カテゴリ:イタリア語( 63 )

dizionario

昨日お友達のおうちで見せてもらった伊和辞典。

f0154218_0131348.jpg


気になってたので、今日近所の小さな本屋さんにダメもとで行ってみたら、売ってた~016.gif

で、思わず購入。

伊和辞典を購入したのは、7,8年ほど前に小学館のプログレッシブを買って以来なので、久々にワクワクしながら紙の辞書を開いています058.gif

字が大きく、例文も理解しやすく、引くだけじゃなく読んでもよさそう。

先日ガイド研修の際に、辞書を読むという話をみんなでしていたところだったので、グッドタイミングなのですよ。

どういう使い方をしようかな。毎日ランダムに開いたページを読むってどうかしら。で、読んだら日付を記入しておく。又、他にもっとよい例文があったら、書き加えちゃうとか・・・

いろいろアレンジして自分なりの辞書を作っていくのもよいかも・・・な~んて、夢は膨らむのだが、果たしてやれるかしら~037.gif

頑張ってみま~す072.gif
[PR]
by puntarellina | 2011-09-03 23:22 | イタリア語

昨日のイタリア語学習はiknow30分、読書1時間。

読書っていっても精読してるわけじゃないので、それを勉強と言っていいものかどうかビミョーですが。

やる気がでな~い。

原因はわかっているのです。差し迫った目標が何もないからなのですよね。まさかイタ検もう一回受けるわけにもいかないし(2度と受からないのではという恐怖感から012.gif)、だからといってcilsのC1受けても、私、イタリアで働かないしなあ・・・・

いっそのことスペイン語で通訳案内士受けてみようかしら、な~んていう思いもふと頭をよぎります。いずれは2言語ガイドを目指したいと思っているので、それなら仕事の少ない今だからこそ頑張っておいた方がいいのかも。

その一方で、イタリア語強化も必要なわけで・・・

ホントに悩みが尽きないです。

1つだけ嬉しい発見は、一年ぶりにiknow(以前はsmartなんとかでしたよね?)を見たら、システム変更があったらしく、自分が作成した問題が非表示になっていたこと。

もちろん他の方が使うこと自体にはなんにも問題はなかったんだけど、時々変なところにアクセントがついててそのまま発音されちゃうんですよ~。で、間違えて覚えちゃった人がいたら気の毒だなと思ってたので、やっぱり自分で作ったものは自分だけこそこそ使うのが、誰にも迷惑がかからずよいと思うのです。

・・・で、自分で作成した問題を数えてみたら1300ちょっとの単語がありました。
これ、けっこう使えるかも。

あ、そういえばラジオ講座の「ニュースを聴こう」と「ビジネス イタリア語会話」の音読もありましたね~。

勉強癖がついていないためふと時間があいても何をしていいものか悩んでいたのだけど、こうなったら日課にすべきことを5つくらい書きだして、時間割作ってしないとだめかもしれませんねー。
[PR]
by puntarellina | 2011-08-27 23:45 | イタリア語

久しぶりに

久しぶりにまともに勉強しました。

といっても音読を1時間程。あとは近所のカフェで読書1時間。最低3時間はイタリア語に触れていたいと思いますが、それが習慣になるまで暫くかかりそうです。

さて、音読は、先日ブログに書いた中学校用の教科書は一日で挫折。読む時のリズムの良しあしってあると思うんですけど、リズムがいまいちでくじけました。選んだ題材がよくなかったのかもしれませんけれど。

で、書棚の中から次の二つの教材をピックアップ。どちらも2005年のNHK語学講座からなんですけど、1つがTV講座で「ニュースを聴こう」というもの。もうひとつはラジオ講座の応用編で「ビジネス イタリア語会話」です。

f0154218_2232863.jpg
f0154218_22322051.jpg


「ニュースを聴こう」は以前にNHK Worldで毎日放送されていたイタリア語ニュースが題材になっています。

因みに現在イタリア語ニュースはなくなりましたが、スペイン語、フランス語などでは放送されています。トピックはすべて日本での出来事ですから、固有名詞も、もちろんほとんどが日本語。

現地のニュースを聴くことに比べればとっつきやすいですし、おぼろげながら何に関しての話題なのかわかるのです。

わからないものをいくら聴いても理解できるわけがないから、スクリプトのあるものを聴く方が良い、と私は常々思ってはいますが、NHKのこの外国語ニュースに関しては、学習言語での放送があるなら、わからなくても聴いてみるとよいのではないかと思います。

