<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

フランス語学習

f0154218_16472882.jpg

西語検定がお茶の水の明治大学だったので、終了後神保町の三省堂に立ち寄って、検定受験のご褒美に(?037.gif)フランス語の参考書を買いました。買った後でわかったのですが、「まいにちフランス語」のレナさんが声で登場しています。彼女の声とっても好きなのでよかった☆

先日NHKの「まいにちフランス語」を聴き始めたと書きましたが、実は一週間に一度ストリーミングで45分聴くだけなんです。スペイン語検定もあったし、今回の仏語学習は覚えるというよりどういう言語か概観を掴めばそれでいいと思っていたので。

でも、一週間に一度45分聴くだけでは、すでに落ちこぼれ気味で、この分だとついていけなくなるのも時間の問題。そこで11月は仏語月間にしました~

・・・・っていっても多分机に向かっての勉強はしないだろうな~^^;
[PR]
by puntarellina | 2009-10-27 16:31 | フランス語

西検受験してきました

今日は西検の日でした。結論からいうとちょっと拍子抜けって感じでした^^;

問題数がすごく少ないんですよ。
実力を計るならもっと問題数あってもいいんじゃないかな~と思いました。

ところで内容は以下のような感じでした。

まず読解問題(10行弱くらいの長文)があるのですけど、その長文に対する問題は大きく分けて3種類。

1問目は、長文の中のある1文の和訳。2問目は長文の中で()になっている部分に適した語句を選択する問題が2つ。3問目は文章が書かれてあり、その内容が長文の内容と合っているなら○、合っていないなら×をつけよというのが3つ。

読解の後は、動詞の活用問題が数問。私に間違いがなければ、点過去、線過去、接続法現在、接続法過去に活用するものでした。

そして、その後は作文が数問。最後にリスニングが数問。

リスニングは噂どおり、時間になるとネイティブの人が入室してきて直接読んでくれました(笑)。


問題と答案用紙は、一枚の紙がぺららんとくるだけで、それに直接書き込み提出するので、今日の問題を持ち帰ることはできなかったのですけど、まあ、そこそこできたんじゃないかと思います。

実は水曜日から微熱があって、勉強しようとすると頭ががんがんしてきて、ほとんど勉強できませんでした(夫曰く知恵熱)。それにもかかわらず木曜日は映画見に行ってしまったし、それ以外の日は仕事だったし、それでも往生際悪くなにかしようと思うのだけど、いざ考えるとけっこう出題範囲が広くてどこから手をつけていいかわからないしで、やる気も半減。という具合であまり攻めの姿勢では受験できなくて残念だったのですけど、今回の一番の収穫はなんといっても動詞の活用を接続法過去まで一通り覚えられたってことですね。もちろんまだまだ間違えるけれど、読書をするのにかなり楽になるのではないかと思っています。

ともあれ、これでスペイン語はひと段落。今後暫くは先日ブランカにもらった本でも楽しみつつ語彙力を伸ばしていけたらいいな~と思っています。
[PR]
by puntarellina | 2009-10-25 21:35 | スペイン語

f0154218_821234.jpg

今日は東京国際映画祭で「テン・ウインターズ」(Dieci inverni)を観てきました。

ある男女が偶然出会い、ある時は恋人のように、ある時は友達のように、偶然にもしくは必然的に会っては別れ、そして再会し、という10年にも渡る関係を綴ったラブストーリーです。舞台はヴェネツィアとモスクワなのですが、中でもモスクワの景色が美しかったです。街の風景も大学の図書館も。考えてみればロシアの映像をこんなにじっくり観たことはなかったかもしれません。

実は今日は体調が悪くて家にいようかと思ったのですが、寝込むほどではないし、だからといって家にいればだらだらするだけだしと迷った末に出掛けてきたのですが、観に行ってよかったです。

trailerはこちらです。素敵ですよ♪

f0154218_16364283.jpg

ところで、映画の最後に流れた曲が、映像にマッチしていて印象に残ったので調べてみたらVinicio Caposselaの 「Parla piano」という曲でした。



