海外で拾いもの

石は念が入っていることがあるからむやみに家に持ち帰っちゃいけない、
って、言われているらしいけれど、私は海外でビーチに行く機会がある時などは、
自分の好きな石を探し、おみやげとして持ち帰ります。

でもスーツケースに入れると重くなるという理由で、夫には不評なんですよね~

以前、夫とヨーロッパに滞在した後、私が一人で旅を続けることになってたので、
「いらないものや買ったものは持ち帰ってあげるよ」という彼の言葉を真に受けて
拾った石ころを持ち帰ってもらったら
(っていうか内緒でスーツケースに入れちゃったんだけど)、

スーツケースあけたら石ころがごろごろでてきてびっくりしたよ

って、後々まで言われてしまいました。


ともあれ、そうして持ち帰った石ころたちは、これまたスペインのセビーリャで購入した
(実は夫が一人旅で買ったもので私が買ったわけではないんだけど)
陶器の灰皿に乗せて、部屋の片隅に飾ってあります。


f0154218_179313.jpg


サインペンで書いてあるのが拾った場所。
シチリアのタオルミーナ、南仏のニース、
そしてローマ近郊オスティアの海で拾った石ころ。
なんだか三つとも似てる感じ。

そしてオスティアのすぐ左下が、モーリシャスの海岸で拾った珊瑚。
その上の白いのがシチリアのシラクーサで拾った石。
左の黒い石は、シチリアのエトナ山が噴火した後に友人のアントネッラが登山して
拾ってきた溶岩のかけら。
噴火したのは確か2001年だったと思うのだけど、その頃はイタリア人がこぞって
エトナ登山をして溶岩を拾ってきていたので、いろんな家でこの石を見ました。

そして、ピンク色っぽいのはローズ・ド・サハラ。
これは購入したものです。名前にはサハラってあるけど買ったのはバルセロナの屋台。
その後大きいローズ・ド・サハラも手に入れたけど、それはまた後日。
[PR]
by puntarellina | 2007-10-17 17:28 | 好きなこといろいろ