<   2010年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Back To The 80's

80年代にこうして遊んでた世代はみんなズンバにはまるか、すでにもうはまってるんじゃないかしら♪ 今のクラブのノリはどんな感じなのかしら?

このノリって、この間参加したズンバに似てるけど、違いはアルコールが入ってるか入ってないかってことかな。考えてみればアルコールが1滴もはいらずあのズンバの盛り上がりってすごいかも。

締めはBreak Me into Little Piecesで。


[PR]
by puntarellina | 2010-08-30 23:50 | 好きなこといろいろ

試験行ってきました。

通訳案内士試験、終わりました。

終わった瞬間には、満足感や爽快感、達成感というものは全くなく、あるのは脱力感だけでした。

帰りの電車の中では、わけもなく落ち込んでしまって、ほんとーーーーーに暗かったです。

なぜ?って聞かれると説明できないんだけど、今日の出来の悪さもあって、6月以降の辛い日々が丸ごと無意味だったように考えてしまったからだと思います。もう二度とこの3ヶ月間のことは思いだしたくないなって・・・。

別に誰かから強制されたわけでもないし、もっと気軽に受ければよかったのだろうけれど、今の仕事に直結することもあって、誰でもない自分が自分自身にすごいプレッシャーをかけていたのかなあと思います。

で、途中でふと、こんな暗い気分じゃあまりにも辛いから気晴らしに音楽を聴こうって思って、さて何聴こうかと選ぼうとした時も、どの音楽にも拒絶反応。イタリア語の歌もオーディオマガジンも、スペイン語のサルサも、ベリーダンスの音楽も、どれもこれも受験勉強の合間に聴いていたものだから、聴くとその時の辛さ思いだすような気がして。

結局帰り道の1時間は音楽も本もなしで、ただぼんやりと暗ーい気分のまま帰ってきました。

私が以前好きだった作家の森瑶子さんが、よく「傷心と空虚のどちらを選ぶか」というのをテーマにしてエッセイを書いていたのだけど、突然それを思い出して、今日の私には傷心も空虚も二つ同時にやってきちゃった・・・って思ってなおさら落ち込んでみたり(こういうの本人は真剣なんだけど、夫はまたまた大げさなって言うのよね~)。

でも、私が家に帰った少し後に夫も出張から帰ってきて、試験どうだった?って聞いてくれたので、落ち込んでるなりにあれこれ感想話してるうちに、なんか気分が楽になってきたの^^ やっぱり人に話すって大事なことなんだと痛感。特に私のようなお喋り人間には絶対必要。

で、お喋りしているうちに、今回の受験は自分で決めたことで、しかも語学を勉強できる環境にあるってとっても幸せなことじゃない?っていきなりポジティブ思考になれて、何かから解放されたような気分になって、そうして今こうして日記を更新しています。

あー、今日一日で落ち込んだり盛り上がったりすごく忙しかった。

ともあれ暫くはなにも考えずゆっくりしたいです。

そういえば試験会場水道橋だったのだけど、ラクーア寄って帰りたいな~って思いました。今日は時間的に無理だったけど、明日近くまで出かけるから、帰り寄ってこようかしら。スパでのんびりゆるゆるしたいです。

イタリア語の試験に関しての感想もそのうちアップします(パワーがあれば^^;)。
[PR]
by puntarellina | 2010-08-29 23:57 | イタリア語

Mine Vaganti

出勤日の方が気持ちが楽なんですよね~。勉強できない言い訳がなりたつから・・・今日は言い訳の成り立たない1日。こんなに勉強嫌いだったとはね~。

さて、ルカのお勧めの映画。
オズペテクさんの新作(といっても、もうDVD発売されてますが)です。
リッカルド・スカマルチョだんだん味が出てきましたね。来年の映画祭で上映されるかな☆ 



そういえば、私はイタリア滞在中、1割くらいしか聞きとれない時でも、平気で映画館行ってました。でも映画館通いの理由は実は他にあって、映画館ってイタリアでは珍しく冷房が効いてる場所で、昼寝するのに最高だったんです^^; ローマの夏の夜は暑くて暑くてねー(エアコンなんて夢のまた夢だったの)、睡眠不足は映画館で解消してたの。
でもその時の映画館通いがあるから、イタリア映画好きの現在の私があるのかなと思います。
[PR]
by puntarellina | 2010-08-26 08:24 | イタリアあれこれ

あと一週間

試験まであと一週間となりました。今日はイタリア語講座の最終回。

椅子に座って下を向くと思わず寝てしまうほど身体もだるくて気持ちも萎えているし、果たして2時間の授業に耐えられるかしらと思ったのですが、いざとなるとなんとかなるもので、思ったよりは集中できました。