Parla piano e poi
non dire quel che hai detto gia’
le bugie non invecchiano
sulle tue labbra aiutano
tanto poi
è un’altra solitudine specchiata
scordiamoci di attendere
il volto per rimpiangere
Parla ancora e poi
dimmi quel che non mi dirai
versami il veleno di
quel che hai fatto prima…
su di noi
il tempo ha gia’ giocato ha gia’ scherzato
ora non rimane che
provar la verita’
Che ti da’ che ti da’
nascondere negli angoli
dire non dire
il gusto di tradire una stagione
sopra il volto tuo
pago il pegno di
volere ancora avere
ammalarmi di te
raccontandoti di me
Quando ami qualcuno
meglio amarlo davvero e del tutto
o non prenderlo affatto
dove hai tenuto nascosto
finora chi sei?
cercare mostrare provare una parte di sé
un paradiso di bugie
La verita’ non si sa non si sa..
come riconoscerla
cercarla nascosta
nelle tasche i cassetti il telefono
che ti da’ che mi da’
cercare dietro gli angoli
celare i pensieri
morire da soli
in un’alchimia di desideri
sopra il volto tuo
pago il pegno di
rinunciare a me
non sapendo dividere
dividermi con te
Che ti da’ che mi da’
affidarsi a te non fidandomi di me..
Sopra il volto tuo
pago il pegno di
rinunciare a noi
dividerti soltanto
nel volto del ricordo
[PR]
by puntarellina | 2009-10-22 08:22 | イタリアあれこれ

動詞活用表

手書きの動詞活用表を作りました。

以前に未来形までエクセルで作ったことがあったのですが、手書きの方が時間はかかるけれど、書く作業をしているうちに覚えることもできてよいです。

ir動詞で語根変化するものが、変な時にまで不規則活用してやっかいだな~と思っていたのですけど、この無秩序とも思える活用に規則性はあるのか・・・と思って調べてみたらちゃんとありました^^;

直接法現在で語根母音の変化するir動詞は

1)点過去3人称単数形(él)・複数形(ellos)の語根母音が変化する。
2)接続法現在1人称複数形(nosotros)・2人称複数形(vosotros)の語根母音が変化する。


なんですね~。目から鱗です。特に1)の点過去3人称複数形に関しては、接続法過去形を作る時に必要になるので、ここで間違えると接続法過去形全滅という悲惨な結果に・・・(涙)。こういうルールは点過去のところにきっちり書かれてあるんですけど、その部分を勉強している時はまだ全貌がつかめていなくて、なんのことだかわからないんですよね^^;

このルールを知ってから活用ミスが格段に減りました。

↓が手製の活用表なのですが、訂正している部分が多いのは、作成中も自分で活用してみてあとで答え合わせをしていたからです。表としてはきれいじゃないけれど間違った部分を残すことで自分の苦手な活用がわかり結果的にはよいかも(単にきれいに書きなおすのが面倒っていう噂も・・・037.gif
f0154218_18262980.jpg



今日は気持ちを奮い立たせて無理やり勉強しました。イタ検やTOEICの時のようになにがなんでもという必死さが出てこないのは、やっぱり生きるために必要かどうかという差だと思います。イタリア語は最初は趣味でしたが、いつの間にか収入を得る手段になりつつあります。英語もしかり。TOEICの時は最初から仕事のことだけを念頭に置いていたので、英語力アップなんて鼻から考えず1点でも高いスコアを取ることだけを考えていました。

それに比べると今の私にとって西検受験はあまり必要とも思えず、勉強も適当に流している感もありますが、それでもやらないよりはいいはず(多分)。明日も今日くらいは頑張りたいと思います。
[PR]
by puntarellina | 2009-10-17 18:26 | スペイン語

西検

f0154218_13371840.jpg


来週西検4級を受験します。

西検を申し込んだのは先月ですが、このところすっかり勉強する気をなくしていたので、受けようかどうしようか迷っていました。こんなに勉強していないのに受験に行くのは時間の無駄だとさえ思えてきて。

一応以前の日記で書いた2冊の問題集は一通りはやったんです。でもやりっぱなしで見直しをしていないので、達成感もないし上達したという実感もありません。そもそもこの問題集を解いている時点では接続法の活用は全く覚えていなくて、問題の前ページに書かれてある説明を読みながら練習問題をしたので、問題を解いたからといって覚えられたわけではなかったのです。で、そのままほったらかし。かなりやりがいもあり、また好みのタイプの問題集だったので、見直しをしたら確実に力はつくだろうと思っていました。でもどうもスペイン語の勉強する気がなくなってしまったんですよね。

というのも、ここ数カ月の間に、仕事でスペイン語で話す機会があったんですけど、イタリア語と20単語くらいのスペイン語で完璧に用が足りてしまい、なんだ、イタリア語でいいじゃんって思ってしまったんですよ。だから先日ブランカのご主人が来た時も、それを機に会話力を高めようなんて気も起らず、なんとかなるさと思って会いに行ったら、案の定超サバイバルスペイン語とイタリア語でとっても楽しく過ごせてしまい、益々勉強意欲がなくなってしまったんです。

