多聴の効用

前回の記事でもちょっと話題にしましたが、昨日は映画を2本鑑賞。もちろんイタリア映画です。

「素数たちの孤独」
f0154218_9465652.jpg



「そして、地に平和を」
f0154218_94544100.jpg


レビューは他の方にお任せしますが、2時間の「素数~」を観た後の「そして、地に~」は辛かった^^; しかも、こってこてのロマナッチョ(ローマ弁のきたないの)しゃべってるし015.gif

さて、ここで書こうとしていることは、映画の内容ではなくタイトル通り「多聴の効用」なのですが、というのも昨日の「素数たちの孤独」を鑑賞中、字幕を見ずにイタリア語を聴いて理解しようとしている自分に少々驚いてしまったものですから・・

実はですね、イタリア滞在から帰ってきた当初は、日本語字幕が邪魔で(音声だけで理解できるということではないのです、字幕を見る習慣がなくなってしまっていたのです)、イタリア語を聴いて、分からないところだけ字幕の助けを借りるという鑑賞の仕方だったのです。

ところが日本にずっといるようになると、いつの間にか字幕に頼ることが習慣になってしまったんですよ~^^; まあ、もともと楽な方へ楽な方へといってしまう性分ですから仕方ないっていえばそれまでなんですけどね。以前はイタリア語と字幕との間にニュアンスの違いを発見しては違和感を感じていらいらしてしまったりってこともあったのですけど、最近はそんなことにも鈍感になっていましたし。

でもまあ、ここ数年イタリアにも行ってないしこんなものかなって思ってたんですけど、土・日の2日間で8時間~9時間イタリア語漬けになり、それが功を奏したのか、その後の取材でイタリア語が自然に耳に入ってくる感覚が心地よかったので、月曜日ジムへ向かう途中も、昨日六本木に行く時もずっとイタリア語を聴いていたのです。

結果、久しぶりに字幕に頼らずイタリア語に集中することができました(もちろん必要に応じて字幕も見てますよ^^;)。
こんな短期間でも効果があるなんて・・・と、本当にびっくり。

以前、イタリア語つながりのお友達と会った際、彼女が「amici」というイタリア語TV番組をネットでずっと観ていると、その後イタリア語が口からなめらかに出てくるようになるという話をしていたのがとても印象的でした。今回の私の多聴はそこにヒントを得て試みたことなのですが、予想以上の効果がありました。

そして日々の積み重ねの大切さも痛感。たった数日でこれだけの効果を得られるのだから、毎日続ければさぞかしすごいことになるのではないでしょうか。。。ま、私には無理ですが。

オーディオマガジンは実は数年前のものなので、新鮮味はないのです。飽きてしまって聴く気が起きないってことも多いわけですよ。でも、一度辞書を使ってスクリプトを読んでいることもあり、内容がわかるし、何度も聴いていることでシャドーイングも比較的楽にできるのです。

こう考えると、「内容が理解でき」、「ナチュラルスピードに近く」、「内容が多岐にわたり」、「いざとなればスクリプトで内容確認ができる」という教材は、リスニングには最適なのではないかと。

ともあれ漸くやる気がでてきました。イタリア語頑張りま~~す060.gif
[PR]
by puntarellina | 2010-10-27 09:24 | イタリア語