因みにHPはこちらです。

もうひとつの教材「ビジネス イタリア語会話」は、「会話」とあるくらいですから、音読には最適だと思います。実際流れもよくてとっても読みやすいのです。


一方、読書ですが、こちらも数冊手にとってはあれこれ悩んだ挙句、やっぱりこれにしました。

f0154218_22552420.jpg


今日30ページまで進んだからなんとかいけるんじゃないかと・・・

がんばりま~す058.gif
[PR]
by puntarellina | 2011-08-11 23:16 | イタリア語

やっぱり音読

先日英語のガイドの方とお話していた際、聞かれて慌てました。

「イタリア語力を保つために普段何をされてますか?」

が~~~ん。

なんにもやってないんですけど・・・・・

思えば2008年以来まともに勉強していなくて、去年のガイド二次試験向けに1ヶ月死に物狂いではしましたが、あれ? それだけ。。。。?015.gif

日本に関するガイドブックの音読、日本的事象300選の音読等々、今年に入ってから試みたものはいくつかあるけれど、今いちモチベーションがねえ。

ということで、決めました。

↓のテキスト、これイタリアの中学校の国語の教科書なんです。

f0154218_22431235.jpg


f0154218_224327100.jpg


これを片っ端から音読していきます。

暑いこともあって思考力ゼロだから、そんな時には頭より口を動かしましょう060.gif
[PR]
by puntarellina | 2011-08-09 22:44 | イタリア語

Il giorno in piu' 読了

f0154218_22492077.jpg

読み終えるまで一ヶ月かかりました~^^;

忙しいことは理由にはなりませんね~。

でも、昨日カフェに行って最後の20ページを読んで1年半ぶりにイタリア語で一冊本を読み上げた時は、やった~っ!って感じでした。久々だったものね。

この本はストーリーに入り込みやすくとても読みやすかったです。

私は主人公が回想する場面は、正直言ってそれほど必然性があるようにも思えず、感情移入することはできませんでしたが、物語の舞台が変わった直後、そして最後の数ページは、ストーリーにぐいぐい引き込まれました。

さて、次はどうしよう・・・と悩んだ末、なぜかペルー人作家イサベル・アジェンデのD'amore e l'ombra(愛と影から)に手が伸び、この本を携えてカフェへ。

f0154218_22501997.jpg


ま、いいんだけどさ、どうしてこんなに字が小さいわけ????015.gif  読んでも読んでも1ページが終わらないのよ~(涙)
早くもくじけそう・・・・

だめだったら、これ読もうかな。
しばし考え中~

f0154218_22573758.jpg

[PR]
by puntarellina | 2011-07-29 23:00 | イタリア語

☆今年の目標☆

ここ数年、年始に1年の目標を決めていたのだけど、今年は例年とは事情が違い決められずにだらだらと半年過ごしてしまいました。というのも、お正月の時点ではガイド試験の合否がわからず、結果次第で今年の学習方針を決めようと思ってたのです。

で、2月上旬に合格がわかって、研修に参加したところまではよかったのだけど、その直後にあの地震。もう一時はモチベーションも下がり、なにもする気がなくなっちゃって・・・・

でもでも、今年も半年が過ぎ、残るはあと6カ月ですよ~。

というわけで、イタリア語の今後半年の目標を立ててみました。

1.イタリア語で読書(5冊)
2.イタリア語単語2000
3.イタリア語でのブログ開設。

読書は、先日読み始めたIl giorno in piu'は現在95ページ。
電車とカフェでしか読めていないけど、でもこの調子でいけば5冊は読めるかな。埃をかぶったまま何年も放置してる蔵書から読んでいこうかと。
単語2000というのは、先日の一日単語50から比べるとかなり落ちたけど、これくらいならなんとかならないかしら。以前TOEICのHow to本で語彙が2000増えるとちょっと違うっていうの読んだような。。。ガイド試験用の語彙集600単語と、あとは新聞でも読みつつ覚えていこうかな。

ブログ開設に関しては、日本事情を説明しつつ、いずれそこから仕事の依頼でもくればよいかなと。

ガイド試験を終えて以降、カフェ勉は中断してたのだけれど、イタリア語の本を読み始めてから、涼みがてらカフェ通いを再開しました。家では集中できないんです^^;

頑張ればイタリア語もっとできそうな気もするけど、でもサルサもあるし、フィットネスもあるし、ラテン昼ドラも見たいし・・・etc.と思うと、ついつい目標設定も控えめにしてしまいます012.gif

あ、でも仲間たちとの自主研修は続けますよ058.gif 別の研修仲間からのお誘いもあったし、みんな意欲的で、よい刺激を受けています006.gif

ところで、今日は映画の日。で、これ↓見てきました037.gif 

f0154218_23504269.jpg


舞台がアンドラ、ロンダ等、前々から行きたいと思ってたところだったので、景色を見るのも楽しかったです。

でもアンドラで出てた人のスペイン語、なんかスペイン語に聞こえなかったんですけど、あれってアンドラ訛り(っていうか公用語はカタルーニャ語みたいです)?
それとも役者さん(がアンドラ出身ってわけはないのだろうけど)がそういうスペイン語話すの?
それともそれとも気のせい???

