「外国語上達法」のつづき

「外国語上達法」に関して付け加えたいことがあります。

私は30歳過ぎてからイタリア語を学び始め10年以上になるのですが、それを知ったときの人の反応はだいたい二つに分かれます。

①「え~、だったら私にもできるかも」

②「え~、語学センスがいいのね~、でも私は無理」


①は正解、②は見事な勘違い(笑)。


私は①の反応をされると嬉しくなって、そうそう、一緒に頑張ろう!って誘います。

②の反応には正直いって当惑してしまいます。あまりの現実とのギャップにリアクションに困るんです。「そうなんですよ。昔から語学は好きだったので」と、次に生まれ変わったら言ってみたいですねえ(笑)。


語学を学んでる方、ご興味のある方は、思いのほかたくさんいらっしゃって、時々「私は○年も英会話スクールに通っているのに上達できないのですけど、才能がないのでしょうか」というご相談も受けることがあるんです。

私は自分自身が語学の才能に恵まれているとはただの一度も思ったことがないので、彼らの気持ちが痛いほどよくわかります。
でも、才能がないわけじゃないのですよね。ましてや頭が悪いのかな、なんて思わないでいただきたいです。そんなこと言われたら私なんて・・・・


それに、上達できない理由なんて、そんなの決まってるじゃないですか。


ただ単に勉強時間が足りないだけなんですよ。


だって、仮に週1時間のレッスンに1年行ったとすると1年で48時間。もし家で学習していなかったら1年でたったの48時間ですよ。ってことは3年間で144時間。

フツーは無理だと思いません?

日本で1年間英会話スクールに通った場合の48時間という授業時間は、一日4時間レッスンがあるイタリアの語学学校では2週間ちょっとで消化する時間です。たったの2週間ですよ。つまり単純計算すると、イタリアの語学学校に半年行けばそれだけで480時間です。

「何年語学学校に通った」というのと勉強量はイコールにならないってことですよね。

だからいっそのこと学習履歴を時間単位で換算してみたらいいんじゃないでしょうか。

つまり一年間で週1回のレッスンでしか勉強していないなら「私は48時間勉強しました」ってことになるし、レッスン以外に週10時間の自宅学習をしていたなら、レッスンの48時間+自宅学習480時間=528時間てことで、「私は528時間勉強しました」っていう具合になります。

こうして計算してみると、英会話スクール通学期間はどちらも1年間なのに、両者では実際の学習時間が全く違うことがわかりますよね。

528時間と48時間との差はとうぜん自宅学習分の480時間。それを考慮せずに「私は何故上達しないんだろう・・・」と悩むのはまだ早い。とりあえず480時間の自宅学習をしてから悩んでも遅くはないと思いますよ。

たとえ語学センスがあっても、48時間での上達は難しいのでは・・・。
たとえ語学センスがなくても、528時間勉強すればどうにかなるのでは・・・。


お勤めされてるかたは、週10時間の学習時間を捻出するのは大変ですが、とりあえず半年、もしくは1年と期間を区切って、通勤電車の中でだけは絶対勉強する、と決意してみてはいかがでしょうか。もしくは会社帰りにスタバのようなカフェに寄って、1時間だけ勉強っていうのでもよいかも。カフェは自宅より集中してできますよ。

私は、語学スクール等は一週間の自宅学習の成果を確認する場、自分で学習した際の疑問点等を明らかにする場と考えることにし、スクールのレッスンのみで上達できるとは思わないようにしています。

日本で普通に生活していれば外国語は必要ないし、興味がなければ学ぶ必要はないと思います。
でももしも本当は勉強してみたいのだけど自分にはセンスがないからだめ、と思われている方がいらしたら、それは全くの思い違いなので、是非自分に自信を持っていただきたいなって思います。

私はいまだに語学センスはないですが、それなりに真剣に10年勉強すればそこそこ形になるものだな~と実感しています。
まだまだ勉強は足りないけれど、語学を学んだお蔭でいろんな方と知り合うことができたし、またイタリア語を介して友達をつくったり、本を読んだりイタリア映画が好きになったりと、楽しみも増えました。今は別にイタリアに行かなくてもネットでラジオも聴けて、テレビのニュースもドラマも見られるので日本にいながらでも充分楽しめます。
だからちょっとでも語学学習に興味があるなら、私には無理なんて思わず今日からでも始めていただけたらいいのにって(何語であっても、学習仲間が増えるのは嬉しいですしね)思うんです。
[PR]
by puntarellina | 2007-11-13 13:40 | 語学学習