<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Supplica a mia madre

暑い夏には、パゾリーニを想い出します。

というのも、私の思考回路は

暑い夏→ナンニ・モレッティの映画「親愛なる日記」第1話で映し出された8月のローマ~パゾリーニ遺体発見現場を映すラストシーン

となってるからです。

以下、昨日に引き続き「ペッピーノの百歩」の中から、パゾリーニの一篇の詩。

Supplica a mia madre

-Pier Paolo Pasolini

È difficile dire con parole di figlio
Ciò a cui nel cuore ben poco assomiglio.

Tu sei la sola al mondo che sa, del mio cuore,
ciò che è stato sempre, prima d'ogni altro amore.

Per questo devo dirti ciò ch'è orrendo conoscere:
è dentro la tua grazia che nasce la mia angoscia.

Sei insostituibile. Per questo è dannata
alla solitudine la vita che mi hai data.

E non voglio esser solo. Ho un'infinita fame
d'amore, dell'amore di corpi senza anima.

Perché l'anima è in te, sei tu, ma tu
sei mia madre e il mio amore è la mia schiavitù:

ho passato l'infanzia schiavo di questo senso
alto, irrimediabile, di un impegno immenso.

Era l'unico modo per sentire la vita,
l'unica tinta, l'unica forma, ora è finita.

Sopravviviamo ed è la confusione
di una vita rinata fuori dalla ragione.

Ti supplico, ah, ti supplico: non voler morire.
Sono qui, solo, con te, in un futuro aprile...



母への願い

ピエル・パオロ・パゾリーニ  四方田犬彦訳

息子の言葉で言うのは難しいのです
心の中で少しも似てこない。

あなたは世界でただひとり ぼくの心をいつも
わかってくれる 他のどんな愛にも先んじて。

だからいわなくては 知るのは怖いでしょうが
あなたの優しさの裏で ぼくの苦しみが生まれる。

掛け替えのないあなただから、
授かった僕の命は 孤独の罰を受ける。

ひとりでなどいたくない。ぼくの底なしの飢え、
愛、それも魂をともなわない、肉体だけの愛。

だって魂はあなたのなかに、いや、すでにあなただから。
でも、母さん、あなたの愛はぼくを奴隷にする。

僕は奴隷の子供時代を過ごした
数え切れない約束、とりかえしのつかない躾、

それが人生を知る、ただ一つの方法でした。
たった一つの色、たった一つの形。でも、もうお終いです。

お互いに生き延びましょう。理由などいいから
人生をやり直し、迷いに迷いを重ねて。

お願いですから、お願いだから、死ぬだなんて言わないで。
ぼくはちゃんとここにいます、あなたの側に、来年の四月には、きっと・・・。


詩集「薔薇の形をしたポエジー」所収

-以上邦訳は「パゾリーニ・ルネサンス」(とっても便利出版社)より引用


映画では主役のペッピーノ(今回は大人になったペッピーノ)がお母さんと朗読するシーンが印象的でした。


パゾリーニによる朗読(映像はマンマ・ローマとパゾリーニ)も見つけました。夢中で聞き入ってしまいました。

[PR]
by puntarellina | 2008-07-26 11:16 | イタリア語

L'infinito

「ペッピーノの百歩」というイタリア映画があります。監督は「輝ける青春」(過去記事)のマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ。この映画の中で印象的なシーンは数々ありますが、そのなかでも詩を朗読するシーンが私は好きです。誰の詩だろうといろいろ検索していたら、レオパルディのとても有名な詩だったことを知りました。邦題は「無窮」もしくは「無限」です。


L'infinito                            Giacomo Leopardi  

Sempre caro mi fu quest'ermo colle,
e questa siepe, che da tanta parte
dell'ultimo orizzonte il guardo esclude.
Ma sedendo e mirando, interminati
spazi di là da quella, e sovrumani
silenzi, e profondissima quiete
io nel pensier mi fingo; ove per poco
il cor non si spaura. E come il vento
odo stormir tra queste piante, io quello
infinito silenzio a questa voce
vo comparando: e mi sovvien l'eterno,
e le morte stagioni, e la presente
e viva, e il suon di lei. Così tra questa
immensità s'annega il pensier mio:
e il naufragar m'è dolce in questo mare.



