舞台が10月に赤坂ACTであります。珍しく夫が一ヶ月後の予定を空けてくれたのでさっそく2人分のチケットを購入(まだ発売中ですよ^^)。
楽しみです016.gif

f0154218_7541863.jpg

[PR]
by puntarellina | 2010-09-13 21:59 | 日々の出来事

今日は筋肉痛・・・015.gif
昨日のズンバ、激しかったんですよね~042.gif

さて、昨日だらだら見てしまったイタリアのソープオペラがこれ↓なんです。一話が90分なんですよ。だから昨日は2話見ただけなのに3時間もPCの前にくぎ付けになってしまった。

f0154218_16311136.jpg


主人公はヴィットリアという26歳のミラネーゼ。心理学者の彼女には弁護士の婚約者がいて、2人はもうすぐ結婚することになっているのです。その彼女のもとに、突然カプリの邸宅が遺産相続されるとの通知が舞い込みます。ヴィットリアは好奇心からカプリに赴きます。そこで起こる数々の出来事については・・・・見てのお楽しみ☆

カプリの景色が綺麗なので、それもいいなと思います。あと、カプリではナポリ弁が話されているのか「ス」が「シュ」ってなるのでそれも面白いです。

ローマに住み始めた時のステイ先のスィニョーラがナポリ出身で、私にいろいろイタリア語を教えてくれるんだけど、全部ナポリの発音なんです。お皿に残ったソースをパンでぬぐうことをscarpetta(スカルぺッタ)と言うことを教えてくれたのも彼女なんですけど、私が彼女の発音どおりにsciucarpetta(シュカルペッタ)って書くと、違う違うシュカルペッタだよって言いながら、scarpetta(スカルペッタ)って書いてくれるの(笑)。彼女と同じような発音のイタリア語をこのTVドラマでは聞けるので懐かしいです。

今日バイト先のイタリア人の女の子に、ねえ「Capri」って知ってる?と聞いたら、それは知らないけど、マンマが今新しいソープオペラにハマってるのよねと言っていました。それに関しては後日日記に書くかも♪
[PR]
by puntarellina | 2010-09-08 23:11 | イタリアあれこれ

邦文答え合わせ

29日に受験した通訳案内士試験の邦文3科目の答え合わせをしてみました。
多分3科目とも大丈夫そう。あとは11月のイタリア語試験結果を待つだけです。

この一週間虚無感で何もする気が起きなかったけど、邦文のこの結果を踏まえて少しだけ前を向いて進めそうです。
というのも、邦文は来年一年間は免除になるので、もし試験自体が不合格になったとしても、今後一年間はイタリア語だけに専念できるからなのです。

因みに邦文の試験対策、私がまず最初に取り組み、そして試験数日前にも一応の仕上げとしてざっと目を通したのは実はこれ↓なんです。
f0154218_1845630.jpg


国立・私立中学受験対策の社会の参考書。つまりは小学生向けの教材なのですけど、各章ごとに理解度確認のテストがあります。そして、有名国立・私立中学の過去問題もあるのですが、それを解いてみてわかったこと。

「私は国立・私立中学には合格できない。」

あっはは~003.gif
[PR]
by puntarellina | 2010-09-06 18:51 | イタリア語

イタリア語試験内容

記憶が鮮明なうちに先日のイタリア語試験についての感想と対策など、覚書程度に書きます。語学試験は邦文3科目と違い、問題用紙を持ち帰れないため、あくまで記憶の範囲でとなりますので、実際とは違っている部分もあると思います。私の「あー勘違い」ってこともあると思います^^; その辺ご了解のうえお読みくださいね。傾向とレベルがなんとな~く伝わればいいかなと思って書いてます。尚、問題形式は去年と全く一緒のようです。

1:長文を読み、いくつかの種類の質問に答える。  
①下線部分の和訳をしなさい(2問)
②下線部について、話者は何を言いたいのか、日本語で説明しなさい(3問)。
③下線をほどこした動詞の原形を書きなさい(4問)。
④次の前置詞の中から選び空欄にいれなさい(4問)。

イタリア語モードに入りきらないうちにこの問題は私には難しかったです。一度さらりと読んだだけではいまいち意味が取れませんでした。テーマはイタリアの列車の遅延に関してなんですけど、突然天安門なんて言葉がでてくるので、ちょっと戸惑いました。理解するのに3回くらい読みなおしたのでちょっと時間かけ過ぎたかなと。

日ごろからイタリア語で読書されてる方、ネットでイタリアの新聞を頻繁に読んでいる方には問題なく理解できる文章だったと思います。私はイタリア語の勉強を捨てていたため手間取りました(涙)。


2:以下の文章を、句読点も含めて150字以内の日本語で要約しなさい。
出典はwebサイトのLa repubblica。イタリアではパジャマの売れ行きが伸びていて、その理由はイタリア人は外出するだけの金銭的余裕がないからである、というような文章。

内容自体は難しくなくさらりと読めるのですが、それなりに長い文章(20行くらい)を要約するのは、慣れていないと時間がかかります。通訳ガイドコースの先生曰く、イタリア語は最初の段落に一番重要な事柄が書かれているので、それをはずさずに書き、あとは、残ったスペースの量に応じて自分が書きやすいところをピックアップ。