で、今日聞いたスペイン語、なんかやっぱり南米のとは違って聞こえました。

・・・っていうか、昼ドラのディアナとは違って聞こえたってだけなんだけど・・・・012.gif
でもこれも気のせいかなぁ。

映画観ながら、私、やっぱりスペインのスペイン語の方が好きかなぁって思ったりもして053.gif 

ところで織田さんは、私にとっては東京ラブストーリーのカンチなのよね。渋谷246のすぐのとこのカフェ、マックスロードがリカとの待ち合わせ場所。マックスロード、私も時々行ってたんだけどな。もうなくなっちゃって残念069.gif

これ↓、カタルーニャ語ってことよね??ところどころスペイン語っぽいけど、やっぱり違う005.gif

[PR]
by puntarellina | 2011-07-01 23:53 | イタリア語

イタリア語いろいろ

この本をお借りしたのは1年半以上前・・・・?

漸く読み始めました012.gif

f0154218_20125112.jpg


映画化されるみたいだから、観る前に読み終えたかったのよね。
頑張りま~す053.gif

あ、で、これ↓は朗読なの。いい感じ。


全然話が変わるけど、ここ2、3年連絡が途切れていたローマの友達からメールがありました。

知り合った時、彼は辞書の再版業務に携わっていて、しかも動詞担当だったのですよ。だから、電話でお喋りしていて私がおかしな動詞を使うと即座に直してくれて、アクセントのヘンなところも直してくれて、これってオンラインディクショナリーだね~って言ってたんだけど、今まさに働き盛りの年代。

今回のメールは、最新の著書を郵送したいから住所を教えてくれというものでした。

何年も連絡を取り合わずにいても、こうしてちゃんと覚えてくれて著書を送ってくれようとするなんて、本当に嬉しいです。
考えてみれば、こうして本当にたくさんのお友達が私のイタリア語学習のサポートをしてくれたんですよね。
だから頑張らないとね~072.gif

動画は、Fiorella MannoiaのQuello che le donne non dicono。ローマの語学学校で覚えた曲です。この歌を知った頃は本当に一生懸命お勉強してたんだけどな012.gif
ロベルトがこの曲大好きで、時々口ずさんでたの060.gif


歌詞
[PR]
by puntarellina | 2011-06-24 23:57 | イタリア語

あれっ?

なんかちょっと運がいいかも・・・・

ガイドの仕事、はいりそう。でも、またしてもボランティアにしちゃったら・・・・・って、それ、ダメよね042.gif

原発問題は未解決のままだけれど、来日する人もいるんですよね。

将来的にはまた来日者数増えてくるのでしょうか。。。。

でもここにきて、あまりの自分の語学力のなさにさすがにあせってきました。

そこで、毎朝TG1を見ること、去年の試験準備のために集めた語彙を覚えるという作業を始めました。習慣になってくれるといいんだけど・・・

そういえばTG1の夜8時のキャスター、今週は私の大好きなこの方なんです↓053.gif
私、むか~し、別ブログを書いてたのですけど、そのブログでもこのキャスターの話題出してるのよね037.gif 好きな人ってなかなか変わらないものですね~。
因みに彼のお名前は、Francesco Giorginoです060.gif

f0154218_2334224.jpg

[PR]
by puntarellina | 2011-06-22 23:36 | イタリア語

ガイディング

あ~あ、深く反省・・・・・015.gif

まさか、こんな時にガイド業の仕事のオファーがあるなんて思いもしないじゃない。

だから、勉強も自己研修もせずに遊び呆けてたのよね。ま、来年くらいをめどに・・・・な~んて思って・・・

なのに、週末突然仕事のオファーが・・・・

で、きくと火曜日から木曜日までって言うのよ。だから、準備期間がないので、交通費他必要経費を出してくれるなら、ボランティアでやりますって言ったの。仕事は結局今日からになったんだけど。

