TOKYO GIRLS COLLECTION

TOKYO GIRLS COLLECTIONのチケットをもらったので、スペイン語の先生を誘って行ってきました。

夫は仕事の関係でいつもこのコレクションを見に行くのですが、今年は出張中でいけないためチケットが私に回ってきたのです。ガールズの範疇に入らなくなってから久しい私は場違いかもと思い、夫に「私くらいの年齢の人いってる?」って聞いてみたところ


「いるよ、付き添いとか・・・」

と・・・・ (^^;


で、誰の付き添いがいいだろうとあれこれ考えて思い浮かんだのが、今スペイン語を私に教えてくれてるスペイン人の子。さっそく、先日のレッスンの後に誘ってみたら、是非行きた~い!!とノリノリの返事だったので、彼女の付き添いということで(?)行ってきました♪

実は彼女はイタリアに住んでいたこともあって、私との会話はレッスン以外全部イタリア語。

だからレッスンでスペイン語を学んだあとのお喋りは全部イタリア語になってしまい、家に帰る頃にはイタリア語を喋った記憶しか残らないっていうのが問題なんですけど、一方レッスン以外では、メールでもお喋りでも意思の疎通が楽だからなにかと誘いやすいんです。

で、肝心のコレクションはというと、うーーーーん別に~

って感じ。姪が東京に住んでたらチケットあげたんだけどな~。

人気のあるモデルが出てくるとすごい歓声が沸きあがるのですけど、私は世代が違いすぎるため、そして彼女は外国人であるがゆえに、なにがすごいのかがわかんないんですよー。

私がわかったのは梨花(さすがモデル。バラエティなんかに出てるより100倍綺麗だった)、山田優、後藤真希、土屋アンナくらい。

コレクションなのに、みんなが注目しているのが洋服じゃなくてモデルだったりゲストだったりするのが不思議だな~と思っていたら、スペイン人の子も同じことを言ってました。

コレクション自体はまあ、そんな感じだったのですが、ショーの合間に、彼女とスペインの生活や、仕事の話、友人の話、イタリアとスペインの違いなど、いろんな話ができたのが本当に楽しかったです。

f0154218_17533884.jpg

[PR]
by puntarellina | 2009-03-07 23:54 | 日々の出来事