<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今日はズンバはお休み。

夫と一緒に行こうって約束していたオルセー美術館展に行ってきました。40分待ちって言われたけど、実際はそんなでもありませんでした。

私が最後にパリのオルセー美術館に行ったのは確か2003年のローマ滞在中に、ロベルト、ルカ、ルカの弟のアンドレアと一緒にパリ旅行した時。アンドレアが遠距離恋愛してた相手のベルギー人(こちらも男性よ006.gif)とパリで落ち合うことになっていたので、それに便乗して一緒に旅行したのでした。

あの時は他の美術館も周ったし、ともかく膨大な量に圧倒されて正直ちょっと食傷気味になってしまって・・・。それに何度目かのオルセーということもあって、名画を前にしても、昔買ったポストカードと同じ絵があるな~なんて思ったりして、ただただカフェに入って一休みすることだけを考えていたのですよね~。

なので、こうしてテーマを絞った展覧会の方が、集中して絵に向き合うことができるように思います。混んではいたけれど、遠くからでも人の合間からきっちり好きな絵は観ることができたし、久々の美術展で心が潤いました。よかった♪

美術館の後は、渋谷に移動して「スーツァン・レストラン・陳」でランチ。美術展よりこっちの方が目的だったりして^^;

ここの麻婆豆腐がおいしいから今度一緒に行こうって夫に言われていたのです。山椒が効いてて舌がピリピリするんだけど、コクがあって旨~いっ☆ これ以上入らないってくらいあれこれたらふく食べて、もうデザートは一口もらうだけにするから、ってきっぱり断言していたんだけど、一口で済むわけがないと思ったらしく、夫はココナッツ味のアイスクリームと杏仁豆腐の二つをオーダー。これがまた本当に一口じゃ終われないくらいおいしいの。結局デザートは別腹ってことで、しっかり半分頂きました。大満足016.gif
[PR]
by puntarellina | 2010-07-31 23:26 | 日々の出来事

うっ~とり~

写真を見る度うっとりしてしまう歓心寺の如意輪観音像。

いつか逢いに行けたらいいなぁ。
f0154218_11211223.jpg

[PR]
by puntarellina | 2010-07-19 15:02 | 好きなこといろいろ

下北コーデ

長い間下北沢付近に住んでいたこともあり、いまでもシモキタは大好きな町です。

今日は都心に出かけた帰りに下北散策。何も買うつもりもなかったのに、閉店セールのお店の前で思わず立ち止まってしまいました。だって1000円のスカートが20%off。Tシャツが300円、バックは3980円が1000円に・・・・・

安い上に可愛かったのでついついお買い物しちゃった。これでジムにいくのです。徒歩数分のジムではズンバだけやって速攻帰ってきて家でシャワーを浴びるので、ジム行きのお洋服は着用時間が往復15分くらいでその後すぐに洗濯機の中へポイッ。気軽に洗えるTシャツやスカートが重宝します。

スカートは白が欲しかったけど透けそうだったからカーキに。でも履きやすかったら白も買ってこようかな。

ついでにジム&近所のお買いもの用サンダルを購入して、↓のトータルコーディネート完成(^^v

帰り道、ほとんど同じスカートが別のお店で2980円で売られていて思わずにんまり(あら、すごい主婦感覚だったかしら)。

でもこうやって写真に撮ってみると私のお年頃が着る服にはあんまり見えないかな。ま、もともとこの年だからこれは着れないとか考えない方だけど。
f0154218_16452333.jpg

[PR]
by puntarellina | 2010-07-18 18:07 | 日々の出来事

Hervé Moreau

はああ~、今日は帰宅が11時近く。

私は基本、夫の夕食の準備をしなくてよいときのみ残業することにしているのですが(パートタイマーですし、契約上残業の義務はないので)、今がヤマですからそんなことも言ってられません。


仕事疲れでぼろぼろの自分に癒しを。

エルヴェ・モローの「in the middle somewhat elevated」。

あ~あ、「エトワール・ガラ」で来日した時、どうして見にいかなかったんだろう。

ノーブルで素敵でしょ?


[PR]
by puntarellina | 2010-07-16 23:50 | 好きなこといろいろ

Der Gartner / Johannes Brahms

ブログの説明をMúsica en la vida cotidiana(日常の中の音楽)としました。以前は必ずイタリアって言葉入れてたんですけどね~。

ま、当分の間はこれでいきましょ。

ブログ名がラテン語、プロフィール写真はお気に入りのフランス映画の1シーン、ブログ説明がスペイン語・・・、このごちゃまぜぶりが私の現在の心境でしょうかね~^^;

*************************************************
ところで、30年以上探し続けていた曲をついに見つけました。

Johannes Brahms作曲のDer Gartner。詩はJoseph von Eichendorff。

学生時代の合唱コンクールでの女声合唱用課題曲でした。私は混声合唱だったので歌ってないのですけどね。大好きな曲でずっとずっとCDを探していたのですけどなかなかみつからず、気付いたら30年も経ってしまいました(探し始めた時はまだレコードだったかも・・^^;)
ちなみに課題曲の時の訳詞は野上彰氏で邦題は「園丁」でした。


[PR]
by puntarellina | 2010-07-15 19:15 | 好きなこといろいろ

「Yell」

過去記事を整理していたら、非表示の状態で書きとめたまま放置してあった記事をいろいろ見つけました。

ということで、この記事は去年のシルバーウイークに観たNコンのときのものを修正してアップしています。

Nコンでは、高校生もさることながら、中学生の上手さに本当に驚きました。今のレベルってすごいんですね~。

聞いた中で一番好きだった曲は、中学校の課題曲「Yell」。
心が癒されます^^



YELL~エール~

                作詞・作曲 水野良樹(いきものがかり)
                   編曲 鷹羽弘晃


 「〝わたし〟は今 どこに在るの」と
 踏みしめた足跡を 何度も見つめ返す
 枯葉を抱き 秋めく窓辺に かじかんだ指先で 夢を描いた

 翼はあるのに 飛べずにいるんだ 
 ひとりになるのが 恐くてつらくて
 優しいひだまりに 肩寄せる日々を 
 越えて 僕ら 孤独な夢へと歩く

 サヨナラは悲しい言葉じゃない 
 それぞれの夢へと僕らを繋ぐ YELL
 ともに過ごした日々を胸に抱いて 
 飛び立つよ 独りで 未来(つぎ)の 空へ

 僕らはなぜ 答えを焦って 
 宛ての無い暗がりに自己(じぶん)を探すのだろう
 誰かをただ 想う涙も 
 真っ直ぐな 笑顔も ここに在るのに

 永遠など無いと 気づいたときから
 笑い合ったあの日も 唄い合ったあの日も
 強く 深く 胸に 刻まれていく
 だからこそあなたは だからこそ僕らは
 他の誰でもない 誰にも負けない
 声を 挙げて 〝わたし〟を 生きていくよと
 約束したんだ ひとり ひとつ 道を 選んだ

 サヨナラは悲しい言葉じゃない 
 それぞれの夢へと僕らを繋ぐ YELL
 いつかまためぐり逢うそのときまで
 忘れはしない誇りよ 友よ 空へ

 僕らが分かち合う言葉がある
 こころからこころへ 声を繋ぐ YELL
 ともに過ごした日々を胸に抱いて
 飛び立つよ 独りで 未来(つぎ)の 空へ
[PR]
by puntarellina | 2010-07-06 09:26 | 好きなこといろいろ