フリースペースの人々

今日はピラティスを受け、その後筋トレと自主練を少々。

ピラティスは2年前に一度受けたことがあって、辛くて辛くて懲り懲りだったんだけど、その時と同じ先生だったんですよ。

スタジオに入っていくとドア付近にナナちゃん発見。1年数ヶ月ぶりの再会です。お隣に陣取りしばしおしゃべり。

レッスンはというと、あれ? こんなに楽ちんなものだったっけ? まあ、大変なところはあるけれど、これくらいなら別に耐えられるし、あいだに休憩がいっぱい入るし・・・

たまたま楽なプログラムだったのか、それとも、このいい加減な私の筋トレでも多少効いていて、ピラティスが楽に感じられるのか。
ともあれとっても気持ちがよかったのです。また参加しようと思います。

そしてその後はフリースペースへ。

今日確信したのですけど、ほとんど誰もいないだろうと思っていた、鏡付きのフリースペース、意外にも激戦区でした。

特に自転車の江口くん(あ、本名はきっと違いますけどね。自転車に乗ってるみたいな格好をしていて江口洋介に似ているから勝手に私がそう呼んでるの)とテルちゃん(香川照之版キックボクサーみたいな人・・・て意味不明??^^;)とは、このところ時間帯が一緒。

鏡は2枚貼られてあって、2人が並んでそれぞれのことができるんだけど、でも他のスペースはがらがらなので、通常は1人が鏡の前にいると、それ以外の人はもっと後方に立つか、もしくは別の壁際でなにかしらやってることが多いんです。

鏡に向かって左前の位置は他から見えにくいため、超人気なわけですよ。

前回は2回ともその位置にはテルちゃんがいたのです。その前まではいつ行ってもフリーだったんですけど、この2回で、なるほど、鏡前には他の人も来るんだ~と認識したわけ。

で、今日は誰もいなかったんですよね。だから、1人でスピン練習していたのですが、江口くんがお隣の鏡にやってきてバランスボールでトレーニングを始めたんです。今まで彼は後ろの壁際であれこれやってたと思うんですけど、きっと鏡の前に来たかったんだろうなあ。で、今日こそは絶対って思ってたのかなあ・・・・と。

で、江口くんが去ったあと、私はまだスピン練習をしてたんですけど、後ろの壁に誰かが来たんです。

・・・と突然、カエルみたいに四つん這いになったかと思いきや起き上がってぴょんっと飛び上がりetc.の動作が始まったんです。あの動きって紛れもなくテルちゃんっ。

私、テルちゃんの指定席とっちゃってたから、彼は仕方なくあんなところで・・・・・

とりあえずその後も15分ほど自主練して、終わった後、テルちゃんのそばまで行って「こんにちは~、あそこ、空きましたので」って言ったけど、落ち着いて考えてみたら、別に鏡前って誰の指定席でもないのよね012.gif

でも、あのテルちゃんの自主トレの気迫を見ていると、ついつい、鏡左前は彼のもので、その他大勢は彼がいない時に使わせて頂く、みたいな気がしちゃうからやっぱりテルちゃんは凄いなあと思います。

スタジオプログラムではレッスンによって集まるメンバーが違ったり、それぞれに個性的で楽しかったんだけど、ひたすら黙々とする自主練習はきっと孤独だろうと想像していたんです。

でも、フリースペースに集まる少数派の人たちは、確固たる信念の下に個々のプログラム(超個性的)をこなす、相当にストイックな人たちで、その姿を見ているだけで退屈しないし、それどころかビシバシ刺激を受けるのです。

でもね~、そんなストイックな人たちの中に、私みたいな「アイ・ラブ・享楽的な人生」的人間が仲間入りして鏡前の場所取りするのは申し訳ないなあと思います。だからなるべく江口くんやテルちゃんの来ない時間帯に自主練しようと思います。っていうか、時間差で使ったほうがいいもんね。

フィットネスクラブに集う方たちの人間観察、楽しくてやめられません037.gif
[PR]
by puntarellina | 2012-08-25 22:18 | fitnessいろいろ