でも、受験票が届いて気が変わりました。力試しできればそれでいいんじゃないかって思ったんです。

そう思った途端、突然やる気がでてきたので、以前購入したままほったらかしにしていた↑の問題集をやり始めました。今頃始めても遅いかもしれませんけどね^^

そして、せっかくなのでこの機会を利用して動詞活用をきっちり覚えようと思います。いま基礎を作っておかないといつまでたってもあやふやってことにもなりかねないので。せめて友達にメールを書く際、いちいち活用表で確認しなくても動詞を書けるくらいにはなりたいな~と思います(笑)

さて、4級のレベルは文法が一通り終了していることなので接続法も入ってくるのですけど、スペイン語の動詞活用はイタ語より難しいですよね(^^; 現在形もすんなりでてこないのもあるし、点過去も思い出せないものがあるというのに、接続法までなんて! とかなりあせっています。あせるならせめて1ヶ月前にあせろよって感じですけどね。
[PR]
by puntarellina | 2009-10-17 12:47 | スペイン語

スペインから

スペイン人の友達ブランカのご主人が東京に来たので会ってきました♪

ブランカはもともとローマで知り合った友人で、ずっとイタリア語でコミュニケーションをとっていたのですが、スペイン語を学び始めて数カ月経った頃スペイン語で葉書を送ったら、とっても喜んでくれ、それ以後頻繁にメールをやりとりするようになりました。最近はご主人の来日の件もあり、特にメールの回数も増えていたので、私のスペイン語のキャパを超えてしまい、ついついイタリア語で返すことも多くなっていますが、彼女からは容赦なくスペイン語で返ってきます^^;

ところで、ご主人と会った際、ブランカから預かったというお土産を渡してくれました。本4冊とスペインの曲が死ぬほど入っているCD016.gif

そもそも、ずいぶん前に彼女がメールで本でも送ってあげようかといってくれたので、それならもしいらなくなった本があればそのうちお願いねって伝えたんです。加えて、もしスペインの歌でお勧めがあったらyoutubeで教えてねってお願いしたんです。

本当に気軽な気持ちで頼んだのに、本はすべて新品、しかも2冊はハードカバーの本。もうびっくりでした。
さらに、数十曲は優に入っているCD。ブランカが自分は音楽には詳しくないからと弟さんに頼んで作ってもらったCDだそうなのですが、まさかここまでやってくれるとは005.gif

実はこのところスペ語をやる気がすっかりなくなっていたんです。でもこんなにたくさんのプレゼントを頂いたのでそう簡単にはやめられなくなってしまいました^^;

しかも今日のメールには「読み終えたらまた送ってあげるから」ってありました。これ読み終わるのいつだろう・・・・
時間は限りなくかかりそうだけど少しずつでも頑張ろう☆ 

¡Gracias!

f0154218_20185358.jpg


↓が弟さんが作ってくれたCD。CDにはブランカの字で「Santa ○○(私の名前) fuori le mura」と。というのも、ローマの学校で一緒に勉強していた頃、彼女はぎりぎりローマ城壁の内側に住んでいたのですが、私は城壁の外に住んでいたのです。そこで、彼女が時々私を「城壁の外の聖○○」と呼んでいたんです。センス溢れる彼女ならではのユーモアです。
f0154218_23534754.jpg


↓がCDに収められた曲。これから少しずつ聴いていくのが楽しみです♪
f0154218_2354260.jpg


f0154218_23541539.jpg


f0154218_23542941.jpg


f0154218_23544223.jpg

[PR]
by puntarellina | 2009-10-06 20:18 | スペインあれこれ

まいにちフランス語

え~っと、前回の記事で「まいにちスペイン語」を完走したって書きましたけど、また同じような感動を味わいたくなってしまい、「まいにちフランス語」を聴くことにしました♪ 

我ながら単純な奴だとは思うのですけど、でも、フランス語始めようかな~どうしようかな~と迷われている方、騙されたと思って清岡先生の「まいにちフランス語」聴いてみてください(ストリーミングではまだ初回から聴けますよ)。私、最初の数十秒でもう虜になってしまいました(笑)。

福嶌先生の「まいにちスペイン語」(生きた会話塾)が終わってしまい、とっても寂しく思っていたのですが、清岡先生という方がいらしたとは! めちゃくちゃ楽しいです☆

もうこうなると、私はスペイン語やフランス語が学びたいのか、言語はなんでもいいから笑える講座が聴きたいのか、どっちだかわからなくなりそうですが、でも楽しいのだからそれでよしとします(笑)

