マルタのやさしい刺繍

近くのミニミニシアターでアンコール上映されていたので、観に行ってきました。
何人かのお友達のブログでも紹介されていたこともあったし、ミニミニシアターの招待券もあったのです053.gif

このシアターは年会費を払うと割引料金になるというシステムなのですが、5回行くと一回招待券をくれるのです☆

でも当日窓口で招待券を出したら、「これはアンコール上映で会員の方は700円でご覧になれますので、招待券は別の機会に使われた方がお得ですよ」とのアドバイス。なんて優しいんでしょ。もうすぐドン・ジョバンニも来るし、ジャック・ロジェ特集もあるので、その時に利用することにしました。

さて「マルタのやさしい刺繍」ですが、本当に元気のもらえる作品で観てよかったです♪ 夢はずっと持ち続けたいし、綺麗なもの自分が好きだと思うものをいくつになっても身につけたいなと思いました。私が持っている下着や洋服を全部レースのものに総とっかえしたくもなりました。

もともとレースや小花柄、シフォンやオーガンジーといったものに私は目がないのですが、仕事のことを考えるとついつい機能的なものを着まわすことが多くなってしまいます。でもマルタを観て、やっぱり綺麗なものに囲まれていたいし身につけたいと思いました。

印象に残ったのは、小花柄のピローケース、マルタのお店でお茶を飲んでる時のティーセット、最後の方でマルタが着ていたピンク系花柄シフォンのブラウス等々。

映画の最初の方ではマルタは喪服を着ているのです。それが、一歩一歩夢の実現に向かうに従い、表情だけではなく洋服のトーンも明るくなり、最後の方では花柄シフォンを着てなんとも幸せそうなおばあちゃまになっていくのです。

まあ、現実の生活では、いつでもどこでもレースやシフォンってわけにはいかないけれど、下着は見えないから表に響かなければどんなにレースふりふりでも大丈夫。見えないところだからこそのお洒落、大切にしたいな~と思いました。

このところ勉強も気ばかりあせるわりには手詰まり感があって滅入っていたので、そんな鬱々とした気持ち明るくしてくれた映画でした。

f0154218_1055220.jpg

[PR]
by puntarellina | 2010-06-12 10:55 | 好きなこといろいろ