Swallows and Amazons

英語で読書シリーズ(え、そんなシリーズあったの?)3冊目は、アーサー・ランサムの「ツバメ号とアマゾン号」。

f0154218_18425854.jpg

                    (英語版の表紙です)

「ツバメ号~」は「ナルニア国物語」と共に私の幼少時代の愛読書でした。ナルニアは大人になってからも読んでいますが、「ツバメ号~」は子供の頃に読んだきりなので、なんとなく内容は覚えてるけどディテールまでは覚えていないという、英語の多読には最適な本かなと思いまして取り寄せていたのです。そして実家に帰る際、車中で読もうと持参したのですが、電子辞書を忘れたことに気付き唖然(辞書なしでは私には難しいのです007.gif)。
諦めようかと思ったのですが、他に読むものがなかったので開き直って強引に辞書なしで、こんなイラスト↓を頼りに読み進めました037.gif
                 
f0154218_18584920.jpg


そして、ほんとーーーーに強引に100ページ読んだのですが(読む速度が速いのではなく、実家が遠いだけなんですけどね・・)、その無理がたたり、その後一ヶ月は全く手をつける気になりませんでした・・・

でも、一ヵ月も経ってるしそろそろどうにかしなくては、と漸く重い腰をあげ、その辺にどさーっと一塊になってた本や新聞や雑誌の山の奥底から引っ張り出し、再び読み始めることにしたんです。

最初から読み始めようか、続きからにしようかとかなり悩みましたが、400ページあるので初めから読んだらちょっとめげそう・・・と思い、一ヵ月前に読んだ(というか、英文の上に目を滑らせた)続きからにしたのですけど、いきなり面白い場面だったので、一ヵ月振りとは思えないほどすぐにストーリーにのめりこむことができました。

子供の頃もこういうシーンにわくわくしながら読んでいたのを懐かしく想い出します。このシリーズを読むたびに、舞台になった湖水地方ってどんなところだろう、いつか行きたいなって思ってたんですよね(まだ行ってないけど・・・)。

頑張って最後まで投げ出さずに読めますように。
[PR]
by puntarellina | 2008-05-26 18:57 | 英語