邦訳はこちらをリンクさせてもらいました


映画でのシーン。子供時代のペッピーノが朗読しています。


他に「ペッピーノの百歩」で印象的なシーンといえば、↓なのですが、2001年のドナテッロ賞では、作品紹介の度にこのシーンが映し出されていました。


イタリアではロングラン上映でした。ご興味のある方はTSU○AYAでレンタルしてみてくださいね♪

f0154218_1249382.jpg

[PR]
by puntarellina | 2008-07-25 13:54 | イタリア語

Carmen Consoli

今まで何度かブログにも登場させているのですけど、Carmen Consoliは私の大~好きなイタリアのシンガーソングライター♪

イタリアオペラは好きだけれどイタリアンポップスは全然興味のなかった私にカルメンを最初に教えてくれたのがロベルト。ちょうど私がイタリアに住んでいた2001年のドナテッロ賞に、カルメンの曲が主題歌になっている映画「L'ultimo bacio」がノミネートされていたので、彼女は表彰式にゲストとして招かれその主題歌を歌ったのですけど、彼女のあまりの存在感に目が釘づけになったのを覚えています。

こちら が彼女のヒット曲の一つ「L'ultimo bacio」(映画と同じタイトルの曲なんです)のビデオクリップです。登場人物がそのまんま出ていて、映画のシーンにカルメンが入り込んだような設定になってます(この映画に関しては過去記事でも触れていますので、話題が少々ダブっています^^;)

こちら は、カルメンファンで嫌いな人はいないんじゃないかってくらい人気のある「amore di plastica」。コンサートではみんなで口ずさむので、知らないとつまらないんです。ええ、もちろん私も歌えますよ001.gif

最近の大ヒットは間違いなくこれですよね(こちらもSaturno controを書いたときにご紹介しているので繰り返しになりますが・・・)。フランス語みたいですけど、曲調と言葉の響きがマッチしてる感じ。

そしてfiori d'arancioは新郎に結婚式をすっぽかされた花嫁のお話。ビデオクリップはカルメンが自ら花嫁を演じているのですけど、彼女はときどきはっとするほど魅力的なんですよね。かと思うとブスに見えることもあるし・・・でもそこが魅力なのかも。

f0154218_15215084.jpg

↑はコンサートのチケットです。カルメンのコンサートには2度行ってますが、↑の時は、ロベルトとルカと3人で行き、最後にロベルトが「amore di plastica歌わなかった~」と残念がってました。一緒に口ずさみたかったのよね~。
[PR]
by puntarellina | 2008-07-24 15:28 | イタリアあれこれ

祝 合格!

先日受けた英検2次試験、合格していました~053.gif

33点満点で19点が合格基準点。私の得点は24点でした。

期待していなかっただけに、嬉しいです♪

でも得点の詳細を見ると、なかなか手放しで喜んでばかりもいられず、今後の課題もより明確になってきました。以下自分なりの反省点や感想、今後の方針など。

我ながらよくできたな~と密かに自画自賛していたリーディングは5点中3点  _| ̄|○
発音やリズムなどに問題あったんでしょうね~。いつもより上手く読めたと思ったんだけどな~。
今後の対策としては、発音の本を買って基礎からやり直す。そしてテキストのCDをよく聴いて音読。もしくはシャドーイングの本で勉強。

Q&Aは、25点中20点で思ったよりよかったので、私はここで点を稼いだんですよね、きっと。感想としては、自分なりの意見をしっかりと持って伝える努力をすれば、文法がめちゃくちゃでも得点できるんだな~と。Q&Aで唯一頑張ったと思えたことが、とにかく沈黙にならずに喋り続けたことだったのですが、かなりのでたらめ英語だったと思うので、よくぞ20点くれたな~と思いました。

そして、アティチュードはなんと3点中1点・・・orz
でも原因は明らかです。まずしょっぱなにしでかして試験官を慌てさせたミス。そして試験が終わって立ち上がってからお別れの挨拶をされ絶句してしまったこと、等を考えると当然の得点だったかも。準一級を受けるときまでには、アティチュードで最高点をもらえるように研究しなくてはと思います。
[PR]
by puntarellina | 2008-07-22 23:05 | 英語

英検二次試験

先週の日曜日は英検の二次試験でした。

以前に二次試験会場はアクセスも悪いし、おまけに英語喋れないから行くのやめようか・・・と書いたところ、励ましのコメントをいただき、

そうだ!次回の対策を練るためにも、一度試してこよう!

