進捗

今週の学習時間は現時点で22.5時間。累計で92.5時間です。

ガイドブックは251ページまで。九州まで読み終えました。あとは沖縄、北海道、世界遺産等主な名所と日本のジェネラルインフォメーション。

知らないこともいっぱい書かれてあって驚いたり、なるほど~と感心したり。イタリア人が唐突に、聞いたこともないようなマニアックなことを質問してくるのは、こういうガイドブックをしっかり読んでくるからなのかなと思いました。
f0154218_1651185.jpg


音読はあまり進んでいません。只今19課の途中。

スキットは、登場人物が2人で、一方が道を尋ね、もう一方がそれに答えるというものなのですが、あまりに丁寧で正確な道の説明がちょっと可笑しいのです。というのもイタリアでこんな明快な説明をしてくれる人に会ったことがないからなのですが。。。
でも、なかにはこういうイタリア人もいるかもしれませんね。
f0154218_2204836.jpg



Andrea De CarloのGiro di Ventoは、面白いと言ってる割には停滞中で、只今104ページ。何故進まないかというと・・・・

電車に乗って座れてしまうと寝てしまう。
寝室で開いてもいつの間にか寝てしまって、翌朝どこまで読んだか忘れてしまい、仕方がないのでその前の部分に戻って読みなおす。

等々が理由^^;
f0154218_2273116.jpg



あとはRAI1を毎日視聴、今週は大好きなキャスターFrancesco Giorgignoだったので毎日楽しみにしていました。

映画も見ました。今週はほとんどは字幕なしで、気になった単語を書きとめながらみました。字幕に頼らずどの程度聞きとれるかも知りたかったし、まずはイタリア語を聴くことに集中したかったのです。

Caro Diario
Manuale d'amore
Le fate ignoranti
I soliti ignoti(これは字幕付きで)

RAI1視聴や、イタリア映画を見たり、本を読んだりを1ヶ月続けてきたお陰で、字幕なしでの映画鑑賞が苦にならなくなりました。RAI1も義務というより見たいから見るという感覚になりました。

何年か前までは、これが普通だったように思います。語学力の問題ではなく、現地で映画館に行けば字幕はないのが当たり前だし、イタリア語のフリーペーパーMetroやLeggoで情報も仕入れていたわけだし・・・・

それがこの3年間のオサボリ、特に去年一年間は全くと言っていいほどイタリア語に触れなかったことで、なにもかもが億劫になってしまっていたのです。

中断していたスポーツやピアノを一年ぶりに再開するような、そんな感じ。

でも漸く感覚を少し取り戻してきたかなと。

それがこの一ヶ月の収穫かな。

ここで安心せずに、引き続き頑張ります。

因みに下の動画はナンニ・モレッティの「Caro diario」。
彼自身が主役なのですが、シーンに現れるだけで笑ってしまうのです。

[PR]
by puntarellina | 2012-02-05 19:23 | イタリア語