それに、今日の授業は先生を含め3人だけだったのでかなりのんびりムードで、合間にあれこれイタリア話で盛り上がり楽しかったんです。

出題された今日の課題に対しては、別にできがよかったわけでもないし、むしろ問題が難しくて「これ私わかりませ~んっ」とギブアップすること数回・・・ だったわけですが、クラスに出たことでポジティブなパワーを沢山いただいて帰ってきました。休みたい気持ちを必死に抑えて行ってきてよかったです。

それにしても、今日のレッスンでなぜこんなに前向きな気持ちになれたのかしらと帰りの電車の中で考えてみたのですが、きっとみんなとお喋りするなかで、私は本当にイタリアが好きなんだということを再認識できたからだと思います。

このところ中南米の音楽を聴いていたことで、スペイン語への憧れみたいなものが自分の中で大きくなっていったり、また来週の試験のことが重くのしかかり純粋にイタリア語学習を楽しむことができずにいたわけですが、あと一週間前向きな気持ちで過ごしていけそうです。

語学学習はある程度のレベルまでいくと、個人レッスンや独学中心になってしまいますが、やはり時にはクラスでのレッスンを受講するというのも良い刺激になりますね。

↓の動画はFranco BattiatoのInsieme a te non ci sto più です。もともとはCaterina Caselliの歌ですけど、また違った雰囲気でなかなか好きです。イタリアに住み始めて一番最初に観たイタリア映画がナンニ・モレッティの「息子の部屋」でしたので、挿入歌に使われていたこの歌には格別な思いがあります。当時、ローマで必死に勉強していたことを思い出しつつ、あと一週間頑張りましょ。

[PR]
by puntarellina | 2010-08-22 23:38 | イタリア語

今日は残業の予定だったのだけど、思いがけず早く帰れたので、近所のミニシアターで映画「アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち」を見てきました。

f0154218_2238648.jpg


お友達がアルゼンチンタンゴに夢中で、いろいろお話を聞いて興味が湧いたこともありました。

又、最近職場のランチでご一緒した男性から彼の南米放浪体験談を聞いた際、南米の中でもアルゼンチンがよかったと話していたのが印象に残り、アルゼンチンの景色を見てみたいというのもありました。

アルゼンチンタンゴと聞いて真っ先に思い浮かべるのは、私の場合はダンスだけれど、実は曲や演奏や歌やダンス等、すべてが融合してできた総合芸術なんですね。

そしてアルゼンチンタンゴにとってあれほどピアノが重要だとはしりませんでした。

アルゼンチンタンゴのピアノは、音が違うしリズムももちろん違うし、なにせ迫力満点。

歌い手も演奏家も、踊り手も、人生の年輪を感じさせる熱演でした。観客の惜しみないカーテンコールにも鳥肌がたちました。
[PR]
by puntarellina | 2010-08-18 22:51 | 好きなこといろいろ

痩せた??

先日の土曜日、スポーツクラブのヘルスメーターに乗って、ちょっとびっくり。

通い始めた頃に比べると4キロ近く落ちてたんですけど・・

でも、これって一時的なものなのか、今後定着してくれるものなのかどっちだろう。
だって先々週まではそれより2キロ多かったの。そこからなかなか減らずにいたんだけど。

もっとも先週は心身共にきつい一週間だったから一時的に減った可能性が高いのです。しかも火・水連続でズンバったのよね。水曜日は1時間以上踊ったし。
でも生活がもとにもどった今週は体重も元通りになってそうな予感も(笑)。一応家でヘルスメーター乗っても、ジムとほぼ同じメモリを指すんですけどね。

今日もジム行ったらヘルスメーターに直行しよう。
[PR]
by puntarellina | 2010-08-17 09:02 | 日々の出来事

お勉強進捗

昨日は集中して勉強しようとカフェに行ったけど、冷房で頭が痛くなってきたので、日→伊訳をちょっとやっただけ。日→伊翻訳の授業は先週で終わっているから宿題ではないのだけれど、時間切れでできなかったとこなのでやってみようかなと。