といきなりポジティブ思考になり(笑)、お弁当持参で行ってきました060.gif

さて、肝心の試験ですが、まずは面接室に入ってすぐに失敗をやらかし面接官を慌てさせたり(どんな失敗だったかはばかばかしすぎて言えません028.gif)、質問を聞き直したり、文法めちゃくちゃだったり、最後に「have a good day」って言われて即座に返事ができなかったり(面接が終わり立ち上がったときだったので、頭の回転が既に停止していたのですよ042.gif)・・・・・

ともあれ終わったときはその場に座り込みたいくらいぐったりでした~疲労度からいったらTOEICなんかの方がありそうなものなのに、緊張の度合いが違ったのでしょうかね~。

受験後の感想としては、私の今後の英語学習の課題はスピーキングである、ということです。

でも、受験して本当によかったです。実際受けてみてわかったことっていっぱいあるし、自分が何に強くて何に弱いのかもわかったので、今回がだめでも次回の対策はバッチリ!になるはず(希望的観測)。

f0154218_11521848.jpg


↑は二次試験の受付で手渡された受験者証。受験者は首からこれを提げるのですが、携帯を持ってる人は電源を切っってこの袋に入れて封をしないといけないんです。英検初体験の私には何もかもが珍しく、この袋も記念に持ち帰った次第012.gif
[PR]
by puntarellina | 2008-07-16 11:48 | 英語

Samuele Bersani

数日前友達のルカに教えてもらったのは、Samuele Bersaniの歌うGiudizi Universaliという曲。

歌そのものよりも伴奏のピアノの旋律がいいな~と思いました。

ご興味のあるかたはこちらをお聴きくださいね^^。
[PR]
by puntarellina | 2008-07-12 18:12 | イタリアあれこれ

BBC7

メールを書いたりネットサーフィンをしている最中にBGMとして聴けるラジオ局はないかな~とずっとさがしていたのですが、BBC7を見つけ、時々聴いています。

こちら

プログラムはドラマやコメディが多いみたいですね~。

イギリス英語を聴いていると私は必ず、ツイードのジャケットにニッカーボッカをはいたチャールズ皇太子があの特徴的な鼻にかかったような声で話す様子を想像してしまい(本当に鼻にかかっているのかはわからいけど・・・)、イメージ的にはいまいちって思ってしまうのですが(スノビッシュなのは嫌いだ!)、アメリカ文化にさほどの興味はないし、実際BBC7を聴いてみると、子供向けの番組等からはチャールズ皇太子を想像させるような話し声は聴こえてこないうえ、デジタル放送対応ということでかなり聴きやすいのです。内容を理解できるわけではないけど、英語のシャワーをいっぱい浴びて音に慣れないとね。

他に面白そうなラジオ局があったら教えてくださいね♪
[PR]
by puntarellina | 2008-07-12 15:21 | 英語

英検2級

6月に受験した英検2級一次試験の結果が届きました。

75点満点で44点以上が合格。私の得点は63点でした。

リスニングがもう少しどうにかならなかったのかしら・・・との反省はありますが、まあしょうがないですね。来週2次試験があるのですが、ほんとに喋れないので多分今回は落ちちゃうかもしれません。というか、2次試験の会場、アクセスがとっても悪いのでかなり行く気をなくしています(気分が乗らなかったらほんとうに行かないかも028.gif)。

先日一次試験で行った場所も、それほど遠くないと思っていたら乗り換えた線の電車の本数が少なくて、30分でつくはずが1時間もかかってしまったんですよ。なのに、2次試験の会場は、その駅からさらにスクールバスに乗らなきゃいけないんです。現地についてからお昼も食べたいから、2時間前には出ないとだめかな~って思うとうんざりです。

それに2次に落ちた場合でも、たしか1年間は1次免除だったと思うんですよね。その間にスピーキング力をつければいいのかな~って思うとなかなかやる気がおきません。

ところで、最近の私は緊張の糸がぷつんと切れてしまったみたいにやる気がなくなっています。TOEICの点が自分の目標値を超えたことで一気に気が緩んでしまったのです。この数ヶ月間、自覚はしていなかったのですが、相当なプレッシャーを自分自身にかけていたんだなーと思います。で、予感としては、このだら~んとした怠惰な生活はいましばらく続くと思われます(私は気分屋なので、やる気が起きないとまったく勉強しないし、やる気がいつ出るかなんてことも予測不能なんです)。

・・・ということで、当分充電期間ということにして、大好きな映画館通いでもしようかな~と思ってます056.gif
[PR]
by puntarellina | 2008-07-05 09:22 | 英語