暗記

先日日記に書いた、リーダーのテキストの丸暗記。昨日は4章を暗記したので今日は5章目です。

仕事のある日は学習時間がそれほど取れないのですが、朝、職場近くに着くのがだいたい45分くらい前なので(職場まで1時間以上かかる上、2度の乗換えがあるので電車の遅延が心配でいつも早めに着くようにしています)、到着してから30分ほど、そして昼食時間が1人の時も勉強をすることが多いです。

すらすら音読できる状態にならないと暗記は難しいので、暗記する前の準備のほうが大変だな~と思います。

因みに私の暗記の仕方はこんな感じ。

1.付属のCDで発音やアクセントの位置を確認しつつ、注意深く2、3度音読をして、リズムを掴む。

2.熟読し(又は音読しつつ)意味の分らないところ、文法上確認したいところを辞書や参考書で調べ、しっかり意味が取れるようにする。

3.音読(1,2の音読もきっちりカウントしつつ、計50回ひたすら音読)。最初20回くらいまでは、速度も遅いし、きちんと読めないしで、けっこう辛いものがあるんですよね。本当は100回音読といきたいところですが、このあとの4,5の作業を考えると、50回がせいぜいかな~という感じです。

音読で気をつけることは、必ず意味を考えつつ読むこと。徐々に速く読めるように心がける。最終的には最大限の速度で音読しつつ意味がすんなりとれるようにする。といっても、それは50回くらい読めば可能になります。

4.暗記開始。

5.暗記できたかの確認は、口で言う以外に、書いてみて確認します。句読点も含め100%できてから次に行くのが理想だと思うのですが、文章自体が合っていればよしとして次に進みます。

暗記の仕方は人それぞれだと思います。ともあれ暗記すればいいので。。因みに私は今のところ20行くらいの文章ぐらいまでならなんとか大丈夫なんですけど(それ以上になると音読も辛いので1からの作業を始める前に、半分にわけることもあります)、2,3フレーズずつ覚えて行き半分くらいまできたところで、最初からいえるか試し、その後後半を同様にして暗記します。方法は口でぶつぶつ言ったり、書いたりいろいろ。

私は、仕事のある前日に音読した部分をレポート用紙に手書きで書いておき、翌朝の通勤中に暗記するとなぜかスムーズにいきます。そして勤務先に早く到着したら、暗記できたかどうか書いてみて確認します。
朝はやっぱり頭がすっきりしているからか、また車中ということでほかにすることもないために集中できるのか、暗記が上手くいくような気がします。

今回の暗記は、先日も書いたように一瞬でもいいから脳みそに刻みこむということなんです。

最後までいくころには前の方はすっかり忘れるでしょうから、一度終えたところでもう一度このテキストの暗記を試みてみてもよいかなと思っています。もしくは、通勤中にCDを聴きながらシャドーイングでもいいかも。

このテキストに出てくる動詞は過去形が多いので、過去形に慣れるにはよいかも。接続法はこれにはでてこなかったように思うので、そのうちアンコールスペイン語の接続法のダイアローグを覚えてもいいかもしれませんね。ま、まだ先のことですが。

↓が暗記中のテキストです。今日は5章目の音読を終えるところまではいきたいな~
f0154218_13334026.jpg

[PR]
by puntarellina | 2009-06-06 00:24 | スペイン語