アテンド通訳

今日は、とあるイタリア人一家のアテンド通訳をしました。

友人経由で先週頼まれた仕事だったのですが、その後全く連絡がなかったのでてっきりこの話は流れたのだと思い、今週はイタリアのラジオを流しっぱなしにしてイタリア語の勘を取り戻しておこうという気力もすっかり失せ、昨日なんか映画も観にいっちゃって全く準備していなかったのですよ。なのに映画から帰ったら、昨日までのアテンドの方から連絡が入っていて、かなりあせりましたー。

というのも、イタリア語をまともに話したのは去年の11月末にロベルトの従弟が来日したときが最後だったのです。しかもこのところ英語一筋でしたしね。

昨日フランス映画とイタリア映画のどっちを見るか迷った挙句、イタリア映画を見にいったのがせめてもの救いでした。とりあえず1時間半はイタリア語聴いていたことになりますからね。

そんなわけで、彼らと会うまではかなり不安でしたが、とっても感じのよいご家族だったので、楽しくアテンドさせていただきました。

残念だった(ちょっと笑った)のは、末っ子の女の子(ご夫婦とその子供二人のアテンドなんです)に、ホテルにプールがあるかどうかを聞いてくれって頼まれたときのこと。

フロントの方が、ホテルのプールは水深が深いため18歳未満の方は安全面から使用禁止と決められてると言うので、その旨彼女に伝えたら、「私、浮き輪も持ってきたし水深何十メートルの海でも泳いてるから心配してもらわなくても平気よ。」と。

そういえば確かこの一家はクルーザーを所有していて、夏のバカンスはいつもクルージングに行くっていってたんですよね。

今にも浮き輪を膨らましそうな程はりきってる彼女には可哀想でしたが、だめなものはだめ。我慢してもらうしかなかったのが残念です。

明日も一日ガイド役です。あーあ、それにしてもこのひどいイタリア語、なんとかしたーい!
[PR]
by puntarellina | 2008-02-07 22:20 | イタリア語