主題からそれほど大幅に外れない限りはある程度自分で内容を選択できる自由があるので、新聞記事を読み、それを要約する訓練を一人ですれば(添削してもらえなくても)、充分対応可能だと思います。読解の内容はイタ検1級より簡単。



3:次の文章を日本語に訳しなさい。
内容は、イタリア南部では仕事がないため、最近では肉体労働者や工員だけに限らず、大卒の若者までもが職を求めて中・北部へ移住するというような内容。

内容自体は極端に難しいわけではありませんが、ここで、かなり時間をかけてしまいました。というのは手書きでの翻訳に慣れていなかったから。

つまり頭から訳していき、途中まで書いたところで、後ろの文章を前に移動させた方がよいと気付いた場合、PCのワードでは2回のクリックで済むものを、手書きの場合は、①全部消して書きなおす、②吹き出しを作り矢印で挿入、の二つに一つの選択を迫られます。
私は印象をよくしたかったので、全部消して書きなおしたりしているうちに、ある部分を消し忘れ、文章が全く反対の意味になっているのを、終了直前に気付き、でも直す時間がなかったので、泣く泣くそのまま提出しました(号泣)。

これは何より訳文を手で書く訓練が必要だと思います。レッスンで翻訳を学ぶ時も、極力手書きで書くのがよいのかもしれません。もっとも、それはこの試験を受けるとすればの話ですが。


4:日本人のお正月の過ごし方について、120字以上150字以内のイタリア語で説明しなさい。

テーマが「お正月」というのは、非常にラッキーだと思います。今年受かるチャンスだったのに・・・って感じ(泣)。イタ検1級の作文に比べたら、本当に簡単なテーマで書きやすかったです。が、これも私のはスペルミス、脈絡のない文章などいろいろ問題ありだと思うし、書くことを忘れてしまっていた私は、消したり書いたりの繰り返しで時間がかかりました^^;

5:次の文章をイタリア語に訳しなさい。
内容は日本の10代の若者のファッションが世界中で注目されていて、それが訪日の目的になっていたりするというようなもの。

専門用語を使う必要もなかったように記憶しています。イタリア語訳するのにそれほど難解ではなかったのでは。ま、自分ができているかどうかは棚に上げて、ちょっと上から目線で言ってます^^;

6:次の語句をイタリア語に訳しなさい。(おそらく10問)
内容は、公共事業、総務大臣、急須、政令指定都市、箸置き、コンセント、介護保険、トキ(朱鷺)、車掌、あと1つあると思いますが、思い出せません。

トキ・・・なにか書けばいいのに、結局空欄でだしてしまった(泣)。私、はっきりいってこれ出来ていません。自信があるのは「車掌」かな。1の問題に出てたし^^;

受験後の感想としては、私自身に関して言えば明らかにトレーニング不足だったということ。邦文3科目の負担があまりにも重くて、イタリア語学習は週1のイタリア語学校の授業だけで精一杯でした。

この一次試験に必要な学習は、新聞多読と手書きでの翻訳練習。 
問題量が多いので、慣れていないと2時間では足りません。そして単語と日本事象。

私は途中で時間がないことに気付き、その後スピードアップしてかなり雑にやったため、最後15分ほど時間が余ったのですが、雑にやったなら、その後見直しは必須だったはず。でもそんなパワーどこにも残ってなくて、放心状態のまま無為に15分間を過ごしてしまいました。
そこで問3の和訳を見直していれば余裕で直せたのに~と、今になってとても悔やんでいます。全力で立ち向かうほどの気力も体力も知力もなかったということです。

ただこの試験は、イタリア語だけに限って言えば思ったよりとっつきやすかったです。マークシートではなく記述式というのは、なにかを書けば0点にはならないという意味で希望があります。ま、そこからが長い道のりなのかもしれませんが・・・^^; とはいえ、イタ検受験から2年間、今回学校に通うまでほとんど勉強していなかった私にとって、かなり辛い試験であったことには変わりありません。

いま暫く休んだら、邦文の答え合わせをして(まだなの^^;)、今後の学習方針をたてようと思います。
[PR]
by puntarellina | 2010-09-02 11:12 | イタリア語

衝動買い

一目惚れだったけど、最初は絶対買うまいと思ってた。せっかく買うなら合格祝いにしたかったから。でも自分なりに辛いひと夏を過ごしてきて、いくら合否がわからないからといって、こんなに気にいっているものを我慢するほどストイックになることもないんじゃないかという気になってきた。お値段はちょっと痛いけど出せない金額でもない。喉元過ぎれば大丈夫かなって感じ。

ってことで結局衝動買い。

チャームが付いてるアクセサリー大好きなの♪ 

そのかわり、たとえ一次試験に落ちてたとしても来年のためにも受けておこうかな~って思ってた二次対策向けイタリア語個人レッスン、多分お預けか、回数減^^;

f0154218_074516.jpg

[PR]
by puntarellina | 2010-09-01 23:58 | 好きなこといろいろ