いざ、イタリアへ

いつ終わるともしれなかった無気力紀、そろそろ浮上できるかも。

迷いに迷ったイタリア行き、昨日がチケット申し込みの締め切りだったのですが、締め切り3時間前に手続き終了042.gif

昨日一日のうちでも、行く、行かない、行く、行かない・・・・・と、エンドレスで悩んでいたのですが、そんな中、出張中の夫が風邪をひいたらしく早めに帰宅。

「まだチケット申し込んでないのよね~」と、てっきり「行ってくればいいんじゃない?」とダメ押ししてくれるはずとの期待を込めながら言ったら、「あ、そうなんだ」の一言ですまされてしまったんです。風邪は引いてるは、疲れてるはで、それどころじゃなかったみたい015.gif

で、私は一瞬拍子抜けしたものの、「あ、そっか~、その程度のことよね。確かにたった2週間だから、あっという間の滞在なわけで、とりたてて大騒ぎすることもないのよね~。」

・・・・・と、思ったとたん、急転直下(?)、行くことに決めました012.gif

実は、あまりの自分のニートぶりにさすがにいやけがさし、昨日は家の中を掃除したあと、かねがね気にかけていた用件をいくつか済ませ、なんとな~く行動力が出てきたかしら???と、ほんのちょっとポジティブな気分になっていたところではあったのです。

やっぱり私はずっと家にいれないタイプだなあと再認識。もう暫くは家にいようと思っていましたが、軌道修正しないとすぐニートに戻っちゃうかもね。

さて、イタリア滞在は去年より短い2週間ちょっとですが、せっかくの機会なのでドルチェヴィータ069.gifを満喫してきます。

で、航空券申し込み後に、あ、そういえばイタリアの携帯はどんな具合かしら・・・・と思って電源をいれてみたところ、なんと!電源がはいりました。

ところがその後、暗証番号がなかなか見つからず、あちこち探して数十分後漸く発見^^; 携帯の箱にちゃんと入れてあったのに、別の書類だと思いこんでいたのです。

というわけで、漸く携帯も使えるようになり、去年のメールを懐かしく読んでいたら、ロベルトからのメール発見。

f0154218_2211548.jpg


「buona notte! Sono felice di essere tuo amico! R」
「おやすみ!君の友達でよかった!R」

このフレーズは「数日出張でローマを離れていたけれど、明日の夜はみんなで食事に行こう、でもその前に学校でも会えるよね(彼は私の通っていた語学学校の先生)」という文に続いているのですが、彼をはじめとしたイタリア人の友人達は、どれだけ相手が自分にとって大切な存在かを頻繁に言葉で伝えあうので、日常のメールにも、こんな嬉しいメッセージが込められていたりします。
といっても、このメッセージには、その数日前に彼の悩み事を聞いてあげていたので、そのお礼の意味も込められているのですが。

彼や他の友達からのメールを読みつつ、今年もみんなに会えるんだなあと嬉しくなりました016.gif

再会を楽しみにしつつ、渡伊までの間、イタリア語に精を出そうと思います006.gif
[PR]
by puntarellina | 2013-03-16 09:48 | 日々の出来事