カテゴリ:イタリアあれこれ( 109 )

ディスカッション

某予備校の分科会に参加しました。

あるテーマにそって意見を述べ合うというものです。

日本語での話し合いでしたがとても中身の濃い2時間でした042.gif

私以外はすべて英語の方だったのですが、2月の某団体主催のガイド研修でも思ったことは、英語の方はよく勉強しているし、かつよくトレーニングしているということ。

つまり、英語の場合は半年などの長期に渡って通学する試験対策予備校もあるので、そこでしっかり勉強しているんです。それがノートの取り方や、論理的な意見発表に繋がっていると思います。

そういう中にはいると、自分の詰めの甘さがよ~くわかります012.gif

今日の参加者の中ではディベートのクラスに参加されている方もいらして、その方は話の切り出し方も違うし、意見を述べるタイミングも絶妙。けっして話の腰を折ることなく、そして割って入るでもなく、他の人が話し終えた瞬間にするりと入り込むタイミングは見習いたいものです。

とはいえ頑張って私も発言してきました。終了後脳細胞がギシギシ言ってましたけどね。でも、つくづく思ったこと、ガイドは基本的にみんなお喋り037.gif

そういえば嬉しかったことがありました。

ある方が終了後私のところまでやってきて、2月の研修に参加してなかったかと聞いてきたのです。その時の講師の方の名前を言い合ったら、なんと同じバスで5日間研修を共にした仲間だったということが判明。そして研修で知り合った共通の友達がいることも判明。

こういう出会いは特別な縁を感じます。共通の友人がいるということもあってなおさら。

ところで、彼女がいうには、2月の研修仲間のうちでお付き合いがあるのはその共通の友人一人だそうなのです。彼女は英語なのですが、それを聞いて、ヨーロッパ言語はもともとの人数が少ないからか結束が随分固くて、その仲間に入れてもらってる私は本当にラッキーだったんだなあと思いました。

今思うに、2月の研修は私にとってガイドの仕事の研修というより仲間づくりのためのものだったのではと思います。これからも研修や仕事をしていれば、いつかまた他の研修同期にも出会いそうです。

さて、来月のディスカッションは2度あるようです。テーマは既に与えられているので頑張って準備してイタリア語でも作文書けたらいいな~と思っています。

新しい人との出会いもあったし、そしてモチベーションアップにも繋がったし、とてもよい一日でした。
[PR]
by puntarellina | 2011-08-20 10:10 | イタリアあれこれ

東京タワー

f0154218_1328465.jpg


先日行ってきた東京タワー。エッフェル塔の真似だとかいろいろ言われるけれど、美しいですよね~069.gif

明日は去年お世話になった予備校で、分科会に参加することになっています。

誘われたのはかれこれ2週間前なのに、参加の意向を伝えたのは今日。

で、詳細をきいて思わずビビってしまいました042.gif

あらかじめ決められたテーマについて2時間近く日本語で話し合った後、まとめを専門の言語で一人一人話すんですって。

あ~あ、2週間前に問い合わせておけば、準備ができたのにな~

・・・・な~んて、私のことだから、結局は一夜漬けになってたのでしょうね~。

ともあれ、今日はそれを聞いて慌てて図書館に行き関連本を借りて、その後カフェ勉。

で、突然話は飛ぶけど、カフェ勉したところのコーヒーゼリーとってもおいしいのです。
ほら、ソフトクリームが乗ってるの037.gif
でも、今日は席まで持ってく間にこんなに溶けちゃった。びっくり005.gif

f0154218_22283229.jpg


因みに明日の分科会のテーマはこんな感じ↓

f0154218_2226932.jpg


今日は1時間半ほどしか勉強できなかったので、明朝もし早く目覚めたらそのまま起きてお勉強の続きをしようと思います。

土曜日も研修がてらのランチなんです。でもまだまだ足りない042.gif

フィットネス&サルサ&ガイド研修&語学

仕事のことを考えると、それぞれにかける時間のバランスをもう少し考えないとだめかなと思いつつ、自分にとって大切なものがこれだけあるってある意味とっても幸せだな~とも思うのです016.gif
[PR]
by puntarellina | 2011-08-18 22:33 | イタリアあれこれ

トリノからの贈り物

先日ボランティアでガイディングしたsignoraから小包が届きました。

彼女が別れ際、トリノに戻ったら、イタリアの物をなにか貴女に送ってあげるわねって言ってたけれど、全く期待なんてしていなかったんです。もちろんしていただく理由もなかったし・・・

