光の教会

f0154218_17532181.jpg


安藤忠雄設計の「光の教会」

日本の現代建築に関する調べ物をしていてこの写真を見つけました。

安藤忠雄氏は、元ボクサーという経歴の持ち主なんですよね。

Wikipediaには「ファイティング原田の練習風景を見て、その才能に圧倒され、ボクサーとしてやっていくのを諦めた」とありますが、世界的にも有名な一流建築家でも諦めてきたものがあるんですね。それを思うと、やはり自分に向いているもの、情熱をかけられるものが何かを見極めしっかり取捨選択をして邁進することが大切なのかなと思ってみたり。

さて私は来週のもうひと山に向けて猪突猛進中・・・・といいたいところなのですが、先週でぐったり疲れてしまったことと、サルサに思いが必要以上に向いてしまい、仕事が遅々として進まないというとっても困った状態になっています。タイムマネジメントは常日頃から大切だけれど、一日の中でのオンとオフをいかにうまく切り替えて集中していくのかが重要になってくるなあと実感。

なんとか来週まで仕事に意識を集中させなくては。

・・・と、それとは矛盾しますが、昨夜も今日もジムに行ってきました。今日はピラティスに参加しようと思ったのに人数制限のあるプログラムだったので予約には間に合わず。。。。

仕方がないので筋トレとスピン練習をしてきました。あとストレッチも。

スピン練習はそれ用の曲を5回分。私がひたすら回っていたら後ろでストレッチしていたおじさんが競うように太極拳の練習を始め、意地でも先にはやめない・・・・と思ってたかどうかは別として、必死に練習している様子だったので、私も4回音楽を聴いたところでやめようと思ってたんだけどムキになってもう一曲分を繰り返しました。

イタリア語とサルサの両方向から追い詰められると逃げ場がなくなり辛くなります。そんなときはとりあえずこなすべきことをこなすのみ。そうすれば少なくとも今より悪くなることはないはずかなと。

で、そんなことを考えていた時に見つけた、この「光の教会」の写真。

私には希望の光として心に染み入りましたが、皆さんの目にはどう映るのでしょう。
[PR]
by puntarellina | 2012-08-08 19:09 | 日々の出来事