で、その後仕方なく家に戻って、ほとんど自室に閉じこもっていたのだけど、エアコンをつけると頭が痛くなるし、消すと暑くてやる気がなくなるし・・・

結局、300選のコピーをだらだらうだうだ眺めていました。
でも眺めていたことで思い出したことが072.gif

随分前にこの300選の中からイタリアの友達に添削してもらったものを中心に、メモ帳一冊分筆写していたことを思い出しました。確かブログにも書いたことあったかも。もう削除しちゃったけど・・。そのころプリンターが壊れてて、一日かけてあんなに苦労して書いたのに、机の上がイタ語や日本史や地理の教材や参考書で散乱した状態であっちこっち勉強している間に、そのメモ帳の存在忘れてしまっていた~(涙)。

f0154218_923720.jpg


300選は覚えるには量が膨大だから、授業でやったものとメモ帳78項目だけに絞って勉強しようかなと思います。

今日はお休みだから一日家で勉強する予定だけど、途中で辛くなったらまたブログ更新しちゃうかも。完璧にはけ口になっていま~す。せめて前向きなことを書けるといいけれど。
[PR]
by puntarellina | 2010-08-16 09:05 | イタリア語

Vieni a vedere perche'

「癒し効果」はイタリア語でeffetto calmanteもしくはeffetto lenitivo。
癒し効果のある音楽を聴いてから、寝室直行。


Dico sempre che non cerco amore
che preferisco badare a me:
ma questa non è la verità,
vieni a vedere perché...

Mi vedono sempre ridere
ma questa non è la realtà:
piango ogni notte,
sempre per lei,
vieni a vedere perché...

Dico sempre che odio l'amore
che non mi serve a niente però
prego perché, il Signore lo sa,
che prima o poi lo troverò!

Voglio che tutto intorno ci sia solo la vita per me
Voglio te, notte e giorno, devo convincerti che...

Capirai che il cielo è bello perché
in fondo fa da tetto a un mondo pieno di paure e lacrime
E piangerai, oh altroché! Ma dopo un po' la vita ti sembrerà più facile,
e così fragile, ricomincerai!

C'è chi rinuncia all'amore
solo perché non ne ha avuto mai
eccomi qua dammelo e poi
ora capisci perché dico sempre che odio l'amore
che non mi serve a niente però
prego perché, il Signore lo sa, che prima o poi lo troverò!

Voglio che, tutto intorno, ci sia solo la vita per me!
Voglio te, fino in fondo, devo convincerti che...

Capirai che il cielo è bello perché
in fondo fa da tetto a un mondo pieno di paure e lacrime...
Oh, e piangerai, oh, altroché! Ma dopo un po' la vita ti sembrerà più facile,
e così fragile tornerai a vivere!

Dico sempre che non cerco amore,
che preferisco badare a me:
ma questa non è la verità,
vieni a vedere perché...
[PR]
by puntarellina | 2010-08-13 23:38 | イタリアあれこれ

Ti sento

イタリア語リハビリ中の今は基本に戻ってマティア・バザールかしら。Ti sentoが一番好きだな。イタリア人ってやっぱり素敵に見えてしまう。彼らの表情とかしぐさとか醸し出す雰囲気とか(そうじゃない人ももちろんいるんだけど)・・・・それとも単なる私の贔屓目?



La parola non ha ne' sapore ne' idea
ma due occhi invadenti petali d'orchidea
se non ha anima .... anima
Ti sento, la musica si muove appena
è un fuoco che mi scoppia dentro,
ti sento, un brivido lungo la schiena
un colpo che fa pieno centro!

Mi ami o no ... mi ami o no .... mi ami?
Che mi resta di te, della tua poesia
mentre l'ombra del sogno lenta scivola via
se non ha anima ... anima

Ti sento, bellissima statua sommersa
seduti, sdraiati, impacciati!
Ti sento atlantide isola persa,
amanti soltanto accennati !
mi ami o no ... mi ami o no .... mi ami ?
Ti sento, deserto lontano miraggio
la sabbia che vuole accecarmi
ti sento, nell'aria un amore selvaggio,
vorrei incontrarti .....
[PR]
by puntarellina | 2010-08-10 01:08 | イタリアあれこれ

300選

去年購入していた日本的事象300選の英文をイタリア語に訳す作業(正確に言えば、ネット上で見られるハローペディアのイタリア語がかなり怪しいので、この本に載っている日本語とネット上のイタリア語の文章を合わせてみて、おかしいところは英訳も参考にしながら訳しなおすという作業)は、春頃していたのですけど、その後放置していました。

なのに数日前、そういえばあれがあった072.gifって思い出したの。

暗記するでもなく、しかも自分の訳が正しいかどうかも確認できていない状態で使用するのは多少抵抗もあるけれど、ゼロよりましと割り切って使うことにしました。

というのも、ぼーっとながめているだけでもどこか記憶の片隅になにかしら残っているものなんだ・・ってこと、今日再確認できたんです。日本事象を説明するのに知識がゼロじゃないってすごく大きい。そういう感覚を今日持てたことが今後のモチベーションアップに繋がってくれるといいなと思います。

f0154218_23372249.jpg

[PR]
by puntarellina | 2010-08-08 23:36 | イタリア語