なので、本当に驚きました。あんなにクオリティの低いガイディングだったのに。

しかも、私、実は残り数日間のガイディングを断ってしまい、彼女を一人ぼっちにしてしまったんです。

微熱があって、翌週実家に帰る予定だった私は、被災地にある実家で風邪が悪化してしまうことを恐れ、ガイディングより病院に行くことを優先したんです。

彼女に悪いなとは思ったのだけれど、直前の依頼で具体的なプランは全くきまってなかったし、ボランティアだから断ってもよいはずと。

できが悪いなりにベストを尽くしたのなら、プレゼントが届いたことを純粋に喜べたでしょう。

でも、私は、小包の差出人が彼女だったことを知り私を想い出してくれたことへの感謝の気持ちでいっぱいになる一方で、後悔と後ろめたさでとても切なくなりました。

そして、包みを破いてプレゼントを見た時は思わず胸がギュッと締め付けられました。

映画博物館の本が入っていたのです。

私がトリノにある映画博物館に行きたいって言ってたのを覚えてくれてたんです。

私の体調がもっとよくて、もっと彼女と一緒にいてあげられていたら・・・・
私のイタリア語力がもっとあって、彼女をもっと上手にガイディングしてあげられていたら・・・
私がもっとできた人間で、彼女に対してもっと親切にしてあげられていたら・・・・

私は、彼女に対して全然思い入れがなかったんです。

ボランティアでも、経費は出してもらっている以上、当然ながら相手の歩調に合わせ、相手の意のままに動く必要があります。

体調の悪かった私は、疲れたなぁとか、休みたいなぁとか、喉が痛くて喋るの辛いなあとか、ネガティブなことばかり考えていたのです。

でも、彼女にとっては私がおそらく日本で唯一のガイドだったわけで・・・

彼女は息子さんが日本で仕事をしているので、きっともう一度来日して下さるはず。

その時は是非再会し、彼女の滞在がより楽しいものになるようお手伝いをさせていただけますように・・・・と今は願うばかりです。

f0154218_11571258.jpg

[PR]
by puntarellina | 2011-07-15 11:57 | イタリアあれこれ

イタリア映画祭 2

4日はイタリア映画祭に行きました。3本観賞・・・・っていうか、実は全作品で寝ちゃった015.gif 意識を失うこと数十回・・・
前日、前々日のフィットネス&サルサの疲れかしら、やっぱり・・・

鑑賞したのはこの3本

「もう一度キスを」
f0154218_755379.jpg


主役のキャストが変わったのはかなり痛かった。ジョバンナ・メッツォジョルノが出てない続編なんて。

ステファノ・アッコルシがあんまり素敵じゃなくなってて、クラウディオ・サンタマリアもいまいち素敵じゃなくて(野良犬たちの掟ではホントに素敵なのに)、ジョルジョ・パゾッティもあれ?って感じで、ピエールフランチェスコ・ファヴィーノの演技力だけが光ってて・・・

まあ、あれから本当に10年経ちました。役者もみんな変わりました、って感じ。みんな面白かったって言ってたけど、私は1作目がセンセーショナルだっただけに、なんだか期待外れ。女性陣に魅力を全く感じなかったことも、いまいち気にいらなかった大きな理由かなと。


「穏やかな暮らし」
f0154218_7563077.jpg

これ、私、一番好きだったかも・・・っていうか、一番起きてられた映画なの012.gif
トニ・セルヴィッロが素晴らしかった。彼が演じたからこそのこれだけよい作品に仕上がっているのだと思います。


「はじめての大切なもの」
f0154218_7573339.jpg

この映画は、ほんと残念でした。なにがって、もう3本目で身も心もくたくただったのよね。みんなの笑い声で目が覚めること数十回・・・054.gif 
毎年1本だけお付き合いしてくれる友人をこの映画に誘ったのだけど、彼女がとっても気に入ってくれたので、今回はそれでよしとしようかな。私はもう一度見たいと思います056.gif

夢の中で始まり夢の中で終わってしまった今年の映画祭、あ~あ。
でも、それでもやっぱり来て良かったし、なによりも、今年も沢山友達に会えて、とっても嬉しかったのです。この日も朝から夕方まで4人のお友達と会ってお喋り。私、なぜか映画が終わってお喋りタイムになると元気がでるのよね037.gif

