<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

話すことは、唯一人間だけが与えられた能力である。
私たち人間は、言葉によって感情、思想等全てを表現できる。

また、話すことは悪魔祓い(ストレスの発散、自己の悩みからの開放)でもある。
フロイトは、人間は話すことで精神的な悩みから開放されうるとして、「お話し療法」をあみ出した。


・・・以上は、久しぶりに行ったイタリア語のプライベートレッスン中、先生のLが言ったこと。

日本人は想いが深いほど敢えて言葉にしないこともある、と私が述べたことに対するLの意見なのです。

素晴らしい。

普段の何気ない会話の中にも、突如として哲学的だったり心理学者のようなことを言うイタリア人はけっこう多いのですが、なかでもLは言葉に対する感性が鋭く(だからこそイタリア語教師としても一流なのです)、彼から紡ぎだされる含蓄に富んだ言葉にはいつも圧倒されてしまいます。

思わず、「ブラーヴォ!」と言った私ですが、日本人の中では相当なお喋り好きの部類に入る私(イタリア人の中に入れば多分普通かな)としては嬉しいのですよ、Lの意見。
だって、無駄なお喋りもそれなりに意味があるってことじゃないですか。

Lがいうには、パソコンが壊れたっていうようなことでさえもイタリア人だったら1週間は話題にしてるっていうのです。

一方日本人の多くは、いつまでも文句言い続けたってどうしようもないんだから早く解決法を考えようというでしょう。その方が建設的であり合理的です。いつまでも愚痴をいうのは、ネガティブなことだし時間の無駄なのです。

でも、愚痴をいうことが一種の悪魔祓い(!?)であり、自己の悩みからの開放、つまりフロイトのいうお話し療法の一環であるのなら、いえいえ、さらに言えば、唯一人間だけが与えられた能力であるのなら、とても意味のあることに思えるではありませんか(笑)。

イタリア人のとりとめのないお喋りも、まさか全員がフロイトを意識してそうしてるわけではないだろうけど(ありえないし!)、単なる時間のロスではなかったのですね(笑)。

イタリア語の勉強だけじゃなくためになるお話も聞けて、実り多きレッスンでした053.gif

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・印象に残った表現・・・・・・・・・・・・・

trasformare tutto in parole
全てを言葉で表現する

esorcizzare con parole
言葉によって悪魔祓いをする
(話すことで自己を悩みから解放する)

captare
=intendere per intuito
(思想などを)つかむ
[PR]
by puntarellina | 2008-11-30 14:26 | イタリア語

PICASSO展

f0154218_11515742.jpg


姉と一緒にPICASSO展に行ってきました。2館での開催ということで、なかなか体力のいる美術展でしたが、すばらしかったです~。


ピカソの絵で私が好きなのは、バルセロナ美術館に展示されている、彼がパリに行く前、つまり幼少時代から20才前後迄に描いた具象画です。
キュビズムはあんまりわからないので、今回はどうしようかな~と思っていました。キュビズム中心の美術展というイメージがあったので。姉が来なかったら観にいかなかったかもしれません。


そんな、全く期待せずにお付き合いで行った美術展でしたが、本当に行ってよかった!

素描ありキュビズムあり、同じ作家がこれだけ作風の違う絵を描けるとは、それゆえ天才なんですね。

f0154218_11565686.jpg




それからキュビズムの絵は、近くで見るのと、遠くで見るときに全く違って見えるんですね。色使いもとっても美しいです。

f0154218_11345788.jpg



今回のPICASSO展は

「本展は、パリの国立ピカソ美術館の改装によって実現した世界巡回展の一環で、東京・六本木にかつてない規模の作品が集結する大回顧展です」(HPより)

とのこと。ご興味のあるでまだいらしてない方、来月14日までの開催ですので、ぜひこの機会にいらしてみてください。

f0154218_11541924.jpg


f0154218_1158393.jpg


*写真はPICASSO展で購入したポストカードを撮ったものです。加工しているのでもちろん色合いもイメージも実物とは違う部分もありますが、雰囲気だけおすそ分け。ぜひ本物をご覧くださいね。
[PR]
by puntarellina | 2008-11-23 11:35 | 好きなこといろいろ

月刊Snoopy

むか~し定期購読していた月刊SNOOPYを先日実家に帰った際に見つけ、懐かしくて一冊だけ持ち帰ってきました。

私はピーナツ派なので、ロサンゼルスを旅行した際も、ディズニーランドではなく迷わずナッツベリーファームに行ったほど。最近はさすがにスヌーピーはじめとするピーナツもののペンやノートを持つことはなくなりましたが、実は先日来年用の手帳を探しに行った際、スヌーピーの手帳がかわいくてを思わず手にとってしまいました。結局は買いませんでしたけど・・

月間SNOOPYには英語の記載もあるので、英語学習に役立てます。
f0154218_1330854.jpg

[PR]
by puntarellina | 2008-11-18 18:07 | 好きなこといろいろ

アメリカTV・ラジオ

今日は家の修繕があり在宅していないといけなかったのですが、だからといって集中して勉強できる環境ではなかったので、ずっとネットでアメリカのラジオを聴いたりTVを観たりしていました。

ちなみにラジオはここCBSからNY局のニュースを、またTVは→こちらを。

刻々とオバマ氏の勝利が確実になりつつある頃だったので、アメリカの熱気が伝わってきてかなりエキサイティングでした。これでマケイン氏が優勢だったりなんかしたら絶対ラジオもTVもつけなかったと思うのですけれどね。語学学習とはいえ、興味があるからこそ観たり聴いたりできるんですよね。

この間ブロードウェイ・ブロードウェイを観て、久しぶりに英語ってかっこいいな~と思えたので、その勢いで勉強に励みます。

「話す」、「聴く」、「読む」、「書く」スキル向上のための学習バランスですが、現在の学習は、英会話のテキストとビジネス用メール文例をひたすら音読しているだけなので、仮に音読が「話す」に役立つとすると、あとは「聴く」、「読む」、「書く」が足りないんですよね。「聴く」は今日のようにできるだけラジオを聴くとして、「書く」はどうしよう・・・日記を書くか、音読したメール文例を暗記してテキストなしで書けるようにするか・・・、「読むは」寝る前の読書を英語の本にするかな~。

私の勉強は質より量なので(・・・ってそれがいいことだと思ってるわけではないんですけどね^^;)、せめて量だけはこなさないと。
[PR]
by puntarellina | 2008-11-05 18:09 | 英語