イタリア語を必死に学んでいたときは、イタリア語も中途半端なのに他の言語まで覚える余裕はないと思っていたのですが、スペイン語を勉強し始めたことで考えが変わったんです。

「新しい言語を学ぶと世界が広がって楽しい!!」

のです。

フランス語は今まで敬遠していました。音がなんだか好きになれないし、なによりフランス映画が私にはつまらない。もちろんフランス映画でも大好きな作品もあるし、好んで観に行くこともあります。でも7割がた寝てしまうんですよね^^;
映画は私にとって大切な学習ツールでもあるので、学習言語の映画に興味が持てないと勉強する意欲が半減してしまうのです。

でも、幸い今の仕事でも時々フランス語に触れる機会もあるので、勉強を始めるにはタイミングもよいと思ったのです。

そんな折に、清岡先生の講座。

清岡先生は、ちょっとおすましした感じに思えていたフランス語をいきなり親しみやすい言語にしてくれました。理想的な滑り出し。新しい楽しみができて嬉しいです♪ 
[PR]
by puntarellina | 2009-10-06 09:18 | フランス語

NHKラジオ講座

福嶌先生の「まいにちスペイン語」、一週間遅れのストリーミングにて完走しました。

ラジオ講座を1日もかかさずに聴き続けることができたのは、ひとえに福嶌先生のお陰です。大きな声では言えませんが、実は生まれて初めてなんですよ、ラジオ講座の完走。

6ヶ月間続けられたというのは、大きな自信につながります。おまけに、私が聴き続けたのは、「まいにち~」だけではないんですよ。「アンコールスペイン語」の入門、応用編共に完走しました。
パチパチパチ~058.gif

とはいえ、「アンコール~」の方はタイマー録音で聴いていたのですが、なぜか録音状態が悪くほとんど内容が聞こえない日があったり、なぜかうっかり録音したのを消してしまったり(録音が溜まり過ぎて聴くのが嫌になって消してしまったってわけではないですよ、念のため037.gif)ってこともあったので、応用編の場合は52講座のうち、聴いたのはおそらく45くらい。それに入門編は5か月くらいはテキストなしでアイロンがけや買い物をするときに聞き流しているだけ、というかなり態度のでかい新米リスナーだったわけですけど、それでも6ヶ月続けられたという達成感があります。

余談ですが、応用編は接続法(イタ語でもスペ語でも文法項目では最後に学ぶのが普通)だったんですよ。で、4月から聴いてたってことは、つまり現在形がなんとかわかる程度で接続法の講座も聴き始めたわけですから、活用形を暗記する気なんてさらさらなかったのです。現在形さえ怪しいのにましてや接続法なんて・・って思ってたので。

で、最近になって過去未来形の活用を暗記し(たはず、多分)、あと残りは接続法ってことになったので漸く本気で接続法を勉強しようと思い始めたのでが、折よく講座の1巡目が終わり再度振り出しに戻ったので、今期こそは接続法マスターを目標に真剣に聴きます。

ともあれたった半年聴き続けただけでこの満足感。

しかも、テキスト代だけでこんなに素晴らしい講師の方に教えていただけるなんて、な~んて素晴らしいの!!!

と感動し、この喜びを分かち合おうと思って夫にも言ったんです。

そうしたら、

「なんでそれを中学校の時に気付かなかったんだろうね~~」

だって。んもぅ015.gif
[PR]
by puntarellina | 2009-10-01 16:00 | スペイン語

イタリア映画「Baarìa」

もうすぐ東京国際映画祭が開催されますが、今年のイタリア映画はジュセッペ・トルナトーレ監督の「Baarìa」と、ヴァレリオ・ミエリ監督の「Dieci Inverni」の2本のようです。この映画祭で上映されるイタリア映画は話題作が多いのでかかさず観るようにしています。実際去年の「Gomorra」(リンク先はyoutubeです)や「Pranzo di ferragosto」、一昨年の「Mio fratello e figlio unico」もショッキングだったり、楽しかったり、素敵だったりと、いずれも印象に残る映画でした。

ところでトルナトーレの映画は数年前にイタリアで「La sconociuta」(「題名のない子守唄」)を観て以来ですが、新作も楽しみです♪ 

とはいうものの、去年はのんびりしていて気が付いたら「Gomorra」のチケットが完売。あせりまくってあちこち探しまわり漸くゲットして観に行ったので、今年は早めにチケットを購入しなくてはと思っています。


[PR]
by puntarellina | 2009-10-01 11:05 | イタリアあれこれ