お付き合いいただいた皆さま、本当に楽しかったです。ありがとうございました。
また来年もこうしてお会いできると良いですね。

f0154218_8284018.jpg


さて来年の目標は、鑑賞中に寝ないこと・・・かな?012.gif

f0154218_8275422.jpg

[PR]
by puntarellina | 2011-05-06 08:15 | イタリアあれこれ

イタリア映画祭

昨日はイタリア映画祭に行ってきました♪

鑑賞した作品は3本。

「星の子供たち」
f0154218_0203341.jpg


「ラ・パッショーネ」
f0154218_020525.jpg


「ロバの美」
f0154218_0211329.jpg



朝からイタリア語のお友達とそのお友達と4人で鑑賞。映画も楽しみだけれど、上映の合間のお喋りも同じくらい(というか映画よりも??^^♪)楽しかった。夕方に別のお友達も合流してさらにお喋りが盛り上がりました。

さて、肝心の映画ですが・・・・・私、相当疲れていたと思います。気を失った瞬間は数知れず。2本目のラ・パッショーネも、あれだけ楽しんだにもかかわらず、多分一瞬寝てしまった・・・ってこと数回012.gif でも、自分で言うのもなんだけど、あれだけ眠くてよく3本観れたなと、自分を褒めてあげたいくらい。特に3本目を耐え抜いたのは偉かった006.gif

ラ・パッショーネが断トツで面白かったです。笑いのつぼが一緒だったの。これは一般公開してほしいなあと思います。

で、終わりの方で、ン十年前に歌って以来(といってもソロパートじゃないですから)大好きな曲、しかもひと頃、なんて曲だったかしらと探していて見つからずそのまま忘れていた曲が流れたんです。それだけでも感激でした。最後のクレジットで曲名をしっかりチェックしてさっそくyoutubeで探しました。

モーツァルトのラウダーテ・ドミヌムでした。そう言われてみればそうだった。

いくつか動画を見ましたが、私は下のこの動画がとっても好きです。今日一日で何度聴いたかしら。ボーイソプラノの透明感がこの曲にはぴったり。聴くたび心が洗われるの053.gif 名曲だと思います、って私がいまさらいうことではないけれど037.gif

Laudate Dominum - Mozart (日本語対訳はこちら



Laudate Dominum omnes gentes
laudate eum omnes populi.

Quoniam confirmata est super nos misericordia ejus
et veritas Domini manet in aeternum.

Gloria patri, et Filio, et Spiritui Sancto.
Sicut erat in principio, et nunc, et semper,
et in saecula saeculorum. Amen.
[PR]
by puntarellina | 2011-05-01 23:42 | イタリアあれこれ

Teresa Mannino

Facebookにルカが載せていたので見てみたら、とっても可笑しいの041.gif

シチリア出身のテレーザ・マンニーノ。

シチリア人とミラノ人のことを話題にしてます。いくつか理解できない言葉があるけど(走る時に勝つのは誰?固有名詞かしら。なんていってるかわかる方教えてください012.gif)、見るたびゲラゲラ笑っています003.gif 

最初に「秘密を暴露するけど、私シチリアーナなの。」って言った後の、
「ma perche' si sente?」ってとこ、思いっきりシチリアのアクセント003.gif
で、みんな大笑いしてるのです041.gif


[PR]
by puntarellina | 2011-03-10 08:24 | イタリアあれこれ

旅立ちの日

10年前の今日、当時住んでいた名古屋の空港からローマに出発しました。半年間の語学留学が目的でした。

夫が空港まで送ってくれて、最後にじゃあねって言って、背を向けて去っていくのをじっと見つめていたのを覚えています。絶対振り向く人じゃないってわかっててもなお、姿が見えなくなるまでずっと目で追っていたのです。

留学を決めてからは、仕事のない日は7,8時間は勉強して、その合間に家事と留学準備をして・・・

いくら夫が賛成してくれたとはいえ、目の前で留学準備をするのは気がひけたので、夫がいない間にこそこそとしていました。

そして当時は2人のイタリア語の先生に絞られてたし、実質どっちもプライベートだったから(1つはクラスレッスンだったんだけど他に生徒さんがいなくて私1人だったの)、勉強すればするほど進行が速くなり、で、ますます勉強しないといけないはめに・・・
まるで加速度が増し続ける回し車に乗って降りられなくなったハムスターみたいって思いながら勉強していました。

それでも、留学を最大限に効果的なものにするためにはイタリア語力はあるにこしたことはないと、必死でした。

私がもし受験生で、親に勉強しないとダメって言われて部屋に閉じ込められるなら、私大喜びで閉じ込められるんだけどな~って本気で考えていました。
受験生って家事とか仕事とかしなくていいじゃないですか。勉強だけすればいいなんて、どれだけ楽だろうって思ってたんです。