でもボランティアで受けること、これ、実はタブーなんです(・・・ということで、この記事そのうち非表示にするかも^^;)。

理由は、まずガイドフィーの低下につながる、そして、ボランティアはしょせんボランティアだからプロとして働くための勉強にはならないから。

2月の研修で釘を刺されたの。

でもその代わりプロとして働くためには下見は必須なんです。沖縄に行く場合でも下見が必要なんですって。先行投資にいくらかかるか考えてると仕事のオファーなんて今後来ませんよって。

でも、今回はあまりにも直前の話だったから、まあ、これしか方法はないかなと。

お客様は60代の女性で、息子さんが日本で働いているため彼を訪ねてきたということ。原発は怖くなかったの?と聞いたら、息子さんが大丈夫って言ってたし、領事館も全く問題がないって言ってたから全然怖くなかったと。よかった、こういうイタリア人もいるんですね。

で、気になる今日のお仕事の出来は・・・・

も~、かな~りクオリティ低かったです。それでも以前になんちゃってアテンドをやって平気でお金もらってたことを思えば、お金を取れないって自覚してただけ偉い、な~んてこれ開き直りだけど。それに言いわけになるけど、風邪ひいて熱があって、最後の方はもうふらふらだったの。

あ~あ、体力勝負っていうけどホントだ。

1つだけとってもラッキーだったのは、五月技量審査場所中の国技館に入場できたこと。予約券、当日券共に配布終了で、係の方に聞いたら、8時配布の当日券は8時にきたんじゃもうもらえないかもしれないくらい長蛇の列なんですって。

で、それを彼女に説明して帰ろうとしていたら、ある男性に呼びかけられて、券を2枚くれるって言うんです。ダフ屋でタダ券を売りさばきたいのかなって思ったら、本当に無料でいいからあげるよって072.gif

び~っくり016.gif。まだ早い時間だったからガラガラだったけど、彼女もとっても喜んでくれて2人で30分くらい見学しました。

f0154218_19423424.jpg


これ以外の収穫といえば、ある博物館に入場する際、ガイドの登録証を提示したら無料になったってことくらいかな??037.gif

それにしても、今回のオファーでは色々と考えさせられました。

やっぱりちゃんと日ごろから準備をしていないと、いつまでたってもプロとして仕事は始められないということも認識しましたし、それから、イタリア語をちゃんと勉強していないとダメ。日本のことだけじゃなく全般的な語学力をもっともっとレベルアップしないと。。。

で、ぼろぼろのイタリア語での説明だったけど、一番安心して話せたのが、意外なことに試験勉強で学んだ日本的事象。まるごと忘れているかと思ってたけど、その場に行くとなにかしら思いだすもので、相撲がもともとは神事であること、明治維新前後の歴史的事象等々彼女が知らなかったこともあったみたいで、興味深く耳を傾けてくれました。勉強したことってちゃんと役立つんですね。これは嬉しい発見。

まあ、できの悪さは仕方がない。これをステップに次につなげたいと思います。

早く名刺を作ること、知り合いの現役ガイドの方にコンタクトをとりHP立ち上げのノウハウや今後のことを相談をすること等、少しずつこなしていかないと・・・って、何度も書いてることだけど、今度こそは頑張る006.gif
[PR]
by puntarellina | 2011-05-12 23:42 | イタリア語

登録証

通訳案内士登録証が届きました053.gif

f0154218_23433952.jpg


3月11日以後、モチベーションは急降下。第一、どこを見回しても外国人いないし。。。。

でも、こういう時こそ仕事ができるようになった時即戦力になるべく自己研鑽しなければ!!

と思い、手始めに先日登録証の申請に行ってきたんです。。。

な~んて言うと、2月の研修仲間からは、え?まだ行ってなかったの・・・・? って言われそう037.gif

だって、急いで申請したってイタリア人いないんだから意味ないじゃん!って思ってたんだもん。

でも、こうして登録証を手にすると、学習意欲も自ずと増してきます。

これからまず最初にやることは、通訳案内士としての名刺をつくること。名刺には登録証番号が必要なので、今まで作れなかったのよね。写真入りの名刺がいいらしいけど、どうしよう・・・

あとは、研修仲間に声をかけて学習会もしたい。
そして午前中は勉強時間にあてるとかね。

確か2月の合格発表以降勉強しなきゃってブログでも言い続けてきてたと思うんだけど、実は去年の12月以降ま~ったく勉強してないのよ015.gif

・・・・・だめじゃん。。。

ま、これを機に頑張りま~す012.gif
[PR]
by puntarellina | 2011-04-23 09:02 | イタリア語