そんな留学準備期間の一年を過ごし、念願がかなって漸くイタリアに行ける旅立ちの日、喜んでもいいはずだったのに、何故か悲しくて悲しくて、次から次へと涙がこぼれおちてきて、気持ちが落ち着くまでパスポートコントロールに行けなかったことを覚えています。

昨日、そういえばそろそろ10年になるはずと思い、当時の日記を探して読んでみたら、出発の日の想いが切々と書かれてあって、読んでいるうちに辛くなって途中で日記を閉じてしまいました。

でも、夢にまでみたイタリア留学だったんです。

そんな泣きながら出発した私でしたが、夫がローマに来る半年後には、8キロも太って身も心も図太くなっていました037.gif

実際、夫がローマに到着して空港から電車でローマ市内に向かった後、2人で乗ったタクシーの運ちゃんに「そこじゃなくて、もうちょっと先まで行ってくれない?重い荷物もあるんだから!」とイタリア語で指図してる私に夫は本当に驚いたのでした。

当初の予定だった半年の留学は、夫の勧めもあって1年になり、さらに一度帰国後、再び渡伊したので、トータルすると1年半以上の留学(遊学)期間となってしまいました。

夫は、私のイタリア語がそれほど上達しなくてもよかったんです。旅行ができる程度のイタリア語と、おいしいレストランを2,3軒覚えてきてくれればいいなくらいだったのだと思います。

留学をさせてあげる代わりに検定に受かれ、な~んて条件を出すような人ではないの。

でも、私としては、せめてイタ検はクリアしなくてはと思っていました。その道のりはとても長かったけれど、夫への感謝の気持ちはこういう形でしか示せないと思っていたし、またその一方で自分自身を正当化できる唯一の方法でもあったのだと思います。

あの日からもう10年が経ったのかと時の流れの速さに驚いてもいますが、その一方で、この10年の間には、スランプに陥ったり、イタリア語が嫌いになりかけたり、同じ志をもつ仲間ができたり、親友と呼べるイタリア人の友人ができたりと、数え切れないほどの出来事があったことを思うと、やはり10年という月日にはそれなりの重みを感じます。第一、10年前の私には、自分がここまで深くイタリア語と関わることになるなんて想像することさえできていなかったのですから。

イタリア語はもはや私にとってはライフワークですが、さて、これからの10年、イタリア語とどのように付き合っていくことになるのでしょう。

「ひたむきに頑張っていれば自ずと結果はついてくるはず」とは、名古屋で私が通っていたイタリア語学校の先生が、留学を目前にした私にかけてくれた言葉ですが、これからの10年もこの言葉を励みに頑張っていけたらなあと思います。

.:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜

↓の画像は、フィレンツェのメルカートで撮ったもの。
私、Mozzarellaチーズ毎日食べてたら1ヶ月で8キロ太ったの005.gif
だって、当時日本円で7,80円で買えて(水牛のではないけど充分においしいの)、時にはお醤油をかけてお豆腐みたいな感覚でも食べてたんです。

でも、よかったこともあって、それは貧血が解消されたこと。一時帰国の際の人間ドックで、あまりの改善ぶりに医者に驚かれ「本当によく頑張りましたね~。どのような努力をされたんですか???」って聞かれたんだけど、「え~っと、う~っんと、強いてあげればチーズを山ほど食べて、あとは生ハムとか、いっぱいいっぱい食べて・・・」みたいな、わけのわからない回答しかできなかったのでした012.gif
f0154218_11262428.jpg

[PR]
by puntarellina | 2011-01-23 12:00 | イタリアあれこれ

Festa alla siciliana

イタリア~ン・・・というよりシチリア~ンなホームパーティに行ってまいりました。

バイト先で一緒に働いてるイタリア人宅でのフェスタ(パーティ)だったのですけど、まるでイタリア・・・というかシチリアにいるかのような錯覚を起こしてしまいました。

どうしてかっていうと・・・・・

8時からと言われたので、8時20分頃に行ったら、まだ二組しか来ていなかった。
食事の準備ができたのは、さらにその一時間くらいあとだった(ラザーニャ♪)
ブイヤベースができたのは、さらに遅かった(10時半くらい?)
だからデザートは11時過ぎだった。
11時半に私が帰るときに(私が誰よりも先に帰ったの)到着した友人が数名いた。。。等々


037.gif


でも、久々のフェスタで楽しかったです024.gif

知る限りではイタリア人、アルゼンチン人、スペイン人、チリ人と日本人の集まりで、日本語、スペイン語、英語、イタリア語が飛び交っていました。

日本人もほとんどが海外で生活したことのある方たちなのか、フランスのお酒(焼酎のような)の話や、野外で上映される映画の話、南米を放浪した人の話や、スペイン人と日本人の御両親を持つ女性の世界放浪(御両親のお仕事の関係でいろんなところに数年ずつ住んでいたんですって)のお話など様々で、とっても刺激的でした016.gif

お待ちかねのラザーニャ060.gif
f0154218_11423457.jpg


デザート067.gif
f0154218_11424992.jpg


おそらく20人以上いたと思います。座る場所もない感じ。

イタリアにいる時は、大人数のフェスタや、また少人数でのCena(夕食)に招待されることも頻繁にあったけど、それだけみんなの生活(特に時間的に)にゆとりがあるということなんですよね。でもこうして日本でも気楽なフェスタはできるんですね、ってきっと若い子たちは頻繁にしてるのかな。私は日本では夜ほとんど外出しないので、ほんとに久しぶり。

でも食事待つ間にビールとワインを飲み過ぎて(みんなの差し入れでお酒は山ほどあったの)、二日酔いなのよ~068.gif
[PR]
by puntarellina | 2011-01-16 11:55 | イタリアあれこれ

嬉しい無駄足♪

友人から、ある方の取材があるから通訳を兼ねてこないかとのお誘い。

もちろんオフィシャルな仕事のオファーではないのだけど、その「ある方」会いたさで二つ返事でOKし、いそいそと指定された場所に向かいました。

・・・・と、取材に向かう途中の通路で、私の大好きな通訳の方があちらから歩いてくるではありませんか。

私はその方の大ファンで、正直言って「ある方」に会うよりよほど嬉しい。

・・・友人とその方は顔なじみゆえ立ち話を始めました。そのうち私の知っている話題になったので、ついつい2人の会話に私まで割り込み結局3人で立ち話。

・・・暫くの後、「ある方」との待ち合わせに遅れそうになっていることに気付き、友人がその通訳の方にご挨拶して別れようとすると、何故か彼も私達と同じ方向へ。
なんと、彼も取材時の通訳をするよう頼まれているとのこと。

・・・というわけで結局私は通訳もせず、友人が取材し通訳者がお仕事する側で見学させてもらうことに。

どっちみちギャラはでないのだから、こっちの方が気が楽で、しかも暫くの間その大好きな方とご一緒できてとっても嬉しかったのです♪

このところさぼりっぱなしだったイタリア語は、友人から今回のこの通訳の件でメールがあった一昨日の夜以降、ずっとオーディオマガジンを聴きながら時折シャドーイングもしていました。
そして今朝も早めに出かけ友人に会うまではイタリア語漬け。

ただただイタリア語のリズムを叩き込み、なめらかに口から出てくるようにしたかったのです。2日間で8~9時間はイタリア語を聴いていたと思います。

結果的にそのイタリア語を使う機会は今日はなかったのですが、イタリア語学習のモチベーションがかなりアップしました。

そして、いつ依頼がきても良い状態にしておくには、日頃の努力が大切であると痛感。
実践に役立つような学習方法を見つけ、しっかり計画だててすることが今の私には必要なのだと思います。

今週中には学習の見直しをしてみようと思います。ほぼ2ヶ月間勉強に背を向けて逃げ回ってばかりいたけど、今日の出来事は、そろそろイタリア語の勉強に戻りなさいというメッセージだったのかなと思いました。まあでもその前に通訳案内士試験に受かることを考えなくてはね。
[PR]
by puntarellina | 2010-10-24 23:38 | イタリアあれこれ

☆東京国際映画祭☆

TIFFのラインナップ発表になりましたよ!

イタリア映画は「素数たちの孤独」 (ワールドシネマ)と
f0154218_1443390.jpg


「そして、地に平和を」(コンペティション)の2本!
f0154218_14423432.jpg


「素数たちの孤独」(こちら過去記事。trailer貼り付けてます)は、早くて来年の映画祭かと思ってたけど、10月に観られるなんて♪

・・・って、私、確か去年もここで「バーリア」紹介しておいて、チケット買うの出遅れて観られなかったのですよ~^^; 今年はプレリザーブしよう! 
[PR]
by puntarellina | 2010-09-23 14:56 | イタリアあれこれ